« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

給油記録(2005/6/28)

会社帰りに前回(6月21日)と同じJOMOにてレギュラーを21.29L給油。
前回給油時からの走行距離は257.5km。
燃費は約12.1km/L。
朝夕ともにエアコンかけっぱなしの影響が(;つД`) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交通安全のこと考えてる?

原付きバイク「2人乗り特区」認めて 逗子市が申請(asahi.com)
そもそも原付一種は2人乗りするように作られていないのに何考えているんだ!?
ステップとグリップ付ければそれで済むとでも思っているのか?
重量増えれば色々と問題が出てくるんだぞ。
原付免許は学科試験だけで取得出来るんだぞ。
自動二輪だって取得後1年経過しないと2人乗り出来ないように昔改正したぐらいなんだぞ。
DQNや珍走が違法とはいえ2人乗りしているからって安直に物を考えるんじゃない!
(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

発案者と担当者は雨の日に原付に2人乗りしてコンクリート舗装の長い急な下り坂で急制動してみることをオススメする(ォ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いけいけゴーゴーじゃ~んぷっ!

アクセラ スポーツが…
Skateboard SurpriseMUCHOSUCKO.com
アホだー!!! やっぱアホだー!! っていうかアホだー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給油記録(2005/6/21)

会社帰りに前回(6月9日)と同じJOMOにてレギュラーを38.5L給油。
前回給油時からの走行距離は482.2km。
燃費は約12.5km/L。
加速時に回し気味にするとやっぱり燃費は落ちる。
ヴィヴィオだと4000rpmを境に燃費が悪くなるように感じたけどインプレッサはどの辺からだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D・V・D!D・V・D!

DVDディーラーから帰るときにCONCEPT DVDを貰ってきました。前回のDVDの目玉は清水和夫氏によるニュルブルクリンクでのタイムアタックだったのですが、今回の目玉は先月行われたニュルブルクリンク24時間レース。こっちもドライバー4人の内の一人が清水和夫氏w
個人的にはDVDのナレーションをカーグラフィックTVでお馴染みの古谷徹氏が勤めているのがNice!です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Newインプレッサを見てきた

外観とかは他の方が紹介されていると思うので、私は細かい所なんかを(笑
まずは試乗車のスポーツワゴン1.5iGパッケージから。

カラードサイドスカート1カラードサイドスカート2カラードサイドスカート3
カラードサイドスカートの現物を見ると、丸目・涙目への流用は難しいかもしれません。
フロントフェンダーと重なる部分がどうなるかですね。
テールランプこれは涙目だと問題なく流用できそうです。
個人的にはブレーキ部にLEDを使用していたら交換したかもしれません。

リヤオーナメントこのオーナメントは両面テープで貼ってあるだけなので丸目・涙目共に流用できそうです。


ショールームに入るとSTIが展示されていました。
Sedan WRX STISTIノーズ
予想イラストなんかよりは遙かにまともに見えます。
何でグリルの枠をノーズに合わせていないのかが分かりません…と営業さんが申しておりました(マテ
リヤディフューザー1リヤディフューザー2リヤディフューザー3
リヤディフューザーはステーを介して取り付けられているようですが、流用が可能かどうかは調べてみないと分からないですね。営業さんには「必要になるような速度出さないんだから要らないんじゃないですか?」と言われました( ̄□ ̄;)イヤタシカニソウナンダケド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタログから見るNewインプレッサその5

カーゴルームの使い勝手を良くする装備も追加されました。
カーゴフック従来だとスポーツワゴンWRXにしか装備されていなかったカーゴフックがスポーツワゴン全車に標準装備となりました。つい先月に取り付けた私から見ると今更感が強いですが。しかも4カ所のままだし。リヤシート直後にもフックが欲しいですね。

