« 年改Fタイプ登場 | トップページ | カタログから見るNewインプレッサその2 »

カタログから見るNewインプレッサその1

私がGG2Eを買うときにGパッケージでは無く15i-Sを選んだ理由の一つが大径フォグランプの装着の可否でした。
住んでいる土地や会社が川の近くだったり、通勤路の周りに水田が多いことから霧などが発生することが多く、フォグランプは必須の装備でした。で、どうせ装着するなら大きい130mmの方が良いと思ったのでした。
new-fogFタイプではプロジェクターになって小径になってしまいました。
丸目や涙目のと比べると控えめに。
大径は流行りではないのでしょうかね。

fog-ilm1.5iフォグランプ装着車のオプションとしてフォグランプイルミネーションが用意されていますが羨ましいです。デイランプとして使用できるのでしょうか?

1.5i-Sにはクリアビューパックが標準装備になったのですが
new-tailリヤフォグランプが付いているんだよねコレ。
眩しいし、霧が出ているときでもいきなり見るとブレーキランプと勘違いしやすいし(だから自分の車には付けていません)。


とにかくフォグランプは時と場所を考えて点灯しましょう。

|

« 年改Fタイプ登場 | トップページ | カタログから見るNewインプレッサその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/4598987

この記事へのトラックバック一覧です: カタログから見るNewインプレッサその1:

« 年改Fタイプ登場 | トップページ | カタログから見るNewインプレッサその2 »