« 珍しい…アレ? | トップページ | 2006WRC第12戦キプロス・ラリー第2レグ »

2006WRC第12戦キプロス・ラリー第1レグ

Leg1 Report(SUBARU)
キプロス: レグ1レポート(e-wrc.jp)
WRC:Rd.12 キプロスラリー第1レグ結果(9/22)(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
WRC第12戦キプロス、フォードのグロンホルムがレグ1で首位に立つ(AUTOSPORT WEB)※要登録

SS1~3・5のトップタイムをマーカス・グロンホルム(BP-フォード)が獲り2位との差を18秒5まで広げるものの、2位のセバスチャン・ローブ(クロノス-シトロエン)もSS6~8でトップタイムを獲って猛追、レグ終了時のタイム差は僅かに6秒4。
3位争いはミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)とトニ・ガルデマイスター(アストラ-シトロエン)が繰り広げていたものの、ガルデマイスターがSS5でパンクの為に後退。
レグ1終了時のトップ3はここ数戦と同じメンバーに。

第1レグ終了時の上位陣の順位は
1位 マーカス・グロンホルム(BP-フォード)
2位 セバスチャン・ローブ(クロノス-シトロエン)
3位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
4位 マンフレッド・ストール(OMV-プジョー)
5位 クリス・アトキンソン(スバル)
6位 クサビエ・ポンス(クロノス-シトロエン)※
7位 トニ・ガルデマイスター(アストラ-シトロエン)※
8位 ルイス-ペレス・コンパンク(ストバートVK-フォード)
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

スバル勢はクリス・アトキンソンが5位。ペター・ソルベルグはSS4でトップタイムを獲りますが、好不調の差が激しく、しかも午後のステージではミッショントラブルが発生し使えるギアが2速だけとなり総合11位まで後退。
シュコダ勢はSS1でハリ・ロバンペラがエンジンストップでリタイア。SS2でアンドレアス・アイグナーも電気系トラブルでリタイア。序盤でシュコダは全滅 orz
マンフレッド・ストール(OMV-プジョー)は4位。
トニ・ガルデマイスター(アストラ-シトロエン)はSS5でのパンクの他にミッショントラブルを抱えつつも7位。
ヘニング・ソルベルグ(OMV-プジョー)はSS8でコースオフしレグ撤退し9位に後退。
マシュー・ウィルソン(ストバートVK-フォード)は6位だったものの、すべてのSSを終えサービスに戻る途中のロードセクションでバッテリートラブルでストップ、レグ撤退となり10位に後退。
ダニエル・ソルド(クロノス-シトロエン)はエンジントラブルでSS7でレグ撤退し14位。

PCWRC: アルアティヤー首位(e-wrc.jp)
新井敏弘はSS1のスタートして1.4km地点でコースオフ。スタックしてしまい序盤でレグ撤退に。
PCWRC首位はナッサー・サレ・アルアティヤー。2位の奴田原文雄との差は25秒7。

|

« 珍しい…アレ? | トップページ | 2006WRC第12戦キプロス・ラリー第2レグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/12006552

この記事へのトラックバック一覧です: 2006WRC第12戦キプロス・ラリー第1レグ:

» WRC キプロス DAY1 & グッドウッド [EURO ENGINE]
WRC JAPANのネクスト・ラウンド、キプロスが始まりました。 コース・アウトする人、パンクする人、ギア・トラブルの人、 色々あるけど、ローブには来ない。 不思議ですねー。 で、前回と同じくグロンホルムとの一騎打ち! さて、先日BSフジで グッドウッド・フェステ..... [続きを読む]

受信: 2006/09/24 09:55

« 珍しい…アレ? | トップページ | 2006WRC第12戦キプロス・ラリー第2レグ »