« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

給油記録(2005/11/30)

9月26日と同じゼネラル(Self)でレギュラーを37.55L給油。
前回給油時からの走行距離は446.6km。
燃費は約11.9km/Lになります。
更に燃費が悪化しています orz

高濃縮燃料処理剤1本入りまーす給油の時に先日のオイル交換の時に100円で買ったSX-6000フューエルトリートメントを投入してみました。
結果予想としては…
効果が感じられないに1票(ォ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラッツ改めベルタ

トヨタ ベルタ
初代ヴィッツベースだったプラッツが2代目ヴィッツベースにFMCして名前も変わって「ベルタ」になりました。
価格は132万3000円から175万3500円までと意外と高め。
プラッツの如何にもトランクを後付けしたようなデザインよりはマシですが、これで「コンパクト・スタイリッシュ・サルーン」と言われてもなぁ~というデザインですが。
特に気になるのはフロント。
左からアテンザ・ベルタ・MPV
グリルとバンパー開口部がまるでマツダ車ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

タイでは飲酒運転OKなのか?

2ちゃんねるの車種・メーカー板のトヨタ車は他車のパクリデザインばっかだねNo.3というスレの203見て、お茶吹きそうになった。

>203 :名無しさん@そうだドライブへ行こう :2005/11/30(水) 08:46:09 ID:MjwGlMLA0
>    トヨタって露骨にひどいよね。
>
>    飲酒ドライブ推奨トヨタ
>
>
>    ttp://www.toyota.co.th/red/th/model/vigo_ccab4x2/vigo_ccab4x2_home.htm
>    が
>    ttp://www.toyota.co.th/red/th/model/vigo_ccab4x2/gallery/photo_p21.htm
>    こんなことになってる。

Hilux Vigo 4x4 Galleryから←クリックすると大きくなります。
缶に「お酒」の文字が入っているんだけど!?
タイでは飲酒運転OKなんですか!?
そもそもタイでチューハイ売っているかどうか知らないけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WebCGでFタイプNAスポーツワゴンの記事

スバル・インプレッサワゴン1.5i Gパッケージ(FF/4AT)【ブリーフテスト】(WebCG)

>露出の機会さえ増えれば、ライバルたちを出し抜くことができ
>るほどの実力はもっている。うまく若者にアピールすることが
>大事だろう。そう、たとえば最近なら秋葉原あたりにショールー
>ムを構えてみるのも、マニア受けするスバルは成功するかもし
>れない。

それは激しくイヤだ('A`)
そもそもアキバに車を展示して誰が見るっちゅーねん。
つーかこれ以上オタ車にしてどーすんねん。

>(乗り心地+ハンドリング)……★★★★★
>このクルマで語るべきは価格よりも、秀逸なハンドリングかもし
>れない。
(中略)
>ステアリングホイールには路面からの情報が十分に伝わって、
>ドライビングの楽しみが味わえる。コーナリング時のライントレー
>ス性能は、FFとしてはすばらしいデキだ。

うむ、その通りだ!(`・ω・´)シャキーン

>(エンジン+トランスミッション)……★★★
>エンジンの振動が少なく、音も静かな水平対向ユニットは好印
>象。ただしトルクは物足りなく、高速道路の入口などの坂道
>で、変速せずに登ることは難しい。
(中略)
>スバルのラインナップ中、インプレッサにしか採用されない1.5
>リッターエンジンは、主力エンジンと違っておいてきぼりの感が
>いなめない。もう少し開発に力を入れてくれるとうれしいところ
>だ。

うむ、その通りだ…(´・ω・`)ショボーン

「それがNAインプレッサクォリティ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

充満していますw

11月23日にツインリンクもてぎで開催された「Honda Racing THANKS DAY」において、凄いメンツでレースをしたそうです。
【Honda Racing THANKS DAY】国光vs悟vs亜久里vsガチャピン、インテグラ最速は誰だ (AUTO GALLERY NET)
放映日は何時だろう?
それにしてもガチャピンの中の人は大変ですね。

(Θ_Θ|∀・)っ|) <中の人など居ないっ!
(Θ_Θ||)≡ ピシャ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Moparは如何?

風邪ひいて喉と頭が痛いです。だからといって凹んではいられません!

「バニシング・ポイント」DVD某雑誌と某CDを探しに入った店で「バニシング・ポイント」(AA)のDVDが在庫処分で安く売っていたので買ってきました。
子供の時にTVで放映されたこの映画を見て「チャレンジャーかっこいいー!」と思ったせいか、最近流行のアメ車といえばローライダーやエスカレードナビゲーターなどの高級SUVですが、私にとってアメ車といえばマッスルカーなのです。


最近300Cマグナムのヒットでビッグ3では唯一堅調なクライスラーが、来年1月のデトロイトオートショーに「ダッジ チャレンジャー コンセプト」を出品するそうです。
ダッジ チャレンジャー コンセプト
【デトロイトモーターショー06】ダッジ チャレンジャー コンセプト(Response)
[自動車ニュース] デトロイトにダッジ・チャレンジャー・コンセプト登場ホビダス
イラストを見た感じでは結構良さそうです。実物はどうでしょうかね?
もし市販するのであればコンバーチブルモデルも作って、そっちは「クーダ」の名前にするとか(笑
もちろんCMにはドン・ジョンソンを(爆

