« アッチを半年ぶりに更新 | トップページ | ひろしまバスまつり »

一つの時代の終わり

ミハエル・シューマッハがイタリアGPで優勝!そして今季限りで引退することを表明しましたね。
TVで見ていて、なんか「引退前提」で実況してないか?と思っていましたが(笑
そしてクビサの3位表彰台がスルーされているような気が(汗

TV中継の最後に、引退を表明するミハエル・シューマッハが映っていたわけですが、
画面左側には来季からミハエルに代わってフェラーリのドライバーとなるキミ・ライコネン。
画面右側にはデビュー3戦目で3位表彰台を成し遂げたロバート・クビサというのが。
今季残り3戦でミハエルと1位アロンソのポイント差は僅かに2p。ミハエルが有終の美を飾るのか、アロンソが引導を渡すのかというのが注目の的でしょうけど、来季がどうなるのかというのに興味があったり。
キミが新たな帝王になるのか、それともアロンソやクビサ、マッサやロズベルグなどとの大戦国時代になるのか?

|

« アッチを半年ぶりに更新 | トップページ | ひろしまバスまつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/11857433

この記事へのトラックバック一覧です: 一つの時代の終わり:

» 事実は小説より奇なり [郷秋の独り言]
 言い古され今どき流行りもしない、そんな言葉しか思い浮かばないモンツァのレースであった。もし、ミヒャエルが優勝できなかったとしたら、自分の後を継ぐ男が隣なりにいなかったら、あれ程までに淡々と、自らの身の処し方をまるで他の誰かのことでも話すように伝えることはできなかったことだろ。  モンツァはまさにミヒャエルの引退表明のために仕組まれたレースであった。1000分の2秒差のライッコネンのポールポジ... [続きを読む]

受信: 2006/09/11 22:34

» 皇帝のいない九月 [しっとう?岩田亜矢那]
ここに古ぼけた一冊の雑誌がある。 「GORO」 開いたページに載っている記事はF3マカオGP ミカ・ハッキネンとミヒャエル・シューマッハーが死闘を繰り広げた、あの伝説のレースだ。 そのハッキネンはとうの昔にF1サーカスからリタイアしている...... [続きを読む]

受信: 2006/09/12 06:36

« アッチを半年ぶりに更新 | トップページ | ひろしまバスまつり »