« 2006WRC第8戦アクロポリスラリー第1レグ | トップページ | 2006WRC第8戦アクロポリスラリー第2レグ »

シトロエン Hトラック

Citroën Type HシトロエンのH(アッシュ)トラックという商用車をご存じでしょうか?
1948年6月~1981年12月の間に49万台以上も生産されたFFの商用車で(トラックと云いつつバンの方が多かった)、映画・ドラマ・漫画・アニメ等に登場したり、移動販売車としても多く使われているので、名前は知らなくても見たことがある方は多いと思います。
このHトラック、生産終了してから20年以上も経過した古いディーゼル車であり(ディーゼル規制に引っかかる)、古い車ゆえにエアコンが無いなど、現在の日本の道路事情を考えると実用車として維持していくのは大変難しいと思われます。

先月末にプジョー206&306オーナーのコンドウさんのブログ「- HOW STYLE - プジョーのblog」を見ていたら、5月27日の記事「このクルマって・・・ H?」に、えらく現代化されたHトラックの写真が!
株式会社エーティと愛知県大府市にあるラテン車のお店「アウト・カプリコ」が、フィリピンはスービックにある工場でHトラックのボディをフルレストアした上、トヨタのプロボックスのエンジン・トランスミッション(なんとAT!)・サスペンション・ブレーキだけではなく、エアコン・パワステまで搭載した車だそうです。
その名も「HBOX」!
HBOX製作記録アウト・カプリコ

なんかチンクエチェント博物館が販売したフィアットのNuova500にサンバーのエンジンを搭載した「マキナ」に成り立ちが似ているな~と思ったら、同じ工場だそうです。

フィリピンで製作された「HBOX」の第1号車は、先月に日本上陸を果たし、28日に行われた「めいほうラテンミーティング」にも自走して参加したとのこと。
雑誌の取材も受けたみたいですけど、そのうちTip○とかに載るのかな??
この後、この第1号車で日本の路上テストを行い、その結果を元に販売車両の開発を進めることになるのでしょう。

気になるのはお値段の方なのですが、「マキナ」が300万円近かったことを考えると…。Hトラックの方が高いしなぁ~。
ちなみに「マキナ」は現在生産休止中だそうです。なんでも「ドナーカーの確保」及び「生産価格の高騰」が原因だとか…ウムム。

|

« 2006WRC第8戦アクロポリスラリー第1レグ | トップページ | 2006WRC第8戦アクロポリスラリー第2レグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/10376256

この記事へのトラックバック一覧です: シトロエン Hトラック:

« 2006WRC第8戦アクロポリスラリー第1レグ | トップページ | 2006WRC第8戦アクロポリスラリー第2レグ »