« ロッシ、来季はレッドブル? | トップページ | 「フェラーリ599GTBフィオラノ」→「フェラーリ599」 »

2006WRC第7戦ラリー・サルディニア第1レグ

Leg1 Report(SUBARU)
サルディニア: レグ1レポート(e-WRC.jp)
Gronholm in control after day one(RALLY-LIVE.com)
WRC:Rd.7サルディニアラリー第1レグ結果(5/19)(@niftyモータースポーツ・フォーラム)

マーカス・グロンホルム(BP-フォード)がSS1~3・SS6でトップタイムを出し、SS4・5でトップタイムのセバスチャン・ローブ(クロノス-シトロエン)に35秒4の差を付けて首位!
3位はミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)で2位のローブとの差は28秒8。

第1レグ終了時の上位陣の順位は
1位 マーカス・グロンホルム(BP-フォード)
2位 セバスチャン・ローブ(クロノス-シトロエン)
3位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
4位 ヘニング・ソルベルグ(OMV-プジョー)
5位 ダニエル・ソルド(クロノス-シトロエン)※
6位 ジジ・ガリ(ポジアン-プジョー)※
7位 クリス・アトキンソン(スバル)
8位 クサビエ・ポンス(クロノス-シトロエン)
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

幾多のパンクのためにSS6でレグ撤退したペター・ソルベルグ(スバル)ですが、彼のインプレッサについてこんな記事が。
前下がりの車高バランスから伝わってくるペターとスバルの苦悩(AUTOSPORT WEB)※要登録
現在発売中の「WRC+ 2006 vol.03」によると、4月にサルディニアでインプレッサWRC2006をテストした新井敏弘はオーバーステア気味で走った第1走後「ペターはとにかくステアリング操作だけで走ろうとするから極端にステアリングレスポンスが鋭い。あまり大胆に荷重移動しなくても済むように最初から前下がりの車高になっているんだ。だから、ブレーキングでフロントに荷重をためて曲がろうとすると後輪がスバッと出る」とコメントしています。第2走目からはリアの車高を下げて走ったそうです。
コーナーで曲がるのって「ブレーキングでフロントに荷重をためて曲がる」のが基本だと思うんですけどね(;´Д`) ハンドル操作だけで曲がる人の車と荷重移動も使う人の車とで乗り心地が違いますし。
インプレッサWRカーの足回りは根本から見直さないとダメなのかな?

レグ1を9位で終えたユッシ・バリマキ。彼が駆るのはレンタルの三菱ランサーWRC05。それがどうも只のレンタルではないようで。
バリマキがランサーWRCでサルディニアに登場。で、気になる点がいろいろと(AUTOSPORT WEB)※要登録
履いているタイヤがピレリではなくBFグッドリッチになっていること。またショックアブソーバーも変更されていたとのこと。
遂にWRC復帰へと三菱が動き出したのか!?

|

« ロッシ、来季はレッドブル? | トップページ | 「フェラーリ599GTBフィオラノ」→「フェラーリ599」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/10156717

この記事へのトラックバック一覧です: 2006WRC第7戦ラリー・サルディニア第1レグ:

« ロッシ、来季はレッドブル? | トップページ | 「フェラーリ599GTBフィオラノ」→「フェラーリ599」 »