まぁ私には買えませんけどね('A`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リチャード・バーンズ死去

Richard Burnsかねてより脳腫瘍を患い療養中だった2001年のWRCチャンピオン、リチャード・バーンズ氏が昨夜亡くなりました。享年34歳。

Burns loses long battle with disease(TIMES)
Richard Burns: 1971-2005(WRC.COM)
Richard Burns dies at 34(RALLY-LIVE.com)
リチャード・バーンズ死去(RallyX)

2003年のラリーGBに参戦の為、マルコ・マーティンと共にカーディフへ向けてクルマを運転していた時に失神。その後の検査で脳腫瘍(星状膠細胞腫)が発見され、その療養のために実質引退状態でした。
それでも治療の効果があったのか最近はラリーのイベントに顔を出すこともあったようなので、復帰は無理でもラリー関係の仕事が出来るぐらいに回復してくれればと思っていましたが…残念です。
故人のご冥福を心からお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

エンジンオイル交換(ODO10106km時)

前回のオイル交換時ジェームスのスバル担当店員に薦められたオイルとは…
RESPO E TypeRESPOでした。
ゼロスポーツとRESPOいいですよ~」と、湾○フェアやっているのにもかかわらず勧めていました(^_^;
ゼロスポーツのベースオイル強化剤を使っていて良い感触なのですが、さすがにチタン入りエンジンオイルは高い。そもそもこの感触も粘弾性の効果なのかチタンの効果なのか分からないというのもあって、チタンが入っていない5W-30のRESPO E TYPEをチョイス。100%化学合成油とは書いてありますがPAOともエステルとも書いてありません。プレスリリースを見るとエステルのようですね。
交換してから家までの短い距離を走った感じでは、交換前よりも静かに軽やかになっています。新油効果かもしれませんが。
いまジェームスではガソリン代節約大作戦というキャンペーンをやっていて、低粘度エンジンオイルのいくつかが対象商品になっていてRESPO E TYPEも対象商品なのですが、対象商品を購入するとSX-6000フューエルトリートメント(上の写真の黒いボトル)が通常1,980円のところ100円で買えるということなのですが…買っちゃいました、テヘッ(^^ゞ
オカルトだと思うんですけどねぇ~。そのうち試してみます。
LEDフラッシュライトあとDMハガキが来ていたので「LEDフラッシュライト」貰ってきました。アルミ製で意外とよく出来てます。小型のマグライトを2本持っているので、これは大型のマグライトしか持っていない母にあげようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒュンダイ New サンタフェ

今日もいつものようにレスポンスを見ていて気になった記事があった。
【デトロイトモーターショー06】ヒュンダイ HCD9 コンセプト(Response)
気になったのはデトロイトモーターショーというクーペ「HCD9テーラス」ではなく、その下に掲載されていた新型のサンタフェだった。

左:新型サンタフェ 右:Infiniti FX
左:新型サンタフェ 右:Infiniti FX

何?このInfiniti FXのパチモンは?

で、ヒュンダイのサイトを見に行った。
Hyundai Launches New SantaFeHyundai
本当に新型サンタフェだった…。

というわけで急遽作った新カテゴリー「インスパイヤ」。本当はネタをいくつか用意していたけどアホらしくなってお蔵入りするつもりだったのですが、あんな車見ちゃったらねぇ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イルモアがMotoGPに参戦!?

あのイルモア・エンジニアリングが2007年シーズンからのMotoGP参戦を目指しているそうな。
イルモア、モトGPエンジンに進出へ(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
それはいい。いろいろなチームがいる方が見る方としても楽しめる。
もっともフレームどーすんだとか、どこのチームと組むのかというのはあるが
(来季のエンジン入手に困ってKTMと交渉しているチームはあるけど)。

あとniftyの記事にクレームを付けたい。
>ホンダ、ヤマハ、スズキ、そしてドゥカティらによって争われている

中野真矢 & Ninja ZX-RR

カワサキは無視ですかそーですか ヽ(`□´)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンツァ・ラリー・ショー

