« 給油記録(2007/10/13) | トップページ | 今週末もいろいろイベントが »

2007WRC第13戦ツール・ド・コルス第2レグ

Leg2 ReportSUBARU
レグ2スズキWRCチャレンジ
Loeb only four stages away from successRALLY-LIVE.com
WRC:Rd.13 フランスラリー第2レグ結果(10/13)FMotorsports WRC
WRC第13戦コルシカ、シトロエンのローブがレグ2もトップ。スズキは再出走を果たすもエンジントラブルでストップAUTOSPORT WEB)※要登録

この日もセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)は好調。2位のマーカス・グロンホルム(BP-フォード)がプッシュするものの、第2レグ6本のSSのうち5本をローブが獲り、その差を27秒5まで広げる。
3位のダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)はSS10でトップタイムを獲るものの、上位2台には追いつけず、マーカスとの差は33秒1にまで広がる。

第2レグ終了時の上位陣の順位は
1位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
2位 マーカス・グロンホルム(BP-フォード)
3位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
4位 ヤリ-マティ・ラトバラ(ストバード-フォード)
5位 ペター・ソルベルグ(スバル)
6位 クリス・アトキンソン(スバル)
7位 チェビー・ポンス(スバル)※
8位 ヤン・コペツキー(シュコダ)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

4位を走行していたフランソワ・デュバル(OMV-クロノス-シトロエン)は、ブレーキとギアボックスに問題が発生したためにリタイア。
スバル勢はペター・ソルベルグがストバードのヤリ-マティ・ラトバラに抜かれたものの、デュバルのリタイアによって順位は変わらず。またクリス・アトキンソンとチェビー・ポンスは順位が1つ上がりました。
スズキからニコラ・ベルナルディのドライブでテスト参戦のSX4WRCは、SS10走行後のリエゾン区間で燃料のインジェクターにトラブルが発生してストップ。またもやレグ撤退。


Report of LEG 2スズキスポーツ

JRC(ジュニアラリー選手権)第7戦(最終戦)は、首位を走行していたウルモ・アーヴァ(スズキ)がSS8でコースオフしてリタイア。同じSS8でP-G・アンダーソン(スズキ)がパンクのために遅れ5位に後退。
シトロエンC2を駆るマーティン・プロコップが首位に浮上。
なお、前戦までのポイントランキングがウルモ・アーヴァとP-G・アンダーソンが38pでトップ。2位のマーティン・プロコップが28p。P-G・アンダーソンがこれまで3勝しているのに対して、ウルモ・アーヴァとマーティン・プロコップがそれぞれ1勝ずつなので、P-G・アンダーソンのJWRC王座獲得は確定的となりました。

|

« 給油記録(2007/10/13) | トップページ | 今週末もいろいろイベントが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/16757545

この記事へのトラックバック一覧です: 2007WRC第13戦ツール・ド・コルス第2レグ:

« 給油記録(2007/10/13) | トップページ | 今週末もいろいろイベントが »