« これでは脆すぎる | トップページ | S-GT? »

バイオガソリン以外の選択肢はないの?

バイオエタノール増産の影響で、トウモロコシの値段が高騰してメキシコで抗議デモが起きたり(参考:日テレNEWS24)、大麦を栽培していた農家が菜種などに転作したために欧州ではビール値上げの動きが出ていたり(参考:フジサンケイ ビジネスアイ)、果物を栽培していた農家がサトウキビに転作したために果汁100%ジュースが値上げしたり(参考:日経BP)、穀物相場の上昇に伴う食用油の高騰を受けてマヨネーズが値上げになる(参考:キューピー)など、食生活に対する脅威が増している今日この頃。

バイオガソリン等の問題点に関しては、「Drive On the Earth」さんや「PEUGEOT 307 HDi」さんが詳しいので、是非みなさんには読んでいただくとして(丸投げかよw)、それらとはちょっと違った視点で気になった記事が。

バイオ燃料対応車の保安基準を改正へ 夏以降に走行試験朝日新聞

現行法ではエタノールの直接混合が3%までOKになっているのですが、2020年頃にE10(10%混合)を導入して2030年にはガソリン全量をE10に置き換える計画のようで、それに合わせた保安基準に改正しようという話のようです。
つまり将来ガソリンはエタノール混合の物しか販売されなくなり、しかも現在のクルマで問題が出ない(とされている)混合率3%から、より高濃度の10%に引き上げた物しか手に入らなくなるということでしょう。

そうなった場合、今までのクルマはどうなるのでしょうか?
添加剤で何とかなるのでしょうか?燃料系統を総交換でしょうか?アルミエンジンやロータリーは?
それともE10に対応できないクルマは全部廃棄しろってことなんですかねぇ~?

それにそれに見合うだけの量のエタノールをどこから調達するつもりでしょうか。

バイオエタノールが注目される理由の一つとしてCO2(二酸化炭素)削減があります。植物を原材料としているので、植物がCO2を吸収することから、その植物(及び生成物)を燃やしてもCO2の増減とは関係無しとするカーボンニュートラルという考えがあります。
個人的には小手先だけで誤魔化している印象がありますし、バイオエタノールを生産するために熱帯雨林を畑に替えるのは本末転倒と思っています。
そもそもエタノール生産するときにCO2は全く発生していないのか?という疑問が。

なんか税金が投入されるみたいですが、将来のことを考えてなのか、アメリカ追従しているだけなのか、単なる利権の争いなのかがアフォな私には理解できません!
(・∀・)アヒャ!!

CO2の削減は重要なのですが、目先にとらわれすぎてはいけないと思います。CO2そのものの削減に、何か良いアイデアないですかね~?燃料電池の実用化ってあとどれぐらい??

|

« これでは脆すぎる | トップページ | S-GT? »

コメント

バイオガソリンネタに乗り遅れてます。(汗)
”石油業界や環境省などは20年ごろから導入、30年にガソリン全量の「E10」化を目指す”と言う事ですから、少なくとも、あと10年は猶予があるから、それまでに対応車種を販売し、現行車を切り替えていくのでしょうね。
それでも現行車を乗り続けたい人には改造推奨、もしくは、ものすごく高い値段で従来ガソリンを供給して、買い換えるように圧力掛けるんでしょうねー。

投稿: DeepSky | 2007/05/12 21:13

燃料電池自動車に関しては、最低限、触媒の白金を高効率(低エネルギー)でリサイクルするシステムを構築しないと、製造時エネルギーが高すぎて、LCAで見ると現行の軽自動車よりCO2排出量が多くなるそうです。

今までいろいろ調べましてきましたが、結局のところ、地味な低燃費技術の積み重ねこそがもっとも効果的・・・な気がします。

投稿: P307HDi | 2007/05/12 21:20

 以前ワタシもチラッとネタにしましたが(http://minkara.carview.co.jp/userid/193663/blog/4640660/)確かにお書きの通り、エタノール生産の際のCO2発生量まで加味した上で比較しているのか…という点で、かなり疑問を感じます。
 エコ…がブームになってる面もあるのかも…という気も。
 エタノールの原料を作るために食糧事情に影響する…ってのはいびつな構図…ですよねぇ(^-^;

 ネタを書くときに、色々検索したんですが、結局E3を現行車種に入れた際の影響…に関しての情報は見つけ切れませんでした…非常に気になるんですけどねぇ…。

>白金のリサイクル
 某国の資源がぶ飲み…のための高騰の影響?なのか、動き出した…というカンジなのでしょうか…↓
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=154909&lindID=4

投稿: ながみ@GF8C | 2007/05/12 22:19

>>DeepSkyさん
最近はオルゴールネタで楽しませていただいております。
>それでも現行車を乗り続けたい人には
有鉛→無鉛ガソリンの時と違って、エンジンだけでなく燃料系(給油口からタンク、パイプにポンプなど)も対応していないとマズそうに思えるんですよね。ガイアックスの時にその腐食性が問題になった訳なので。


>>P307HDiさん
いつも勉強させていただいております。m(__)m
電気自動車もそうなのですが、「アチラを立てればコチラが立たず」なんですよね(EVその物はCO2出さないかも知れないけど充電する為の電力は何処で作られているか?)。
どこかのメーカーはハイブリッド高級化路線を突き進んでいて「これじゃエコじゃなくてエゴ」って言いたくなります。「2020年にはハイブリッドを標準装備に」とか言っているようですが。


>>ながみ@GF8Cさん
>某国の資源がぶ飲み
その辺が無頓着としか思えない国が西と東にありますな…。
うち一国は危険物垂れ流して絶賛環境破壊中だし(汗

投稿: 奇妙な青 | 2007/05/13 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/15044872

この記事へのトラックバック一覧です: バイオガソリン以外の選択肢はないの?:

« これでは脆すぎる | トップページ | S-GT? »