« これも輸出するの~? | トップページ | Bikini Car Wash »

パイクスピーク2007

画像はプラクティス時のものですResultPPIHC
パイクスピークヒルクライム2007スズキスポーツ

第85回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムのアンリミテッド部門にスズキスポーツXL7ヒルクライムスペシャルでエントリーした「モンスター田嶋」こと田嶋伸博選手が、昨年に続き総合優勝!また今回は悪天候だった昨年と違ってフルコースを走り、そのタイムは1994年にロッド・ミレンがトヨタ・セリカで叩き出した10分4秒85のコースレコードを更新する10分1秒408を出したとのことです。
おめでとうございます!
次の目標は「10分の壁を破ること!」だそうです。

ちなみに(一応)ベース車のXL7とは、グランドエスクードの後継車種で、日本国内では販売されていません。生産はカナダのCAMI社で行っていますが、エンジンはスズキの相良工場製だそうです。

|

« これも輸出するの~? | トップページ | Bikini Car Wash »

コメント

 相変わらずスゴイですねぇ…(^-^;

 現役ドライバーもしつつ、スズキスポーツやモンスターインターナショナルで監督うやクルマの開発とかもされているのでしょうから…(驚)

 しかもまだまだ上を狙う!と宣言されているあたり…まさに「モンスター」だ…(^-^;
 何はともあれ…スゴイです!コースレコード樹立おめでとうございますっ!

投稿: ながみ@GF8C | 2007/07/22 22:16

>>ながみ@GF8Cさん
スズキスポーツは社長だけではなくて、専務も一応現役ですよ!?

>まさに「モンスター」だ
特に首から上(通信途絶

投稿: 奇妙な青 | 2007/07/22 22:22

まずは祝 コースレコード樹立!

モンスターは頑張ってますねえ。相変わらずヒルクライムに挑戦しているなんてすごいなあ・・・。
過去の車でインパクトがあったのはツインエンジンカルタス。
2つのエンジンでそれぞれ前後輪をドライブしてましたが、サーキットでのテスト走行で、4輪を盛大にホイールスピンさせながら加速していくのが圧巻でした。
結局、エンジンの協調の問題とか、信頼性、重さがネックで、翌年にはシングルエンジンのエスクードにバトンタッチしましたが、最後の最後でバーストして、記録に届かず非常に悔しがってたのが印象的でした。
以降もこうしてチャレンジし続け、コースレコードを樹立したのは素晴らしい! 10分の壁を破るまで頑張って欲しいです。

投稿: DeepSky | 2007/07/22 23:40

 あ!専務って…粟津原さんでしたっけ???確かアルトワークスを駆って全日本ラリーのクラス常勝の常連だった…ような?>あまり追っかけてなかったので、詳しくは知らないのですが…(滝汗)

>ツインンジン
 結構使ってた期間…は長かったんではなかったですっけ?
 スズキが大排気量エンジンを持っていないから…だったらしいですが、最初は1300ccの2機掛けでしたが、最終的には1600cc…になったような…と思ってちょっと検索したら、2000ccの2機掛け…になってたんですね(^-^;↓
http://www.suzuki.co.jp/dom4/motor/00/pikes/cultus.htm
 しかもターボ過給してたって…(汁)

 どの時期だったか…失念したんですが、立ち読みしたベストカー誌で、F1マシンと0-400対決やってて、ギヤレシオが、パイクス仕様のままだったので、早々に吹けきっちゃって…で結果は負けましたが、ギヤレシオをちゃんと合わせたら、多分勝てただろう…的なコメントがあったような…。
 それと、シフトチェンジするたびに「加速中なのにホイールスピン」してた…とかあった気がします…。

>モンスター
 首から(以下自粛)って(笑)
 っつか、体格…もかなりゴツイらしいですね…確か上述のベストカ誌ーの記事で「プロレスラー並み」と比喩されて多様な記憶が…(汁)

投稿: ながみ@GF8C | 2007/07/23 00:23

>ツインエンジン
たぶん私が見たのは最終型のターボ過給モデルだと思います。
当時録画したビデオが、どこかに有ったハズなんですが見つからなくて。。。
あれだけパワーがあると、コーナーでのコントロールがかえって難しいような気がするんですけど・・・。
これだけのマシンでもトヨタ・セリカでコースレコードを出したロッド・ミレンの記録を破れないんですから、相当速かったんですね。

投稿: DeepSky | 2007/07/23 00:57

 こちら↓
http://www.ppihc.com/content.aspx?tabid=2&contentid=252
 で今年のドライバー…を拝見しますと、アンリミテッドクラスは田嶋選手しかエントリーがなかったんですね…ロッド・ミレン選手…は今いずこに???

 ちょいと古いヤツ…のようですが、こちら↓
http://www.geocities.jp/itijiku40/pike/pike.htm
 拝見しますと…'96の時点でパイクスセリカは1000馬力オーバーって…(汁)
 今年のXL7…コチラ拝見しますと↓
http://response.jp/issue/2007/0722/article97167_1.html
 1007馬力…だんだんと空気が薄くなる状況で…というのはあるのでしょうが、一歩間違えば転落…の危険があるだけに、サスペンションとか全体のセッティング…もかなり煮詰められているのでしょうねぇ…(凄)

投稿: ながみ@GF8C | 2007/07/23 20:42

>>DeepSkyさん
>ツインエンジンカルタス
元々はダートラ車両だったんですよね。
ラリーでGr.Bや幻のGr.Sを云々する人いますが、それどころじゃないヒルクライムのアンリミテッドやダートラのD車両って…(滝汗


>>ながみ@GF8Cさん
>ロッド・ミレン選手
息子のリース・ミレン選手がTime Attack 2wd部門にポンティアック・ソルティスで参戦していますよ。
ちなみにリース・ミレン選手はプロドリフターでもあります…。

投稿: 奇妙な青 | 2007/07/23 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/15846934

この記事へのトラックバック一覧です: パイクスピーク2007:

« これも輸出するの~? | トップページ | Bikini Car Wash »