« 2007WRC第11戦ラリー・ニュージーランド第2レグ | トップページ | 2007WRC第11戦ラリー・ニュージーランド第3レグ »

バイオエタノールに興味を持って貰うキッカケぐらいにはなったんじゃない?

最近のディーゼル車のモータースポーツに於ける活躍は目覚ましく、ルマンではアウディR10が2年連続の優勝。しかもプジョー908と優勝争いを繰り広げるという展開に。またWTCCでは先日の第8戦でイワン・ミューラーがドライブするセアト・レオン TDiが初優勝(参考:FMotorsports Kaigai)。また、国内に於いても十勝ではバイオガソリン車より順位が下でしたが無事完走。JOY耐に於いてはアコードがディーゼル車初優勝を遂げる(参考:モビリティランド)と云った成績を上げています。アコード・ディーゼルを走らせたチームはシビック・ハイブリッドを毎年走らせているチームで、今年もシビックを走らせていますが順位は24位。両方ともピットストップの回数は同じ4回なので、同等の燃費で尚かつ速いと云うことになります(ディーゼルの方は燃料がギリギリだったそうですが)。

バイオエタノールやディーゼルが注目を集めるのはCO2(二酸化炭素)の排出を削減するという理由があります。ディーゼルはその効率の良さからガソリンよりも排出するCO2が少ないと云うことがあります。またバイオエタノールはその原料が植物由来であることからカーボンニュートラルという考え方に基づき、CO2の増減には中立であるという事になっています。
しかしバイオエタノールは本当に中立なのか?という話もあるわけで。

エタノールの方がガソリンより環境に悪い?
「エタノールの方がガソリンより環境に悪い?」のかどうか考察してみたGIGAZINE

物事を余りにも単純化しすぎるのも考えもので、一成分だけ取り上げてあーだこーだ言っても仕方がないというか。
ただバイオエタノールには色々と問題があるのは事実で、上記のGIGAZINEの記事中に紹介されている、
石油を上回る自動車燃料は現れるか(07/07/04)日経Ecolomy
や、doe136さんのブログ「Drive On the Earth」のカテゴリー「バイオ燃料」の記事を読むと色々と問題点があるのが分かります。

当面の間、ディーゼルやバイオエタノールで何とかしたいのは分かるのですが…。

|

« 2007WRC第11戦ラリー・ニュージーランド第2レグ | トップページ | 2007WRC第11戦ラリー・ニュージーランド第3レグ »

コメント

最近深く、重~い記事が書けないDeepSkyです。○| ̄|_
バイオ燃料については、各メディアも、ようやく問題点を取りあげ始めたかなー、と思っておりますが、一過性のブームにならなければいいのですが・・・。
こう言う物はトータルバランスが大事な訳で、何でもバイオ燃料にすれば良いという物ではありません。
畑に撒く肥料から、温暖化に繋がるガスが発生するという例もありますし、作物によりバイオ燃料の生産効率も異なるので、単純計算で済む話じゃないと思うんですけどね。
いずれにしても農産物の国内自給率の低い日本では、バイオ燃料は輸入に頼わざるを得ない訳で、国内での生産なんて現状を見る限りかなり難しいんじゃないかなー? って思う今日この頃・・・。

投稿: DeepSky | 2007/09/02 22:30

>>DeepSkyさん
環境や農業のことも含めて考えた記事をP307HDiさんだったらもっとマトモに書けたと思うのですが、私にはこれで一杯一杯でした(汗

投稿: 奇妙な青 | 2007/09/02 23:03

まずは食い物を確保するのが先決だろうに、ねえ。
やっぱり核融合しかない。
ミノフスキー粒子発見するしかない。

投稿: G | 2007/09/03 09:56

 ネガ部分…特に人間と燃料の奪い合い…的なハナシは結構出てくるようになりましたね。
 以前ワタシもチラッとコレ↓
http://minkara.carview.co.jp/userid/193663/blog/4640660/
 でオチャラケ調でネタにしましたが…その際は、カロリー計算とかが主な比較だったようですが、少なくとも食料の奪い合い…はだんだんとひどくなってるみたいですね。
 昨日の日経の1面コラムでちょっと触れられてましたけど、カゴメが5月にオランダのトマトペーストの会社を買収したそうですが↓
http://www.kagome.co.jp/news/2007/070518.html
 理由は「バイオ燃料用作物への転作でトマトの作付けが減り始める中、安全な原料を安定調達するためだ」とのコト。

 エタノールの原料にするために転作したり、酷いのになると…テレビでやってたんですがマレーシアだったかな?BDFを作るために、熱帯雨林を伐採してパームやしを増産する…なんてやってると、まさに「本末転倒」というか、「手段のために目的を忘れる」というか…。
 吸収量から行けば…葉の部分の面積で考えると(乱暴ですが)、吸収量が減るような気がするんですが…。

 まだ何故か今日載ってた、東大のイネを使ったバイオエタノールプロジェクト↓
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/earth/energy/news/07060501.htm
 の方がまだ良い気がします…遊休農地を活用し、かつ水田という特性を生かして、山間部の治水機能を復活させる…とか書かれてましたし。
 コメ余り…が続いている現在の状況であれば、確かに日本モデルになるのかも…と思いますが、コレとて使用量の100%代替できるとは思っていませんが…。

投稿: ながみ@GF8C | 2007/09/03 21:12

>>Gさん
そういえば最近、超電導とか核融合とかあんまり聞かないやね
それはともかく、
>ミノフスキー粒子
宇宙世紀までお待ち下さい(ォ


>>ながみ@GF8Cさん
農業の問題は結構深いものがあります。
○○○○事業なんかは、ちょろ~んと仕事で関わっているので金の使い道を間違っているよなぁ~とは思います。目先ばっかりで将来を見据えていないというか。

投稿: 奇妙な青 | 2007/09/03 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/16322239

この記事へのトラックバック一覧です: バイオエタノールに興味を持って貰うキッカケぐらいにはなったんじゃない?:

« 2007WRC第11戦ラリー・ニュージーランド第2レグ | トップページ | 2007WRC第11戦ラリー・ニュージーランド第3レグ »