« どこのシールだ!? | トップページ | SUBARUお客様感謝デイ »

2006WRC第14戦ラリー・オーストラリア第2レグ

Leg2 Report(SUBARU)
オーストラリア: レグ2レポート(e-wrc.jp)
Finns on a mission in Australia(RALLY-LIVE.com)
WRC:Rd.14 豪ラリー第2レグ結果(10/28)(@niftyモータースポーツ・フォーラム)
WRCオーストラリア、レグ2もフォードのヒルボネンが首位をキープ。2位のソルベルグは差を広げられる。(AUTOSPORT WEB)※要登録

SS13~14・16でミッコ・ヒルボネンが、SS14~15でマーカス・グロンホルムがトップタイムを獲るなどBP-フォード勢は好調。もっともマーカスは第1レグでの大幅なタイムロスがありますが。
午後に入ってSS17でペター・ソルベルグ(スバル)がトップタイムを獲るものの、続くSS18ではマーカスが、SS19ではヒルボネンがトップタイム。首位のヒルボネンと2位のペターの差は32秒3に開く!

第2レグ終了時の上位陣の順位は
1位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
2位 ペター・ソルベルグ(スバル)
3位 マンフレッド・ストール(OMV-プジョー)
4位 クサビエ・ポンス(クロノス-シトロエン)
5位 マルコス・リガト(三菱)※
6位 ヤリ-マティ・ラトバラ(スバル)※
7位 マーカス・グロンホルム(BP-フォード)
8位 アキ・テイスコネン(スバル)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

マンフレッド・ストール(OMV-プジョー)はSS13でクサビエ・ポンス(クロノス-シトロエン)を逆転、3位に浮上。3位ストールと4位ポンスの差は20秒1。
マーカス・グロンホルム(BP-フォード)は7位まで浮上。このまま行けばグループN勢を抜いて総合5位まで上がってこれそうですが、ドライバーズタイトルへの望みをつなげるには3位以上でフィニッシュしなければ…。


PCWRC: レグ2レポート(e-wrc.jp)

一方、PCWRCではSS12で新井敏弘がディーン・ヘリッジを抜いて首位に立ったものの、SS17で転倒、6分遅れでこのステージを完走したもののレグ撤退に。
代わって首位に立ったのはこのレグで猛チャージしていたマルコス・リガト。
奴田原文雄は順位がなかなか上がらず6位。

|

« どこのシールだ!? | トップページ | SUBARUお客様感謝デイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/12467197

この記事へのトラックバック一覧です: 2006WRC第14戦ラリー・オーストラリア第2レグ:

» WRC第14戦/ラリー・オーストラリア、ソルベルグは差を広げられるが2位はキープ [Motohiroの本音トーク]
10月28日にレグ2が行われ、初日トップのヒルボネンが安定した成績でトップを堅持しています。スバルのソルベルグは低速コーナーでトラクションがかからず苦労しながらもフルアタックを敢行。とくに大きなミスもなくステージをクリアしていきましたが、トップとの差は若干拡がってしまいました。 ヒルボネンのWRC初優勝か、スバルの今期初優勝か、最終日はこの争いが注目です。また初日出遅れたグロンホルムは7位まで挽回してきており、最終日の結果に逆転チャンプの望みがかかっています。こちらも注目です。 1. M... [続きを読む]

受信: 2006/10/29 08:53

« どこのシールだ!? | トップページ | SUBARUお客様感謝デイ »