« シトロエン Hトラック | トップページ | これはちょっとベース車を間違えてるだろ? »

2006WRC第8戦アクロポリスラリー第2レグ

Leg2 Report(SUBARU)
アクロポリス: レグ2レポート(e-WRC.jp)
Dramatic changes!(RALLY-LIVE.com)
WRC:Rd.8 アクロポリスラリー第2レグ結果(6/03)(@niftyモータースポーツ・フォーラム)

第1レグ首位のマーカス・グロンホルム(BP-フォード)が第2レグもSS8・10・11・13でトップタイムを獲って首位をキープ。
セバスチャン・ローブ(クロノス-シトロエン)がSS9・12でトップタイムを獲って2位に。しかしSS13でスタートから1km地点で左リヤタイヤがバーストしてタイムロス、グロンホルムに1分22秒1遅れのタイムで総合でも1分47秒2もの差が。

第2レグ終了時の上位陣の順位は
1位 マーカス・グロンホルム(BP-フォード)
2位 セバスチャン・ローブ(クロノス-シトロエン)
3位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
4位 ダニエル・ソルド(クロノス-シトロエン)※
5位 マンフレッド・ストール(OMV-プジョー)
6位 ヘニング・ソルベルグ(OMV-プジョー)
7位 トニ・ガルデマイスター(アストラ-シトロエン)※
8位 クサビエ・ポンス(クロノス-シトロエン)
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

SS12: 多事多難(e-WRC.jp)
SS12において、フランソワ・デュバル(ファースト-シュコダ)はギヤボックスを破損してレグ撤退。
ヤン・コペツキー(シュコダ)はリアホイールを破損してレグ撤退。
ペター・ソルベルグ(スバル)はパドルシフトが壊れタイヤが2本パンクしたものの、サードベストのタイムでこのステージを走り終えたのですが…。
ソルベルグ 一般道での災難で離脱(e-WRC.jp)
SS13に向かう途中のロードセクション、タイトなブラインドの右コーナーで飛び出してきた対向車を避けるためにコーナーイン側に避けたところ、岩に衝突してサスペンションとステアリングを損傷。このダメージの為にSS13に出走することが出来ずにレグ撤退となってしまいました。
クリス・アトキンソン(スバル)もSS12で負ったステアリングアームのダメージによってレグ撤退。
ホントにSWRT全員で御祓いに行け!w

Leg2 Report(SUBARU)
END of LEG2SUBARU TEAM QUASYS
ガブリエル・ポッゾとナッサー・サレ・アルアティヤーとの間で繰り広げられるトップ争い。しかし両者にペナルティが課されて第2レグ終了時に首位に立ったのはアキ・テイスコネン。
新井敏弘は6位まで浮上。
鎌田卓麻はステアリングユニットの破損などがあったものの、後半に素晴らしいタイムを出して13位。

|

« シトロエン Hトラック | トップページ | これはちょっとベース車を間違えてるだろ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/10385233

この記事へのトラックバック一覧です: 2006WRC第8戦アクロポリスラリー第2レグ:

« シトロエン Hトラック | トップページ | これはちょっとベース車を間違えてるだろ? »