« インプレッサおよびフォレスターのリコールについて | トップページ | 2008年以降のWRCコントロールタイヤが… »

新型ジャスティは…

写真はDAIHATSU SIRION SX

今秋より欧州市場に新型小型乗用車を投入~ダイハツとのOEM契約を締結~SUBARU
スバル富士重へダイハツからOEM供給 欧州向け小型車Response
ダイハツがブーンをスバルにOEM、欧州で今秋発売ホビダス・オート

かねてからの噂通り、新型のジャスティはダイハツブーンのOEM供給を受けることになりました。
今までのG3Xジャスティに替わって今年秋から欧州で販売されるわけですが、MTはあるのか?4WDは?という話がありましたが、X4でなくとも海外で「Sirion」の名前で売られている輸出モデルの中には1.3Lの4WDで5MTのモデルがあります。年間6000台供給される予定ですが、その中にそういうモデルも含まれるのかどうかは記載されていないので不明ですが。CO2削減と言うことであれば1.0Lの2WD5MTモデルが一番少なく(118g/km)、1.3Lの4WD5MTが148g/km、4ATになると159g/kmになりますからね。

で、国内市場はどうするの?>スバル

|

« インプレッサおよびフォレスターのリコールについて | トップページ | 2008年以降のWRCコントロールタイヤが… »

コメント

某誌にはトヨタとの合作でBセグ車を作るようなことが書かれていましたが、ブーンはそれまでのつなぎって事なんでしょうか?
もっとも、某誌の情報自体が怪しいのですが・・・。
国内市場は同じ車が3種も存在しては勝負にならないので、しばらくは様子見じゃないでしょうか? 出来ることなら新型インプの1.5L NAを売りたいだろうし。

投稿: DeepSky | 2007/02/27 00:42

これに1000ccぐらいでコンパクトな水平対向2気筒のエンジンでも載ったら、スバルオーナーのセカンドカー的要素になるか!?

なんて言っても、富士重の体力がねぇ(´・ω・`)ショボーン

投稿: とも | 2007/02/27 12:42

 欧州市場はやはり小排気量モデルもラインナップしないといけないですしねぇ…メーカーごとでのCO2排出量で規制されるようですし。
 国内は…どうするのかな???
 かつてのEK23の様にシリンダー数増やして排気量アップ…はENでは恐らく無理でしょうしねぇ…。

 いっそのこと、ボアアップで対応しやすいであろう水平対向の軽サイズエンジンを作って、マルチシリンダー化…は無理だろうな(汁)

>同じクルマ3種
 商用車だと…ボンゴ=バネット=デリカカーゴ…とか、アトは軽自動車のアルト=キャロル=ピノ、ですかねぇ。
 ただ、やたらめったらOEMされちゃうと、ますますクルマが「白モノ家電化」→「新車市場が更に縮小」ってなりそうな予感も…(T_T)

投稿: ながみ@GF8C | 2007/02/27 19:55

>>DeepSkyさん
>同じ車が3種
ADバン=レオーネバン=ファミリアバンとか?(ォ

それはともかく初代ジャスティはレックス幅広くしただけなので、それに倣って「R2ワイド」作ればいいんジャマイカ?(コラ
「うぅっ、ヴィッツのシャシー( ゚д゚)ホスィ…」とか思っていたら面白いけど>スバルの中の人。


>>ともさん
>コンパクトな水平対向2気筒
それ何てパブリカ?(ォ
それ何て2CV?(マテ
それ以前に「1000ccぐらい」で「水平対向2気筒」で、BMWのバイク想像しましたが(笑


>>ながみ@GF8Cさん
>やたらめったらOEM
ゴーンの会社のことかー!w

投稿: 奇妙な青 | 2007/02/27 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/14061164

この記事へのトラックバック一覧です: 新型ジャスティは…:

« インプレッサおよびフォレスターのリコールについて | トップページ | 2008年以降のWRCコントロールタイヤが… »