ゼッケン46のカローラWRCは去年のロッシですね騒音問題に揺れるモンツァで、今年も「モンツァ・ラリー・ショー」が開催されました。
今年のヴァレンティーノ・ロッシはプロドライブからインプレッサのWRカーをレンタル、父親のグラディアーノ・ロッシはグループN仕様のインプレッサで親子で出場です。
しかも今年のモンツァには、あのコリン・マクレーがシュコダのファビアで出場!現MotoGPチャンプと元WRCチャンプがターマックラリーイベントでガチンコ勝負ですよ!( ゚ω゚)-3-3 フンス フンス
で、結果ですが
McRae third in Monza Rally(WRC.COM)
Two victories for Skoda Motorsport(RALLY-LIVE.com)
ロッシがインプレッサでラリー参戦(RallyX)
V.ロッシ、元WRC王者を破る(The Official MotoGP Website)
2日間にわたって争われた(1日目5ステージ・2日目2ステージ)合計タイムの結果、1時間21分53秒1でシュコダのファビアを駆るリナルド・カペッロが去年に引き続き優勝。V・ロッシは1時間21分58秒7で惜しくも2位、マクレーは1時間22分41秒9で3位でした。
しかしイベントにはまだ続きが。
最後に1対1のタイムアタックを行いトーナメント方式で勝ち残る「Master's Show」が行われ、決勝はV・ロッシとC・マクレーの対決に!勝負は1秒39の差でV・ロッシが勝利しました!
どう見てもWRC05ですこのイベント、出場しているWRカーの大部分はフォーカスや206やカローラなどの旧型。ファビアにしても最新型だけどカスタマースペック。それに対してロッシのインプレッサは最新ファクトリースペックのWRC05!そりゃ速いわ、と言っても4輪が本職ではないのに2年連続で2位は大したものですね。
それにしてもカスタマースペックやWRC03・WRC04ではなく、最新ファクトリースペックのWRC05を貸し出したSWRTは何か考えがあるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走行距離10,000km突破

ODO10,000km今日、母と一緒に、ある会社と打ち合わせに向かう途中、コンビニに寄ったらオドメーターがちょうど10,000kmになっていることに気がついて記念に撮影。
そろそろエンジンオイルとか交換だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ETC車載器が安い!…だから?

ETCのチラシ某クレジットカード会社からDMが来て、「ETCカードを申し込むとキャンペーン特価でETC車載器が3,000円から!」ってチラシが入っていたんだけど、買う予定無いんだよね。


高速の料金所で確かに有れば便利だよな~ETCゲートだとスムーズに通れていいなぁ~とは思うんだけど、高速道路を使う機会が減ったので元取れるかどうか疑問だし。
アンテナ一体型は3,000円だけど分離型は8,000円。分離型で3,000円なら買うかもね。一体型付けていたウチの会社の社長の車は車上荒らしに遭ったから一体型は買う気無いなー。タダなら貰うがw
あー、でも、セットアップ費用は別にボラれるんだよなー。やっぱ(゚⊿゚)イラネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トミーカイラ、インプレッサワゴン用バンパースポイラー開発中!

イメージイラスト
トミーカイラ、インプレッサスポーツワゴン用のバンパースポイラー開発に着手
AUTO GALLERY NET
現在GDB-FのチューンドカーM20bを開発中のトミーカイラが、インプレッサスポーツワゴン用のバンパースポイラーの開発に着手したとの報道がありました。
イラストを見る限り、M20bとは違うデザインですが、なかなかイイですね!
当然コレが装着できるのはFタイプのスポーツワゴンとNAセダンに限られますが。
リヤも開発してくれればC~Eタイプ(涙目)のスポーツワゴンにも装着できるんだけど。
Fタイプのオーナーの方は12月の公開を楽しみにお待ち下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリス・アトキンソン来季はフル参戦

今季SWRTのグラベルでのセカンドドライバーとして活躍したクリス・アトキンソンが来季もSWRTで戦うことが決まりました。
クリス・アトキンソンがSWRTと2006年WRCにフル参戦に向けて契約(SUBARU)
Subaru signs Atkinson for '06(WRC.COM)
Subaru signs Atkinson for 2006 Championship(RALLY-LIVE.com)
アトキンソン、スバルと契約(RallyX)
今季のWRCでメキメキとその才能を伸ばし、ラリージャパンでは3位でポディウムに立ち、ラリーオーストラリアではトラブルで一旦10位に後退したもののトップタイムを何回も獲って4位入賞したことから、他チームからも誘いの声が有ったと思いますが、SWRTに残留が決定になりました。しかも来季はフル参戦の予定だそうです。
ステファン・サラザンもターマック要員として残留すると見られています。
常々スバルは「うちは他と違ってマニュファクチャラータイトルは考えていない。ペターのドライバーズタイトルに全力を傾けているんだ!」みたいなことを言っていますが、来季はWタイトル狙えますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょwwwフィジコwwwおまwwww

フィジケラ 無謀な若者たちに警告(F1Racing.jp)
うん!確かにその通りだ!無謀運転で死傷する人多いからねっ!

フィジケーラ、運転免許証取り上げ?
フィジケーラの速度違反、88キロオーバーだった!!(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
って何やっとるんじゃコラー!
子供が熱が出たから心配なのは判るが、それはダメだろう。
制限速度を88kmもオーバーで免許剥奪、でもF1には出られるそうで(日本とは違うのね)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゼロスポーツからインプレッサのコンプリートカー

