« 給油記録(2006/10/26) | トップページ | どこのシールだ!? »

2006WRC第14戦ラリー・オーストラリア第1レグ

Leg1 Report(SUBARU)
オーストラリア: レグ1レポート(e-wrc.jp)
Hirvonen leads after day of dramas(RALLY-LIVE.com)
WRC:Rd.14 豪ラリー第1レグ結果(10/27)(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
WRCオーストラリア、レグ1でフォードのヒルボネンが1位。2位にスバルのソルベルグがつける(AUTOSPORT WEB)※要登録

大荒れの展開となったラリー・オーストラリア。ボールベアリングロードと呼ばれる小石の敷き詰められた滑りやすい路面がドライバー達を苦しめる!

SS1・2と連続トップタイムを獲って首位に立ったマーカス・グロンホルム(BP-フォード)。ところがSS3、スタートして5km地点で石にヒットして横転!9mコースオフして各所にダメージを受けつつもコース復帰したものの11分も遅れをとってしまいました。
SS3でトップタイムを獲って首位に立ったのは地元オーストラリア出身のクリス・アトキンソン(スバル)!続くSS4・5でもトップタイムをマーク。ところがSS6でコースオフしてレグ撤退。
SS6・7でトップタイムを獲って首位に立ったペター・ソルベルグ(スバル)。ところがSS9で前走が巻き上げたダストが視界を遮ったため40秒ものタイムロスを喫し、2位に後退。
このレグを首位で終えたのはミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)!

第1レグ終了時の上位陣の順位は
1位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
2位 ペター・ソルベルグ(スバル)
3位 クサビエ・ポンス(クロノス-シトロエン)
4位 マンフレッド・ストール(OMV-プジョー)
5位 ディーン・ヘリッジ(スバル)※
6位 新井敏弘(スバル)※
7位 ミルコ・バルダッチ(三菱)※
8位 アキ・テイスコネン(スバル)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

マーカス・グロンホルムはSS8~10でトップタイムを獲って追い上げ中ですが首位から12分4秒8遅れの総合18位。
今ラリーで久々にノミネートドライバーとなったクサビエ・ポンス(クロノス-シトロエン)は堅実に走って3位。
昨年の同ラリーで3位表彰台のマンフレッド・ストール(OMV-プジョー)SS11でトップタイムを獲るなどして4位。

…で、上記の順位を見ると5位以下がPCWRC勢になっていますが、このレグを完走したWRカーはたったの5台!
SS3でダニエル・ソルド(クロノス-シトロエン)がギヤトラブルでレグ撤退、マシュー・ウィルソン(ストバートVK-フォード)が石にヒットして右前輪を失ってレグ撤退。
SS4ではルイス-ペレス・コンパンク(ストバートVK-フォード)が転倒してレグ撤退。
SS6ではヘニング・ソルベルグ(OMV-プジョー)が転倒してレグ撤退。


PCWRC: レグ1レポート(e-wrc.jp)

PCWRC首位は地元オーストラリア出身のディーン・ヘリッジ。総合でも5位。
2位は新井敏弘で首位との差は僅かに3秒3。
3位はミルコ・バルダッチで2位との差は13秒5。
4位はアキ・テイスコネンで3位との差は僅かに1秒2。
5位はヤリ-マティ・ラトバラで3位との差は僅かに5秒4で、首位のへリッジからは23秒4と混戦模様。
現在PCWRCランキング2位の奴田原文雄は首位から1分44秒7差の7位。

|

« 給油記録(2006/10/26) | トップページ | どこのシールだ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/12454431

この記事へのトラックバック一覧です: 2006WRC第14戦ラリー・オーストラリア第1レグ:

» ラリー・オーストラリア/レグ1でフォードのヒルボネンが1位、2位にスバルのソルベルグ [Motohiroの本音トーク]
大荒れのレグ1、木曜の晩に行われた2本のスーパーSSで開幕したラリー・オーストラリアは、金曜日からパース周辺のグラベルロードで本格的に競技がスタート。まず最初はフォードのマーカス・グロンホルム、スタート後間もなくして転倒、約9分タイムをロスして最下位に順位を落としてしまいました。続いてダニエル・ソルドがギヤボックスのトラブルで停止、さらにマシュー・ウイルソンも足まわりを破損してストップ。これに反して、スバルの2台は好調なスタートを切りました。 とくに地元オーストラリア出身のクリス・アトキンソン... [続きを読む]

受信: 2006/10/28 08:46

» 【ラリーオーストラリア】マーカス転倒! [碧き流星]
昨日のよりスタートした、WRC(世界ラリー選手権)第14戦オーストラリアですが、いきなり波乱がおきました。なんと今日最初のSS3にてマーカス・グロンホルムが転倒。リタイアは免れたものの10分以上のタイムロス。ドライバーズチャンピオンの逆転の望みが絶望的になってしまいました。 SS3では、アトキンソンがベストタイム、ペターがセカンドタイム、ミッコが3rd SS4もアトキンソンがベスト、ミッコが2nd... [続きを読む]

受信: 2006/10/31 15:18

« 給油記録(2006/10/26) | トップページ | どこのシールだ!? »