« エンジンオイル交換(ODO35162km時) | トップページ | 2007WRC第14戦ラリー・ジャパン第3レグ »

2007WRC第14戦ラリー・ジャパン第2レグ

Leg2 ReportSUBARU
An eventful day led by HirvonenRALLY-LIVE.com
WRC:Rd.14 ラリー・ジャパン第2レグ結果(10/27)FMotorsports WRC
波乱のWRCラリージャパン、レグ2トップはヒルボネン。ローブ、ラトバラはレグリタイア!AUTOSPORT WEB)※要登録

第1レグに続き、荒れまくるラリー・ジャパン。
SS12でチェビー・ポンス(スバル)がコースオフしてレグ撤退。
SS13でセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)とヤリ-マティ・ラトバラ(ストバード-フォード)がコースオフしてレグ撤退。
SS19・20でミュンヒス-フォードのフェデリコ・ヴィラグラが連続トップタイムって一瞬なんの冗談かと思ってしまった(ヴィラグラに失礼)。

第2レグ終了時の上位陣の順位は
1位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
2位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
3位 ヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)
4位 ルイス-ペレス・コンパンク(ミュンヒス-フォード)
5位 マシュー・ウイルソン(ストバード-フォード)※
6位 マンフレッド・ストール(OMV-クロノス-シトロエン)
7位 フェデリコ・ヴィラグラ(ミュンヒス-フォード)
8位 田口勝彦(三菱)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

なんか4位以下が(ストールを除いて)普段ならアリエナイ名前がw
ミュンヒス勢+マシューって、何時も10位以下のイメージが(汗
ミュンヒス「金が有ればWRカーに乗れる!」
マシュー「親がチーム代表ならWRカーに乗れる!」
というイメージしか無いのよねん(コラ

復帰したペター・ソルベルグ(スバル)はSS14~16・18でトップタイムを獲ったものの、首位とは25分29秒8差の総合24位。
グループNトップはAPRC(アジア・パシフィックラリー選手権)に参戦中の田口勝彦。総合でも8位に!


Leg2 ReportSUBARU

第1レグ首位だった奴田原文雄がSS14でコースオフしてリタイア!
代わって首位に立ったのはランエボを駆るガブリエル・ポッゾ。
2位はインプレッサを駆る鎌田卓麻で1分42秒5差。
復帰した新井敏弘は首位とは22分15秒4差で12位。


【WRC】ラリージャパン応援フラッグ
【WRC】北愛国サービスパーク
【WRC】オビヒロ3,4スタート前碧き流星

台風が来ているからどうなることやらと思ったけど、碧さんは無事に北海道入りできたみたい。

|

« エンジンオイル交換(ODO35162km時) | トップページ | 2007WRC第14戦ラリー・ジャパン第3レグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/16893288

この記事へのトラックバック一覧です: 2007WRC第14戦ラリー・ジャパン第2レグ:

« エンジンオイル交換(ODO35162km時) | トップページ | 2007WRC第14戦ラリー・ジャパン第3レグ »