インプレッサ CZS
第14回名古屋モーターショーにてゼロスポーツ インプレッサコンプリートモデルを発表!ゼロスポーツ
ゼロスポーツ、インプレッサ CZS を発表(Response)
ZEROがインプレッサのコンプリートを発表(carview)
ゼロスポーツが名古屋モーターショーにてFタイプのインプレッサをベースとしたコンプリートカー「ZERO/SPORTS IMPREZA CZS」を発表しました。
前に記事にしたトミーカイラのM20bと違ってスプレットウィンググリルはほぼそのままですが、バンパーの開口部はかなり大きくなっています。またフロア面のフラット形状化やリアアンダーディフューザーの形状見直し、自社製のサスペンションやマフラーを取り付けたこの車、お値段は税込み399万円。
私には買えません(;つД`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年6月までネタ引っ張れるな(ォ

ロッシ、F1転向タイムリミットは来年6月(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
フェラーリ ロッシに対して決断締め切りを設定(F1Racing.jp)
いやほんともういい加減ハッキリしてほしいと言えばしてほしいんですが。
逆に言えば来年6月までハッキリしなくてもいいとも云えるわけで(汗
F1転向であればフェラーリ確定なんでしょうけれど
ラリー転向の場合、この記事だとスバルとなっていますし、過去にはフィアットという話もありましたし。
とりあえず来年はミック・ドゥーハンの通算優勝記録を抜くことを目標に頑張ってください。

■11月21日追記
フェラーリ社長、ロッシへの期限設定否定(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
モンテツェモーロ ロッシはF1へ転向できる(F1Racing.jp)
いや本当もう何が何だか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来季のフォードのセカンドが決定

昨季はSWRTでインプレッサをドライブしたもののパッとした成績を残せず、今季はプライベーターとして旧型フォーカスに乗ったり、ワークスのシュコダでスポット参戦したミッコ・ヒルボネンがフォードと3年契約を結んだことが明らかとなりました。
Ford signs Hirvonen to drive all-new Focus RS WRC(RALLY-LIVE.com)
フォード ヒルボネンと契約(e-wrc.jp)
フォードのセカンドはヒルボネンに(RallyX)
来季は先に2年契約を結んだマーカス・グロンホルムと共にフィンランド人コンビでフォーカスWRC06をドライブすることになります。

…となるとトニ・ガルデマイスターとロマン・クレスタは来季どーするんだろう?
トニ、ランキング4位ですよ!? 5位のマルコ・マルティンは例の事故以来出場していないし、上位3人と比べると印象薄いけど(汗

シュコダの将来暗雲晴れず(RallyX)
クロノス 3台目を検討(e-wrc.jp)
シュコダは来季のワークス活動について未だに決まっていないし、クサラを走らせる有力プライベートチームについてもシートが決まっているのはクロノスの2台(ローブとポンス)だけ。
スバル・三菱は今季と同じでしょうし…。
イス獲りゲームの結果が出るのは何時か!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喪前ら落ち着け

ヒュンダイ ソナタ デザインモニターの声GOOD DESIGN AWARD
ヒュンダイのソナタが2005年度グッドデザイン賞(商品デザイン部門/乗用車および関連商品)を受賞したのですが、そのコメント欄が無茶苦茶ですよ!
大部分の★の数が1個or5個って極端過ぎておかしいですよ!

パクリかどーかって事をそんなところで議論してもしょーが無いと思うぞw
大体、日本メーカーでもデザインやコンセプトをパクっているところあるぞ。
しかも外国車からデザインをパクった日本車がグッドデザイン賞受賞しているし。

というわけでお嬢様方
グッドデザイン賞なんて
    /ノ 0ヽ
   _|___|_      
   ヽ( # ゚Д゚)ノ   両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない!
     | 个 |      
    ノ| ̄ ̄ヽ
     ∪⌒∪
と思えば宜しいのです(ォ

参考
小林の目は節穴、、ヒュンダイソナタ、グッドデザイン賞を受賞!
フィオリーナの以心伝心
ソナタは売れなくてあたりまえ陽光燦爛的日子 a diary of worldwalker

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新井選手凱旋!

先日のラリー・オーストラリアでPCWRCタイトルを獲得した新井敏弘選手が凱旋帰国しました。
新井敏弘が凱旋記者会見(SUBARU)
【PCWRC】最初に無線で話したのは娘でした---新井選手凱旋(Response)
日本人初のWチャンピオン…世界ラリー選手権 (zakzak)
PCWRC(プロダクションカー世界ラリー選手権)参戦3年目にして念願のタイトル獲得の新井選手。本当ならば結果の出せない某ドライバーよりも騒がれても良いとは思うんですけどねぇ(笑
ファンとしては再びWRカーに乗って欲しいところですが…。
【PCWRC】新井選手、本音はWRカーだが…難しい(Response)
現実はそう簡単には行かないようです。
SWRTは来季も今季と同じ顔ぶれだと思いますのでプライベーターとしてのエントリーしか無いと思います。仮にPCWRC非開催のラリーに自身のチームでプライベート参戦するとなると、グループNとの違いもありますし、参戦費用の問題もあると思います。

イベント情報(新井敏弘オフィシャルサイト)
さて我らが新井敏弘選手が参加するイベントがいくつか予定されています。
お暇な方は世界チャンピオンの姿を見に行かれてはいかが?
私は行けないんだけどねー(´・ω・`)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

給油記録(2005/11/17)

