« 2006WRC第12戦キプロス・ラリー第3レグ | トップページ | 給油記録(2006/9/27) »

燃料電池車はやっぱり高いのね

次世代燃料電池車「FCX コンセプト」の走行を公開(HONDA)
ホンダの次世代燃料電池車「FCXコンセプト」、2008年限定販売(webCG)
ホンダ、燃料電池車「FCXコンセプト」発売へ 2008年(Response)
次世代燃料電池車、ホンダFCXコンセプトが走行(ホビダス・オート)

燃料電池車の他にもエタノール混合燃料車新型VTECとかもありますがパス!(ォ
「Tier II Bin5」適合ディーゼルについてはP307HDiさんが詳しいので丸投げっ!(コラ

燃料電池車というとホンダ FCXトヨタ FCHVが現在路上を走行していますが、「市販車」とは云えリースのみで、仮に販売したら数億円はするという代物。

今回のFCXコンセプトをベースに開発中の新型燃料電池車を2008年に日米で限定販売するとのことですが、車両原価が「年20台から30台の生産規模で1億円を相当割り込むレベルになった」という位なので、やはり公的機関や企業にリースなんでしょうかね。
       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)
     ノヽノヽ
       くく
いっそのこと超高級車として売ればいいんジャマイカ?
ブガッティ・ヴェイロンなんて300台限定で1億7700万円もするぞ?
フェラーリFXXなんて29台限定で2億円するし、公道走れないし、オーナー=テストドライバーだし、お付きの者が付いてくるし(違

この手のクルマ(水素エンジン車とか)を一般の人にリースした例ってあるんですかね??

|

« 2006WRC第12戦キプロス・ラリー第3レグ | トップページ | 給油記録(2006/9/27) »

コメント

価格はともかく、走行効率65%はエライですね。水素の燃料効率が50%としても総合効率で30%超えるわけですから、効率では実走行でディーゼルハイブリッドと勝負できるレベルでしょう。
逆に言えばそのぐらいの走行効率がないと水素で走る車は意味がないとも・・・

投稿: P307HDi | 2006/09/26 03:13

効率が上がってきているとはいえ現状では水素供給の問題がありますからね。でも20~30年はハイブリッドやディーゼルで乗り切るとしても、その先のことを考えればこの手の研究は必須ですからね。

投稿: 奇妙な青 | 2006/09/27 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/12040379

この記事へのトラックバック一覧です: 燃料電池車はやっぱり高いのね:

» ホンダ、燃料電池車「FCXコンセプト」発売へ。2008年。 [Shining News]
livedoor カーライフ +抜粋+  ホンダは25日、開発中の新型燃料電池車『FCXコンセプト』の走行をメディア関係者に公開するとともに、2008年に日米で限定販売を始めると発表した。 ... [続きを読む]

受信: 2006/09/26 07:48

« 2006WRC第12戦キプロス・ラリー第3レグ | トップページ | 給油記録(2006/9/27) »