ラゲッジバーハンガー今回全く新しく装備されたラゲッジバーハンガー。オプションのラゲッジシェルフと組み合わせると小物収納に便利そうです。



今までのインプレッサから見れば「良くやった」とも思えますが、レガシィフォレスターのアクセサリーカタログと見比べると、収納小物が物足りないですね…。

アクセラ2年後にGHが出るのであればアクセラスポーツのフレキシブルフロアボードの様にカーゴルームの使い勝手を良くする装備を検討していただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタログから見るNewインプレッサその4

エクステリアだと例の分割グリルが賛否両論ですがバンパーも変わっています。
フロントWRX・1.5i-Sのフロントバンパーにコーナースポイラーが付きました。しかも後付ではなくバンパーに初めから造形されています。涙目WRX・15i-Sでネットオークションでフロントコーナースポイラーを手に入れて装着する車が何台かいらっしゃるようですが、Fタイプだとその手間は掛からないわけです。いいですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタログから見るNewインプレッサその3

今回の年改ではSpecC以外はカラードサイドスカートを装備するようになりました。
セダンWRXがSTIと共通の物になり、その他のグレードはデザインが一新されました。
側面写真
従来の物は「のっぺり」としたデザインで野暮ったい感じがしましたが、今度のはリヤバンパーのデザインとも整合が取れて格好良いと思います。涙目ユーザーで「サイドステップを付けたいけど社外品やSTIの派手なのはちょっと…」と思っている方にお勧めの流用パーツかもしれません。
サイドステップ私のはSTIのを付けたので交換する予定はありません。ただSTIのだと乗り降りでサイドステップ蹴りやすいんだよね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタログから見るNewインプレッサその2

SW1.5i内装
今回の年改でスポーツワゴン1.5iはLimitedが消滅した替わりにオフブラックとベージュの内装が選べるようになりました。
選べるというのは良いことです。「スポーツワゴン」の「1.5i」だけというのがアレですが。
セミバケ従来の15i-Sのインテリアは黒一色で、WRXと共通と言えばスポーツイメージで格好いいと思われますが、違った見方をすると「暑苦しい」色遣いでもあるわけです。
セミバケ欲しくて15i-S買った訳でもないので余計暑苦しい。




新型セミバケ今回の年改でブラック・グレーの2トーンになるとは聞いていましたが
普通、配色逆じゃないのか?
_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カタログから見るNewインプレッサその1

私がGG2Eを買うときにGパッケージでは無く15i-Sを選んだ理由の一つが大径フォグランプの装着の可否でした。
住んでいる土地や会社が川の近くだったり、通勤路の周りに水田が多いことから霧などが発生することが多く、フォグランプは必須の装備でした。で、どうせ装着するなら大きい130mmの方が良いと思ったのでした。
new-fogFタイプではプロジェクターになって小径になってしまいました。
丸目や涙目のと比べると控えめに。
大径は流行りではないのでしょうかね。

fog-ilm1.5iフォグランプ装着車のオプションとしてフォグランプイルミネーションが用意されていますが羨ましいです。デイランプとして使用できるのでしょうか?

1.5i-Sにはクリアビューパックが標準装備になったのですが
new-tailリヤフォグランプが付いているんだよねコレ。
眩しいし、霧が出ているときでもいきなり見るとブレーキランプと勘違いしやすいし(だから自分の車には付けていません)。


とにかくフォグランプは時と場所を考えて点灯しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年改Fタイプ登場

今日、新型のインプレッサが発表になりました。
早速IMPREZA-NETさんではオンラインカタログを公開されています。アノ写真はこの為の物だったのですね(^_^;
catalogで、私は会社の帰りにディーラーに寄ってカタログ貰ってきました。
詳細は後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リバースギア

先日入れたSUNOCOのMTオイルですが、感触は割と良いです。
今日までは何も起こらずに来たのですが、今日の会社の帰りに駐車場を出ようとしてギアをリバースに入れようとしたら入らない
クラッチを切り直して再度試みてみるも入らない
もう一度切り直してみると「クァリッ」と音がしたもののやっと入りました。
以前だったら「ギャリギャリッ」位は音がしていましたが。
音の違いはオイルが違うからだろうか?
月火と症状が出なかったのですが、今日になって出てしまいました。
今度の休日にでもディーラーに相談してみます…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型をチラッと見た