警告ランプ点灯会社帰りに警告ランプが点いたので昭和シェルでレギュラーを41L給油。
前回給油時からの走行距離は510km。
燃費は約12.4km/L。
うーん、エンジンをガンガン回すと燃費悪くなるな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COTY雑感

今年のカー・オブ・ザ・イヤーも一通り出そろいました。
日本カー・オブ・ザ・イヤーは去年はホンダ レジェンドだったのが、今年はマツダ ロードスター
RJCは去年は日産 フーガだったのが、今年はスズキ スイフト
ヨーロッパの方は去年はトヨタ プリウスだったのが、今年はルノー クリオIII
今年のCOTYに選ばれた車は、ぶっちゃけ私から見て好みの車ばかりという結果なのですが(笑)、去年選ばれた車は正直値段が高いものばかり。
今年選ばれた車は大衆スポーツカー(ロードスター)に大衆車とも言えるBセグメントのハッチバック(スイフト・クリオIII)。

下馬評の高かったレクサスGSは結局何も獲れなかったわけで。
レクサスGSは確かに素晴らしいかも知れない。でもアリストの新型でしかない(私から見れば)。

ロードスターはマツダの開発者の「こういう車が欲しい」というところからスタートして、様々な制約の中で育ててきて世界中で愛される車になった。
スイフトは先代の徹底したローコストに対して「これではヨーロッパで通用しない」「安いだけでは賃金の低い国の車に取って代わられるかも知れない」安物車から脱却してヨーロッパの激戦区Bセグメント市場に本格的に殴り込むために作られた車。
クリオIIIはそのBセグメント市場を戦い抜いてきた猛者の新型。

「プリウス」の様にエポックメイキングな車はともかく、ただ「完成度の高い、いい車を作りました」だけで良いのか?
そこに「志」は有るのか?「愛」は有るのか?

私は今年の受賞車に異論はございません!

| | コメント (6) | トラックバック (2)

ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーにルノー クリオIII

ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2006にルノー クリオIIIが選ばれました。
Clio
Car of the Year 2006: Renault Clio scores the first double(Car of the Year)
Clio III: Car of the Year 2006(Renault)
新型ルーテシア 2006年 ヨーロッパ カー・オブ・ザ・イヤー受賞(ルノー・ジャポン)
【COTY】ルノー クリオIII 欧州で受賞(Response)

先にいろいろ説明しますと、前に記事にしたCOTYやRJCは日本国内で市販される乗用車の中から、それぞれ別の自動車ジャーナリストの団体が選考する賞ですが、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーはヨーロッパを代表する7つの自動車雑誌社(AUTOAUTOCARAUTOPISTAAUTOVISIEL'AUTOMOBILE MAGAZINESTERNVI BILÄGARE)が主宰する会においてヨーロッパ22カ国58名の自動車ジャーナリスト投票によって選考する賞です。
また受賞したクリオですが、日本ではホンダディーラーの名称になっているため、その名前を「ルーテシア」となっており、現在日本国内で販売されているのは先代モデルになります。

ルーテシア ルノー・スポール コンセプト
先日の東京モーターショーに新型が展示されていましたが、日本への新型導入は来年春の予定だそうです。
幕張には行けなかったけど新型ルーテシアが見たい!という方は、今月17~20日に行われる第14回名古屋モーターショー、今月25~28日に行われる第4回大阪モーターショーに新型ルーテシアが展示される予定となっております(上の写真のルノー・スポール コンセプトが展示されるかどうかは不明)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーにスイフト

日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)の主催する2006年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーにスズキスイフトが選ばれました。
スイフト
スズキ「スイフト」が2006年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞(SUZUKI)
【COTY】2006年次 RJCカー・オブ・ザ・イヤー大賞(Response)
スズキの「スイフト」がRJCカーオブザイヤー受賞(日本経済新聞)
スイフトは日本カー・オブ・ザ・イヤーの特別賞「Most Fun」に続いての受賞になります。

カー・オブ・ザ・イヤーインポートはシトロエンC4が選ばれました。
テクノロジー・オブ・ザ・イヤーには日本カー・オブ・ザ・イヤーの特別賞「MOST ADVANCED TECHNOLOGY」も受賞したホンダ シビック・ハイブリッドの「3ステージi-VTEC+IMA」が、パーソン・オブ・ザ・イヤーにはマツダの井巻久一代表取締役社長兼CEOがそれぞれ受賞しました。

COTYとはまた違った結果になりましたね。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

新井選手PCWRC制覇!

