« ついにNHKでも! | トップページ | 2007年のWRCに向けて(その3) »

ちょっとだけよ

これっきり?

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

もうちょっと他の項目も見せてくれてもエエやんか~。

|

« ついにNHKでも! | トップページ | 2007年のWRCに向けて(その3) »

コメント

m9(^Д^)プギャーーーッ  こんな誤差を偉そうにwww

ワタスなら、
ROMをちょちょいと触れば100ppmを0ppmに簡単に出来ますが何か?
つうか、そんなことせんでも負圧ホースをチョッとイジれば
簡単に弄れるくらい整備屋ならだれでも(ry

投稿: ちゅーにんぐふぁん | 2006/12/23 00:57

 えぇ~!コレって「誤差」ぢゃないんですかぁ~?(疑)
 そして、シロートな疑問…。

「細分化された酸素分子」

 って何なんでしょう?
 分子は分子でしょう…ってか、それから変成したら、酸素以外のモノになる気がするんですが…まぁ、ワタシは文系ですんで知らない世界があるのかもしれませんが…(^-^;

 しかし、結果…んなコトいったら、CO2も増えてるから、コレも「エアブラスターNEO」効果?ってコトになりません???(核爆)

 ってか、ちゅーにんぐふぁんさんが既に端的に突っ込まれてますね(笑)プロならすぐに分かる数字のマジック…。
 ってことは、もっと詳細を見せちゃうと更に突っ込まれるコト必定!ってコトかな?

投稿: ながみ@GF8C | 2006/12/23 07:35

>>ちゅーにんぐふぁんさん
素人はチョロいと思われているんでしょうね。
世の中にはバイク屋やディーラーに「私のにエンジンブレーキ付けてください!ヽ(;´Д`)ノ 」って云う人がいるぐらいですから、自分が運転している物がどういう物か理解していない人は結構いるのでしょうね。
そういえば朝日超渇きさんが作られたグループに入られたんですね。どんどん検証やっちゃってください!>「オカルトを科学する m9(・∀・)ビシッ!!」


>>ながみ@GF8Cさん
>CO2も増えてる
ちゃんと燃焼しているからCO2が増えているでいいと思いますよ、そこは。
ただデータがコレだけなので意味がないw
しかもアイドリング時だけの測定結果だし。

あ、あれだ。
もっと見たければ追加料金を払う必要があるのかもしれないw

投稿: 奇妙な青 | 2006/12/23 11:16

 アイドリング時だけ…ゼンゼン実情に即してないデータなんですね…せめて、一般走行を想定した状況のもとってくれればまだマシなんでしょうけど…。

>「オカルトを科学する m9(・∀・)ビシッ!!」
 ワタシも入って聞いてみたいモノがあるんですけどねぇ…お友達登録してるヒトが、人柱?で募っちゃってるんで、リンク辿られて、気分悪くされるとアレかなぁ…と思っちゃって躊躇ちう…。

#ご存知かと思いますが、青春指南役さんのトコロでもやはり募られている、「あの」マフラーです→http://www.fb-lead.com/index2.html
 作ってるのはこのヒトみたいですね→http://minkara.carview.co.jp/userid/145287/profile/

 昔?は方式は違えど、レガシィとかも可変排気マフラーとかを装備してましたけど、今は無くなってますモンね。

 そもそも、マフラー交換「ダケ」で燃費、パワーが目に見えて向上するとは思えないんですけど…テストした燃費計測も、独自の?「2,5(ニーゴー)モード」とかになっちゃってて、いまいち信用が置けないような…自信があるのなら、比較しやすい10.15モードで計測やったって、『同じように燃費が向上する』と思うんですがねぇ…。

 まぁ、カタチがちょっと変わってて、見た目「いかにも!」って感はあると思いますが…。そのカネがあったら、ワタシは補強バーをいくつか買うだろうなぁ(笑)

投稿: ながみ@GF8C | 2006/12/23 22:11

>>ながみ@GF8Cさん
バイクだと中低速トルクアップのためにEXUPとかの排気デバイスが付いているのがありますが。
後付けの可変排気マフラーですか…。市販状態でブースト圧高めのEJ20でやるんですかコレ?人柱の報告待ちで良いんじゃないですか?長期間の使用でどうなるかに興味はあります。

投稿: 奇妙な青 | 2006/12/23 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/13164473

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとだけよ:

« ついにNHKでも! | トップページ | 2007年のWRCに向けて(その3) »