他にも書いたとおり今日はディーラーでMTオイルの交換をしてきたのですが、作業待ちの間に担当営業さんが来て話を色々していたら新型の話になって「今日来たばかりなんですが見てみます?」と言うので「ゼヒゼヒ」と見せてもらいました(^O^)/
来ていたのは1.5Lワゴンだけだったのですが、以前に某所に数時間だけ掲載された写真と比べるとマトモに見えます(^^ゞ あんな事書いて正直スマンカッタと。チョットイイスギタ
相変わらずスバルは写真写りが悪いようで。営業さんも「セールスマニュアル見たときは何だ?と思った」そうですが。
写真はさすがに「16日以降ならいくらでも(今はダメだよ)」と言われては撮れません(書くのはいいのか?>自分)。
15インチアルミなので「Gパケ?」と聞いてみると「今回からGパッケージ標準なんですよ」との事。14インチは消滅ですかね。訂正:複数あった○パッケージがGパッケージのみに統一されただけでした)
前はあの通りで後ろはテールランプが上半分が赤で下がクリア2連に。外形は変わっていないようなので流用可能か?グレード名の表記が無くなって、従来"SUBARU"とシールが貼られていた位置に[IMPREZA]と書かれたプレートが貼られて、リヤゲートハンドルの10cmぐらい上に6連星オーナメントが追加されていました。
サイドミラーは涙目と共通の様。ウインカー内蔵になっていたら交換するつもりだったのに~!(;つД`)
内装のデザインは全く一緒。15i-Sのシートの一部の表皮がグレーになったぐらいだとのこと。
カタログは未だ来ていないとのことで、来たら頂戴と言ったら「16日に来てください」って言われマスタ(´・ω・`)
前記の通り写真は撮っていないので新型を見たい人は(STIだけど)ドン亀さんのblogに載っているので急げ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MTオイル交換(ODO3366km時)

当初の予定より早くMTオイルの交換をしにディーラーへ行ってきました。
停止状態からリバースに入れる際に「ギャリギャリッ」と音がして入れることが出来ないことが週に何回か有り、そういう時はクラッチを切り直しても入らない事が多く、一旦他のギアに入れてからリバースに入れるということをしています。いつもは普通に入るので不定期に起こるこの症状には困ったものです。
新車購入時からこの調子で前回MTオイル交換時に添加剤を入れてはみたものの変化は無し。
sunoco UltraGear75W-90
今回オイルを変えてみることにし、日本サン石油ウルトラギア75W-90と交換してきました。
MTオイル容量は3.3Lなので1L缶を4缶買ってきたのですが、実際に使ったのは3Lで1缶余っちゃったのは誤算でしたが。
とりあえずこれで暫く様子を見てみます。


P.S.
今まで入れていた純正オイル+ゼロスポーツのベースオイル強化剤ですが
シフトフィールは純正オイルのみと違いが分かりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0-100㎞/h

バイク&車の0-100㎞/h加速動画 まとめサイト
どうもNAインプで挑戦された方がいらっしゃるようでタイムが11秒57。
1.5Lクラス最遅ですか…。
まぁ100馬力だから遅いよね'`,、('∀`) '`,、

…私はやらないよ!?
某飛行場とかで行われているゼロヨン大会とかに出れば合法的に出来るけど、私そこまでお金持っているわけでも暇を持て余しているわけでも目立ちたがりでもないので。

他のインプレッサを見てみるとGDAEのATが6秒27、排気いじったGGBが6秒06、GC8が5秒77、GDBEが4秒83でブーストアップしたR32GT-Rと同タイム。
4輪最速はブーストアップしたランエボGT-Aで4秒43。
2輪はリッターバイクだと3秒台は当たり前で最速はSUZUKI隼の2秒37!
さぞや某重工業の人は悔しがっているに違いない(笑