SS26 リザルト(新井敏弘オフィシャルサイト)
PCWRC Rd.8 Telstra Rally Australia Leg3Report(SUBARU)
PCWRC最終戦ラリー・オーストラリアでインプレッサWRC STIを駆る新井敏弘選手がマーク・ヒギンズに1分46秒6の差をつけて優勝。今季4勝目を挙げPCWRCタイトルを獲得しました!おめでとうございます!
6位に入ればタイトル決定だったのに優勝してタイトル獲得に花を添えましたね。
来年はフェイスリフトしたインプレッサでタイトル連覇に挑むわけですが、三菱勢も来年はランエボⅨを投入してくるので、より一層激しい争いが見られることを期待しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大荒れのWRC最終戦

いよいよ今季のWRCもラリー・オーストラリアで最後!
オーストラリアというと、先日テレビで「水曜どうでしょうClassic」の「オーストラリア大陸縦断3700キロ」を見たので、「砂漠」とか「ハエが沢山」というイメージが(コラ

ドライバー・マニュファクチャラー共にタイトルは決まったものの、ドライバーランキング2位の座をペター・ソルベルグとマーカス・グロンホルムが争っており、また来季のシートが決まっていないドライバーにとっては良いパフォーマンスとリザルトを残して来季につなげたいところ。
しかしラリーは大荒れの展開に。

まずフォードが新型のフォーカスを登場させましたがラリー・オーストラリアはラリー・ジャパンとペアのため、トニ・ガルデマイスターとロマン・クレスタは最初に30秒のペナルティー。
ラリーがスタートすると、スバルのペターとクリス・アトキンソンが絶好調!
一方プジョーはダニエル・カールソンがSS3でコースオフしてマシンが炎上リタイア、グロンホルムもSS7でサスペンショントラブルになりリタイア。
好調クリスもSS5まで首位だったもののステアリングトラブルにより後退。
SS8終了時に首位に立ったクリスチャン・ローブもSS9でコースオフして木に激しくぶつかりマシンを大破してリタイア。
WRC:Rd.16オーストラリアGPラリー第1レグ結果(2日目)(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
レグ1終了時の順位は1位ペターの後は、今季前半あまりにも非道くてコドラに愛想尽かされるは一時期サインツに取って替わられるは絶不調だったフランソワ・デュバルが2位に、3位にシュコダにまた乗ったコリン・マクレーが入りました。シュコダ速くなっているのか!?

で、第2レグ。
SS13でペターが6速全開の時にコースに飛び出してきたカンガルーと激突して大破リタイア。
SS14ではハリ・ロバンペラがトップタイムですが、セカンドタイムが何とシュコダのアーミン・シュワルツ!がんばれシュコダ!
この後はデュバル・ハリ・クリスがトップタイムを取り合い。
WRC:Rd.16オーストラリアGPラリー第2レグ結果(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
ペターのリタイアでデュバルが首位に!2位はマクレー、3位はハリ。
クリスが6位まで戻ってきています。

とうとう第3レグ。
第2レグに続いてデュバル・ハリ・クリスがトップタイムを取り合うなか、SS23終了後のサービスでマクレーのシュコダがクラッチのトラブルの為にリタイア。
SS25でトニ・ガルデマイスターがウォーターポンプのトラブルの為リタイア。
WRC:Rd.16オーストラリアGPラリー第3レグ結果(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
2005WRC最終戦テレストラ・ラリー・オーストラリアを制したのはシトロエンのフランソワ・デュバル!WRC初優勝おめでとう!これで来季のシートにも明るい未来が見えてきたでしょう。
2位には三菱のハリ・ロバンペラ。来季はもっと期待できそうですね。
3位にはシトロエンのプライベーター、マンフレッド・ストール。
4位には猛チャージして追い上げたスバルのクリス・アトキンソン。あと6秒差でした。
8位に入ってポイントゲットしたシュコダのアーミン・シュワルツはこのラリーで引退だそうです。お疲れ様でした。来季はシュコダのプライベート・チームをレッドブルの支援で運営するとか?…レッドブルって飲料メーカーだよねぇ?そんなに儲かっているのか?

ランキング上位3名が揃ってリタイアする波乱のラリーでしたが、デュバルの初優勝、クリスの奮闘、シュコダの健闘とマクレーの健在など見所はあったようです。TV放映が待ち遠しいですね。
それにしても来季がどうなるのかはっきりしていないチームが多いのが気になります…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MovistarがF1参入?

F1Racing.jpを見ていて気になる記事が。
“モヴィスター” F1参入か?(F1Racing.jp)
グレシーニ・レーシングが運営している「Team Movistar Honda MotoGP」というチームがありまして、そのチームに所属しているライダーが2003・2004年とランキング2位だったセテ・ジベルノーと先日2連勝して今年度のランキング2位になったマルコ・メランドリという強豪チームなのです。
MotoGPで上位争いをしているチームから、何処へ移行しようとしているのでしょうか?

