« ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーにフォード S-MAX | トップページ | 2006-2007日本カー・オブ・ザ・イヤーにレクサスLS460 »

2006WRC第15戦ラリー・ニュージーランド第2レグ

Leg2 ReportSUBARU
ニュージーランド: レグ2レポートe-wrc.jp
WRC:Rd.15 ニュージーランドラリー第2レグ結果(11/18)@niftyモータースポーツ・フォーラム
WRCニュージーランド、レグ2もフォードがワンツー。グロンホルムが1位、2位はヒルボネン。PWRCの奴田原はリタイア!AUTOSPORT WEB)※要登録

SS6でトップタイムを獲ったのは首位のマーカス・グロンホルム(BP-フォード)。
続くSS7~8でトップタイムを獲ったのは、タイヤチョイスに成功したクリス・アトキンソン(スバル)!
が、SS9で石にヒットしてコースオフ、復帰することが出来ずにレグ撤退に。
SS9・11でマーカスが、SS10でミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)がトップタイムを獲って、3位以下を引き離し、マニュファクチャラータイトル獲得に大きく前進しました。

第1レグ終了時の上位陣の順位は
1位 マーカス・グロンホルム(BP-フォード)
2位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
3位 マンフレッド・ストール(OMV-プジョー)
4位 ダニエル・ソルド(クロノス-シトロエン)
5位 クサビエ・ポンス(クロノス-シトロエン)
6位 ペター・ソルベルグ(スバル)
7位 ルイス-ペレス・コンパンク(ストバートVK-フォード)
8位 ヤリ-マティ・ラトバラ(スバル)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

OMV-プジョー勢は、マンフレッド・ストールが午後のステージで逆転して3位に浮上。ヘニング・ソルベルグはSS10で転倒して総合14位。
クロノス-シトロエン勢は、ダニエル・ソルドが4位に落ち、クサビエ・ポンスは5位をキープ。
ペター・ソルベルグ(スバル)は午前のステージで左フロントのドライブシャフト破損などがあったものの、午後には挽回し6位をキープ。
ヴァレンティーノ・ロッシは総合13位まで浮上。


Leg2 ReportSUBARU

ランキング2位の奴田原文雄がSS8でコースオフしてクラッシュ!レグ撤退に!
ランキングトップのナッサー・サレ・アルアティヤーは4位なので、このまま走りきればPCWRCタイトル決定か!?

|

« ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーにフォード S-MAX | トップページ | 2006-2007日本カー・オブ・ザ・イヤーにレクサスLS460 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/12734670

この記事へのトラックバック一覧です: 2006WRC第15戦ラリー・ニュージーランド第2レグ:

« ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーにフォード S-MAX | トップページ | 2006-2007日本カー・オブ・ザ・イヤーにレクサスLS460 »