« SUBARUお客様感謝デイ | トップページ | コミケ72(夏コミ)の痛車 »

2007WRC第10戦ラリー・ドイツ第2レグ

Leg2 ReportSUBARU
WRC:Rd.10 ドイツラリー第2レグ結果(8/18)FMotorsports WRC
WRC第10戦ドイツ、シトロエンC4WRCのローブがレグ2で首位に浮上AUTOSPORT WEB)※要登録

SS7でセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)はセカンドタイム。レグ1首位のフランソワ・デュバル(OMV-クロノス-シトロエン)が交差点でコースオフしたりなどで9番手タイムだったことから、ローブが首位に!その後、SS8
・10・13でトップタイムを獲ってローブは2位との差を広げる。
2位はマーカス・グロンホルム(BP-フォード)。トップタイムはSS9のみで、ローブとの差は37秒8。
3位はデュバル。

第2レグ終了時の上位陣の順位は
1位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
2位 マーカス・グロンホルム(BP-フォード)
3位 フランソワ・デュバル(OMV-クロノス-シトロエン)
4位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
5位 ヤン・コペツキー(シュコダ)※
6位 トニ・ガルデマイスター(アストラ-シトロエン)※
7位 ペター・ソルベルグ(スバル)
8位 チェビー・ポンス(スバル)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

SS7・11でトップタイムを獲ったミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)は一時3位を走行するものの、SS10でデュバルに逆転を許す。しかしタイム差は僅かに5秒1。
上位4台から2分近くも話されての5位はファビアWRCを駆るヤン・コペツキー。
アストラ・レーシングのシトロエン・クサラWRCを駆るトニ・ガルデマイスターは6位に後退。
ペター・ソルベルグ(スバル)は問題を抱えながらも7位に浮上。
チェビー・ポンス(スバル)は8位。
クリス・アトキンソン(スバル)はSS12・14でトップタイムを獲って10位まで挽回。
ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)はレグ1SS6でメカニカルトラブルでリタイア。
マンフレッド・ストール(OMV-クロノス-シトロエン)はSS9でメカニカルトラブルでリタイア。


Report of LEG 2スズキスポーツ

JRC(ジュニアラリー選手権)第5戦はシトロエンC2を駆るマーティン・プロコップが首位、ウルモ・アーヴァ(スズキ)が2位で変わらず。
ディフェンディングチャンプのパトリック・サンデル(ルノー)は失格。

|

« SUBARUお客様感謝デイ | トップページ | コミケ72(夏コミ)の痛車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/16166415

この記事へのトラックバック一覧です: 2007WRC第10戦ラリー・ドイツ第2レグ:

« SUBARUお客様感謝デイ | トップページ | コミケ72(夏コミ)の痛車 »