SETE GIBERNAU JOINS THE DUCATI MOTOGP TEAMDUCATI
ジベルノーがドゥカティに移籍したのとは関係ないとは思いますけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロッシ、またフェラーリに乗る

つい先頃、やっと今シーズンのMotoGPが終わったばかりだというのにもうフェラーリのテストに参加しています。
V.ロッシ、今週再びフェラーリ・テストへ
ロッシ、再びフィオラノでテスト
ロッシ、フェラーリ・テストに「満足」(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
Moto GPのロッシが再びフェラーリでテスト
ロッシ、フェラーリでの3日間のテストに満足(F1-Live.com)
ロッシ 再びフェラーリのテストを完了(F1Racing.jp)
今月18~20日に行われる「モンツァ ラリーショー」でインプレッサWRカーで走るのに、そっちの練習はしなくていーのだろうかと余計な心配をしてみたり(汗
2006年も3・4週間置きに走らせるという話もありますが、それでMotoGPをまともに戦えるのかという疑問もありますし。
もうみんなの頭の中は2007年ですかー!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オイルフィルターからオイル漏れ

サービスステーション向け自動車用エンジンオイルフィルターの不具合について
(新日本石油)
サービスステーション向け自動車用エンジンオイルフィルターの不具合について
(ジャパンエナジー)
和興フィルタテクノロジー株式会社が製造し、JOMOやENEOSのガソリンスタンドなどで今年9月以降に販売されたエンジンオイルフィルターの一部に不具合があり、フィルターとエンジンの接合部分に隙間が生じてオイルが漏れることが24件報告されているということで、点検を呼びかけています。不具合のあるフィルターは対策品と無償交換するとの事。
不具合がある可能性のあるフィルターの型番や、問い合わせ先などについては上記のリンク先を御覧下さい。

私?
うちのインプレッサは前回のオイル交換は7月末にジェームスでやったのでノー問題ですよー。
そういえば9500km走ったから、もうそろそろエンジンオイル交換しなきゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカで最も盗まれた車

HOT WHEELS: DO YOU KNOW WHERE YOUR CAR IS?NICB
米国で04年に最も盗まれた車、ホンダ「シビック」(CNN)
日本車は盗難車でも人気、ナンバーワンはホンダ シビック(Response)
米国保険犯罪局(NICB)が7日に発表した統計によると、全米で2004年に最も盗まれた車は、1995年型のホンダ「シビック」だったそうです。
トップ10を見ると日本車と米国製ピックアップばかりですね。
人気があって数が多く出ている車は、車丸ごとでなくても部品としても需要が多い…という話を何処かで見たような気がします。
日本国内の場合はどうなんだろう?
GDBとかよく盗まれるという話はあっちこっちで見るけど。

ちょっと話がズレますけど、今日保険屋さんの所に行ってきて車の保険の更新をしてきたのですが、車両保険の話をしていて盗難の話が出たのですが、ランクルなどの盗難が非常に多い車種の場合、車の保管態勢や盗難防止策をちゃんとやっていないと車両保険の引き受けをお断りする保険会社もあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-2006日本カー・オブ・ザ・イヤーにロードスター

色々と批判もある日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)ですが、今年の大賞にマツダロードスターが選ばれました。
ロードスター
「マツダロードスター」が「2005-2006日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞(MAZDA)
【COTY】2005-2006日本カー・オブ・ザ・イヤー大賞
【COTY】日本カー・オブ・ザ・イヤー3賞
【COTY】2005-2006日本カー・オブ・ザ・イヤー得点(Response)
日本カー・オブ・ザ・イヤー2005-2006は、「マツダ・ロードスター」が受賞(webCG)
カー・オブ・ザ・イヤーにロードスター(日刊スポーツ)

インポート・カー・オブ・ザ・イヤーには得票数が3位(外国車ではトップ)だったBMW3シリーズが選ばれました。
また特別賞においては「Most Fun」にスズキ スイフトが、「Most Advanced Technology」にはホンダ シビック/シビック・ハイブリッドが選ばれました(「Best Value」は該当無し)。
まぁ順当な選定だと思います。

さて日本には日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会のとは別にもう一つのカー・オブ・ザ・イヤーがあります。RJC(日本自動車研究者・ジャーナリスト会議)が選定するRJCカー・オブ・ザ・イヤーです。
こちらの方も来週には結果が出る予定になっています。
こちらは国産車と外国車は別なのですが、果たしてCOTYと違う結果が出せるのかどうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

富士重工業が人員削減

富士重、初の人員削減・希望退職で700人(日本経済新聞社)
富士重工業、800人程度削減へ…希望退職を募集(読売新聞)
富士重工、700人リストラ…年50億円削減へ(ZAKZAK)
たしかにスバルは国内市場で苦戦しているだけに、やむを得ないのかも。
魅力的な新車が出せれば一番良かったのでしょうけれど。
退職された方が新天地で活躍できることをお祈りいたします
(リストラ3回・勤務先消滅2回の「奇妙な青」より)。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

MotoGP最終戦バレンシアGP

M.メランドリ、2連勝で総合2位奪取(The Official MotoGP Website)
第17戦 バレンシアGP 決勝(HONDA)
MotoGPレース結果:決勝(YAMAHA)
モビスター・ホンダのマルコ・メランドリが前戦トルコGPに引き続いて2連勝しました。これでランキング2位確定です。
彼とランキング2位争いをしていたニッキー・ヘイデンは0.097秒差で2位。
15番スタートだったヴァレンティーノ・ロッシは追い上げたものの2.959秒差で3位。残念ながらミック・ドゥーハンの年間12勝に並ぶことは出来ませんでした。
ポールポジションのセテ・ジベルノーは4周目にマシントラブルでリタイアだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローブ、来季の所属チーム決定!

