« 207並行輸入車 | トップページ | ウホッ! いい車… »

2007WRC第4戦ラリー・メキシコ第2レグ

Leg2 ReportSUBARU
Loeb takes Leg Two in MexicoRALLY-LIVE.com
WRC:Rd.4メキシコラリー第2レグ結果(3/10)@niftyモータースポーツ・フォーラム
WRC第4戦メキシコ、レグ2もローブが首位を堅持。2位にはグロンホルムが浮上AUTOSPORT WEB)※要登録

首位のセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)がSS9・10・12・14でトップタイムを獲って逃げ切ろうとするが、第1レグで砂掃き役になって出遅れたマーカス・グロンホルム(BP-フォード)がSS11・13でトップタイムを獲って2位に浮上。しかしローブとマーカスには1分もの差が。

第2レグ終了時の上位陣の順位は
1位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
2位 マーカス・グロンホルム(BP-フォード)
3位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
4位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
5位 クリス・アトキンソン(スバル)
6位 マンフレッド・ストール(OMV-クロノス-シトロエン)
7位 ヤリ-マティ・ラトバラ(ストバード-フォード)
8位 マシュー・ウィルソン(ストバード-フォード)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

3位のダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)と4位のミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)の差は2秒8。ミッコと5位のクリス・アトキンソン(スバル)との差は9秒7。ポディウム争いは最後までもつれそう。


Leg2 ReportSUBARU
PWRC第2戦ラリー・メキシコ第2レグ三菱自動車

PWRCの方は首位がランエボIXを駆るマーク・ヒギンス。インプレッサを駆るミルコ・バルダッチは一時逆転して首位に立ったもののSS14でパンクのため4位に後退。
新井敏弘は2位に浮上。しかし首位とは1分31秒3差。
奴田原文雄は駆動系のトラブルで6位に後退。
トラヴィス・パストラーナは5位に浮上。

|

« 207並行輸入車 | トップページ | ウホッ! いい車… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/14227504

この記事へのトラックバック一覧です: 2007WRC第4戦ラリー・メキシコ第2レグ:

« 207並行輸入車 | トップページ | ウホッ! いい車… »