« 給油記録(2006/1/30) | トップページ | もうすぐスウェディッシュ・ラリーだけど(その2) »

シームレス・シフトって何?

突然出てきた「シームレス・シフト(シームレス・ギアボックス)」という言葉。
マイケルT/D、「1年以内にみんなシームレスに」(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
サム マイケル “シームレスギアボックス”は主流となる(F1Racing.jp)
シームレス・ギアボックスは注目のハイテク(F1-LIVE.com)
ググってみても、その正体はサッパリ。
シームレスなトランスミッションというとCVTが真っ先に思いつきますが、レギュレーション上それは無理ということです。

で、CVT以外でその可能性がある物としてVWグループの車に搭載されているDSG(Direct-Shift Gearbox)の様な物ではないか?という話が出ています。
DSG(Wikipedia)
DSG(Audi Japan)
木村衛星 第20回『VWのニュートランスミッション「DSG」』(webCG)
【VWゴルフ GTI詳報】 MTでは勝てないDSGの実力(Response)
DSGとはセミATの一種なのですが、MTのクラッチを油圧制御する物やトルコン式ATにシフトセレクターを付けた物とは全く違います。
クラッチとトランスミッションが2対になっている構造になっていて、それぞれが奇数側と偶数側のギアを受け持っています。例えば1速で発進したときには既に2速がクラッチを切った状態でスタンバイしていて、シフトアップの時に1速側のクラッチを切ると同時に2速のクラッチがつながってすばやくシフトチェンジが出来、しかも2速で走行している間に奇数側では3速をスタンバイするという、2対が変速する度に交互に働くという仕組みになっています。その為シフトチェンジに要する時間が大幅に短縮されます。機銃に例えればガスト式みたいなものですかね(コラ
詳しいことは上記のページを見てもらえれば判ると思います。
そのシフトの速さは歴然で、0-100km/h加速はアウディTTにおいてMTの6.6秒に対しDSGは6.4秒!ゴルフGTIでもMTの7.2秒に対しDSGは6.9秒!また1周に約1分30秒かかるテストコースでも約2秒のタイム短縮が出来たと言うから凄い。またDSGは最高速400km/h最高出力1001ps最大トルク1250Nmのモンスターマシン、ブガッティ ヴェイロン16.4にも採用されているぐらい大パワーにも対応しています。

なんかこの記事書いていたらDSG搭載車に乗ってみたくなってきたぞ。近所のVWディーラーに試乗車あるかしら?

|

« 給油記録(2006/1/30) | トップページ | もうすぐスウェディッシュ・ラリーだけど(その2) »

コメント

あー、なんかコレならF1のレギュレーション的にも大丈夫そうですね~。
しかしコレ、重さや耐久性はどうなんでしょうか??でも1周0.4秒速いとか言うくらいだから、大丈夫なのかなあ・・・。

投稿: impreza98 | 2006/02/02 01:11

>重さ
比較できるのがゴルフGTIしか無いですが、車両重量が6MTの場合1,440kgでDSGだと1,460kgなので20kg重くなっていますね。
>耐久性
ブガッティ ヴェイロン16.4のアホみたいなパワーを受け止める位ですし大丈夫ではないかと。

でも、どこかがある程度公表してくれないと推測の域を出ないんですよねー。

投稿: 奇妙な青 | 2006/02/02 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/8456649

この記事へのトラックバック一覧です: シームレス・シフトって何?:

« 給油記録(2006/1/30) | トップページ | もうすぐスウェディッシュ・ラリーだけど(その2) »