2ちゃんねるのWRCスレで知ったニュース。
Loeb to drive for Kronos Racing in 2006RALLY-LIVE.com
2年連続ドライバーズ・タイトルを手に入れたセバスチャン・ローブ。
PSAグループが今季限りでWRCからワークス撤退することから来季に向けての移籍先が注目されていたわけですが、クロノス・レーシングに移籍するそうです。

■PM11:00追記
WRC=総合王者ローブ、来季はクロノスから参戦ロイター
ロイターでも報道されました。
またクロノス・レーシングのトップにも掲載されています。
来季のクロノス・レーシングはローブとクサビエ・ポンス、2台のクサラを走らせることになります。
もっともローブは再来季はワークス復帰するシトロエンに戻るのは確実ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給油記録(2005/11/04)

会社帰りに出光でレギュラーを35.4L給油。
前回給油時からの走行距離は455.3km。
燃費は約12.9km/L。
渋滞路を走った割には燃費が落ちていない…?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何このパトカー?

「高速機動隊のスーパーパトカーSP-R」が来てたアキバBlog
プレイステーション2用ソフト『高速機動隊 ~ワールドスーパーポリス~』のプロモーション用に製作されたパトカーらしいですが、R34スカイラインがベースかな?
このパトカー、公道を走行することが出来ない(自走できない改造をしたのか警察車両と酷似しているためなのか誰か知りませんか?)ので、キャラバンカーに積載して全国宣伝の旅をしているそうです。
これって西部警察のマシンRSみたいなものなんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー写真集!?

とりあえず作りました。
ココログの方にBLOGで作るのはアレだと思ったのでWebの方に。
HomePageからCAR→東京モーターショー2005とクリックしてください。
まだ写真の編集及びコメント付けが途中なので、後から何台か追加します。

■PM11:10追記
UP終わりました…。
写真の選定・編集、コメント付けは大変でした…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京モーターショー行ってきた

今日、インプレッサに乗って幕張で行われている東京モーターショーに行ってきました。
駐車場がますます遠くなってる~(;つД`)
ちなみに自宅から駐車場まで掛かった時間は
Judas Priest 「PAINKILLER」
METALLICA 「ST.ANGER」
の2枚を聞き終わって始めに戻って2・3曲聞くぐらい。
帰りに掛かった時間はFOZZY
「Fozzy」・「Happenstance」・「All That Remains」
の3枚+1曲ぐらい。
その位の時間をMT車で渋滞路をノロノロと進んでいたわけです。クラッチが軽くて良かった(笑

デジカメ持っていったので、後でUPします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

亜久里F1キタ━(゚∀゚)━!!

噂通り「鈴木亜久里」がやってくれたー!
『11番目のチーム』正式発表! 代表は亜久里氏!(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
緊急発表! 亜久里のF1チーム誕生!(F1-Live.com)
【アグリF1結成】純日本チームを目指す(Response)
エンジンはホンダから供給を受けるようですが、ドライバーやスポンサーは未発表(佐藤琢磨とは交渉中との事だが…)。タイヤはブリヂストンと交渉中。
詳細はこれから少しずつ明らかになるのでしょうか?
「11番目のチーム」は明らかになったわけですが、果たして「12番目のチーム」も出てくるのでしょうか?

■11月2日追記
帰宅してネット巡回してコメント書いたら日を跨いでしまいました(笑
鈴木亜久里、2006年に新チームでのF1参戦を表明
鈴木亜久里、「純日本チーム」を率いてF1へ(carview)
新チーム、シャシー名は『AGURI』(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
○チーム名は「SUPER AGURI Formula 1」。
 IRLのチーム名が「SUPER AGURI Fernandez Racing」なので特にどうという事はないのですが…。
○シャシー名は「AGURI」
 …えーと、これって笑うところ?ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )
 姓である「SUZUKI」だと某四輪車・二輪車メーカーと同じになってしまいますからねぇ。
【アグリF1結成】エベレストに登るベクトル(Response)
>「F1はまさにエベレストのような存在」
いつから片山右京になったんだYO!(笑
>「チームを買ったりするのではなく、イチから組み立てて参戦する」
これって本当に凄いことなんですよね。
F1ドライバーとしての経験があったり、FNやGTレース等でのARTAの運営実績があったり、ホンダの支援があるとはいえ、全くの新規参入となるとF1に関するノウハウなども無いので相当苦労すると思います。既存のチームを買収した方がスタッフも設備もノウハウもある程度同時に手に入るので楽なんですよね。
この心意気は凄いです!尊敬します!
どこかの連中に爪の垢煎じて飲ませたい位です(ォ
ソフトバンクF1参入か、11番目のチームとしてオファー(ZAKZAK)
ソフトBがF1参入へ亜久里&琢磨新チーム(日刊スポーツ)
欧州進出を考えている企業の場合、F1は広告塔として魅力があるものかも知れません。ただソフトバンクにとって、どういうメリットがあるのかが私には分からないのですが。国内向けにしては高すぎる宣伝費となりますし。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »