« 2006WRC第6戦ラリー・アルゼンチン第1レグ | トップページ | 2006WRC第6戦ラリー・アルゼンチン第3レグ »

2006WRC第6戦ラリー・アルゼンチン第2レグ

Leg2 Report(SUBARU)
アルゼンチン: レグ2レポート(e-WRC.jp)
Loeb consolidates his lead(RALLY-LIVE.com)
WRC:Rd.6アルゼンチンラリー第2レグ結果(4/29)(@niftyモータースポーツ・フォーラム)

昨日のSS8でレグ撤退したマーカス・グロンホルム(BP-フォード)が、SS11・12・15・18でトップタイムを出し追い上げて10位まで浮上。
ペター・ソルベルグ(スバル)もSS16・17でトップタイムを獲るなど追い上げるがトラブルなどもあり、トップタイムはSS14だけのセバスチャン・ローブ(クロノス-シトロエン)との差は開く一方。

第2レグ終了時の上位陣の順位は
1位 セバスチャン・ローブ(クロノス-シトロエン)
2位 ペター・ソルベルグ(スバル)
3位 ジジ・ガリ(ポジアン-プジョー)※
4位 ヘニング・ソルベルグ(OMV-プジョー)
5位 マンフレッド・ストール(OMV-プジョー)
6位 クリス・アトキンソン(スバル)
7位 ダニエル・ソルド(クロノス-シトロエン)※
8位 ルイス-ペレス・コンパンク(ストバートVK-フォード)
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

Two Solbergs at the top!(RALLY-LIVE.com)
SS16でペターとヘニング・ソルベルグ(OMV-プジョー)が兄弟揃って同タイムでトップタイム。SS12・13でマンフレッド・ストール(OMV-プジョー)がスピンしたこともあり、ヘニングとストールの順位が逆転。
ソルベルグ、強烈な空手チョップでパドルシフトを叩き壊す!?(AUTOSPORT WEB)※要登録
SS11でペターに起こったトラブルとは、ウォータースプラッシュの直前でカーボン製のパドルシフトが折れるというもの。サービスに戻るまでプライヤーを無理矢理付ける応急処置で走るはめになったとのこと。次戦からはパドルを金属製にしますか??

SS16 リザルト速報(新井敏弘オフィシャルサイト)
PCWRC: レグ2レポート(e-WRC.jp)
新井敏弘はSS15においてパンク。続くSS16においてフロントサスを破損してレグ撤退となりました。

|

« 2006WRC第6戦ラリー・アルゼンチン第1レグ | トップページ | 2006WRC第6戦ラリー・アルゼンチン第3レグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/9827339

この記事へのトラックバック一覧です: 2006WRC第6戦ラリー・アルゼンチン第2レグ:

» WRC Rd.6 ラリーアルゼンチン LEG2終了時点暫定結果 [にこらすの徒然なるままに・・・]
昨晩から朝にかけての雨でウォータースプラッシュの水かさが増し、路面コンディションも極度なスリッパリー&マディとなったSS11。スーパーラリー規定により再スタートしたマーカス・グロンホルムは男気の追い上げを開始してステージウィンを獲得。ペター・ソルベルグはウォータースプラッシュの直前でギアレバーのアームが破損。ステージの残りをマニュアルに切り替えて走りきった。... [続きを読む]

受信: 2006/04/30 13:55

« 2006WRC第6戦ラリー・アルゼンチン第1レグ | トップページ | 2006WRC第6戦ラリー・アルゼンチン第3レグ »