« いろいろ検討中 | トップページ | フィアット500とフォードKaが兄弟に!? »

スイフトスポーツ登場

New スイフトスポーツ
小型車「スイフト」にスポーティーな新機種を設定し、発売(スズキ)
新型のスイフトスポーツがやっと登場しました。

スイフトスポーツスイフトスポーツ
ベース車との主な違いは
○前後バンパーを専用設計とし、更にエアロパーツを追加
○鍛造ピストン・アルミ製インマニ・オイルクーラー・ピストンクーリングジェット採用の1.6Lエンジンを搭載
○黒を基調に、赤色・銀色を効果的に配色したインテリア
○フロントだけではなくリアにもディスクブレーキを採用
○専用チューニングのサスペンションを採用
・・・などなどの違いがあります。

インプレッサを買った時にはNewスイフトは既に登場していたのですが、商談には至りませんでした。
理由としては
○近くに取り扱い店はあっても試乗車がなかった。
○Bセグメントなコンパクトカーにもかかわらず最小回転半径が大部分のモデルで5.2mもあった。(参照:Newスイフト主要諸元
○5MTが1.3Lモデルにしか用意されていなかった。
などがありました。

相変わらず国内のスイフトは(スポーツも含めて)5ドアだけですが

SWIFT Super 1600SWIFT Super 1600
JWRC第5戦ラリー・フィンランドでデビューしたスイフト スーパー1600は3ドアなんですよね。国内では3ドアは生産しないのかな?

|

« いろいろ検討中 | トップページ | フィアット500とフォードKaが兄弟に!? »

コメント

インプレッサ購入時にスイスポも検討しましたが
内装のあまりの安っぽさと、
ディーラーの酷い対応に萎えた記憶があります(´・ω・`)

しかし今の時代にあえて1.6Lを出すとは。
漢だなあ。

投稿: simataku1 | 2005/09/09 17:17

スズキの四輪車には仕事でアルト・キャリィ・エブリィに乗った経験から「必要にして十分な性能はあるが余裕はない」というイメージがあります。ある意味割り切った考えがあるので初代アルトやツイン、チョイノリなどを作れるのでしょう。
Newスイフトは欧州で売ることを考えているので従来のスズキ車よりもクオリティが高いそうですね。欧州でBセグメントは激戦区ですし、安ければいいという層にはヒュンダイがありますから。

>1.6L
テンロクは輸入車だとルノーやプジョーなどがありますが、国内だと壊滅していますね。トヨタには4A-Gどころか1.6Lユニットが全くなく、そのポジションを1.8Lの1ZZや2ZZに取って代わられていますし、ホンダはD16がHR-Vとパートナーに載っているぐらいで、スポーツエンジンというと2.0LのK20AやF20Cですからね…。

投稿: 奇妙な青 | 2005/09/10 12:30

スズキはトヨタすら舌を巻く割り切りがスゴイですからねえ。
塗装も最低限ですし。
その割に装備の充実度はスゴイ。
家ではジムニーが最高級装備車ですw

昔は1.6Lといったらゴロゴロしてたもんなんですが・・・寂しい限り。
これも時代か。

投稿: simataku1 | 2005/09/11 10:26

ワゴンRとMOVEを比べると、スズキとダイハツの軽に対する考え方の違いが見えてきますね。

>ジムニー
アレは別格デス。悪路走破性に於いては国産最強ではないかと。

>1.6L
免許取って初めて買う車がbBやキューブだったり、GDBやCT9Aだったりする世の中ですからねぇ。

投稿: 奇妙な青 | 2005/09/11 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/5849243

この記事へのトラックバック一覧です: スイフトスポーツ登場:

« いろいろ検討中 | トップページ | フィアット500とフォードKaが兄弟に!? »