« 給油記録(2006/5/18) | トップページ | ロッシ、来季はレッドブル? »

スーパー7のニューエンジン

ケーターハム スーパー7にとって、KENTエンジンに代わるメインエンジンとして15年ほど使われてきたローバーKシリーズ。軽量コンパクトであることからロータス エリーゼなどでも使われていたKシリーズですが、生産していたローバーが破綻してしまい、エンジンの供給がストップしてしまいました。
来年からはKシリーズに代わって、フォードのシグマエンジンを搭載することになったそうです。

ケーターハム、Kシリーズに代わりフォード製「シグマ」を採用(webCG)

シグマエンジンと言うと三菱のエンジンみたいな名前ですが、実際にはZetecとかDuratecと呼ばれてKaやフィエスタなどに搭載されている1.2L~1.6Lの直4エンジンです。
スーパー7に搭載されるのはPower Torque Engineeringによってチューンされた1.6L。115bhp・140bhp・160bhpの3種類のチューンが用意されるそうです。

この走ることだけしか考えていない、或る意味反則のようなこの車は、まだまだ世界中のエンスージアストの為に生産されることでしょう。

|

« 給油記録(2006/5/18) | トップページ | ロッシ、来季はレッドブル? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/10133734

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー7のニューエンジン:

« 給油記録(2006/5/18) | トップページ | ロッシ、来季はレッドブル? »