« 単なる愚痴 | トップページ | 911GT3 vs オランダ警察 »

2007WRC第11戦ラリー・ニュージーランド第1レグ

Leg1 ReportSUBARU
Advantage: Marcus GrönholmRALLY-LIVE.com
WRC第11戦ニュージーランド、フォードのグロンホルムがレグ1をリードAUTOSPORT WEB)※要登録

ターマックではローブ&C4が速い。しかしグラベルではマーカス&フォーカスの方が速い。

SS1・2とマーカス・グロンホルム(BP-フォード)がトップタイムを獲って、2位のセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)との差を14秒8とするが、ローブもSS3・4でトップタイム。しかしその2つのSSともセカンドタイムのマーカスは、それぞれ0.6秒・0.7秒しか差が無く、レグ1終了時点でのマーカスとローブの差は13秒。
3位はミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)だが、2位のローブとの差は既に36秒2。

第1レグ終了時の上位陣の順位は
1位 マーカス・グロンホルム(BP-フォード)
2位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
3位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
4位 クリス・アトキンソン(スバル)
5位 ヤリ-マティ・ラトバラ(ストバード-フォード)
6位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
7位 ペター・ソルベルグ(スバル)
8位 ヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)

4位にはSS5でトップタイムを獲ったクリス・アトキンソン(スバル)。とはいえ攻めきれない様子。
7位のペター・ソルベルグ(スバル)は以前と同じくハンドリングの悪化を訴えており、インプレッサWRC2007にはまだまだ問題点がある模様。
チェビー・ポンス(スバル)はSS3でコースオフしてレグ撤退。


SS5 リザルト情報新井敏弘オフィシャルサイト

PWRCの方は首位はランエボを駆るアルミンド・アラウージョ。奴田原文雄は4位。新井敏弘はSS4でパンクのために大きくタイムロスして11位。

|

« 単なる愚痴 | トップページ | 911GT3 vs オランダ警察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/16299221

この記事へのトラックバック一覧です: 2007WRC第11戦ラリー・ニュージーランド第1レグ:

« 単なる愚痴 | トップページ | 911GT3 vs オランダ警察 »