そういえば昔乗っていたバイクがRF400RVなんですがタイムが5秒60、ってことはNAインプの倍速いってことか!
orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給油記録(2005/6/9)

会社の帰りに4月21日の時のJOMOでレギュラーを37.6L給油。
前回給油時からの走行距離は483.9km。
燃費は約12.9km/Lに回復。
日中はエアコンかけっぱなしですが、幹線道路で発進するたびに1速で5000rpmまで引っ張るような運転を止めた成果でしょうかね。それとも添加剤の効果?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プジョー307がフェイスリフト

http://www.peugeot.com/produits/modeles/307/fr/default.htm
インプレッサの顔が変わることで話題になっていますが
フランスはプジョーの307も顔が変わります。

Peugeot307
MC前
nouvelle307
MC後

407顔というかグリルの中の黒の小さいバンパーがアレというか(汗
インプレッサ買うとき307や206も候補でして(206は試乗・見積までやった)
もっと昔には306や106の商談したこともあるくらいプジョーは気になる存在なのですが…。
ピニンファリーナがデザインしていた頃には戻れないのだろうか?ヽ(`□´)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗車

今日はいい天気過ぎるので本当はやりたくなかったのですが、虫がスゴイので洗車しました。
主にサイドミラーとフロントバンパーがスゴイことに(汗
こんなにも命を奪ってきたのね…(-∧-;) ナムナム
水を全体にかけて濡らし、部分ごとに中性洗剤で洗っては水で流すを繰り返し、全体を洗ってみるもののこびり付いた虫の残骸は少し残っています。ガラス系ボディーコーティングも万能ではないということでしょう。
今回虫の残骸を除去するのに使用したのはリンレイの水アカスポットクリーナーです。
ネットで色々見てみて一番良さそうだと判断して購入しておいたものです。
以前、洗車機で撥水洗車を繰り返して黒ずんだ強固な水垢がついた会社の車に試したときは正直役に立たなかったのですが(結局普通の水垢クリーナーで落とした)、虫の残骸や拭き取る前に乾いて出来た白い水垢はキレイに落ちます。
洗車も一通り終わって綺麗になりましたが、通勤にこの車を使っている限り虫はまた付きます。アークバリアは何年か保つとは分かっていますが、こういうダメージを受けやすいところには上から更に何かをした方が良いのかな?と考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分割グリル

AlfaRomeo
分割グリルと云ったらアルファロメオが有名ですが、先日取り上げたセアトはVWグループでは”アルファロメオ”対抗ブランドに位置づけているらしい。
そのせいで分割グリルにしたのかどうかは不明ですが(ォ
SEAT_in_the_past
コルドバやイビーザ、トレドなどを分割グリルにしていました。
そして1998年にはCentro Stile Alfa Romeoからウォルター・デ・シルバが移籍してきます。そう、彼はCentro Stile Alfa Romeoでのアンドレアス・ザパティナスの前任チーフ・デザイナーです。
しかし彼はセアトにそれまでとは違ったデザインをもたらすことになります。
salsa
セアトに移籍後、2000年ジュネーブショーにて発表されたコンセプトカーが「サルサ」です。見ての通り分割グリルではありません。
ALTEA
「サルサ」の量産型とも云える「アルテア」も当然分割グリルではありません。
ウォルター・デ・シルバは2002年にセアトから同じVWグループのアウディに移籍しますが、その後に登場した

NewToledoNewLeonWTCC
新型の「トレド」「レオン」もそれに沿ったデザインになっています。

こう見ていくとスバルも分割グリルは
考え直した方が良いのでは?
と思うのですが。
時期的に今年の東京モーターショーでザパティナス氏が全面的に関わったデザインが出てくると思いますが、(色々な意味で)非常に楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »