« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007-2008 あなたが選ぶ カー・オブ・ザ・イヤーに「GT-R」

2007-2008 あなたが選ぶ カー・オブ・ザ・イヤー(CCC)日産GT-Rが選ばれました。
日産GT-R
表彰部門2007-2008 あなたが選ぶ カー・オブ・ザ・イヤー(CCC)

日産GT-Rは部門賞の「スポーツカー・オブ・ザ・イヤー」との同時受賞となっています。
その他の部門賞は、
「ECOカー・オブ・ザ・イヤー」 にホンダのフィット
「K4・オブ・ザ・イヤー」にスズキのセルボ
「コンパクトカー・オブ・ザ・イヤー」にマツダのデミオ
「セダン・オブ・ザ・イヤー」 に日産のスカイライン
「RV・オブ・ザ・イヤー」に三菱のデリカD:5
「インポートカー・オブ・ザ・イヤー」にアウディのR8
がそれぞれ選出されております。

投票の時にも思ったことですが、それぞれの車がエントリーする部門が妥当かどうか考えて欲しいのと、部門賞のサブタイトルは余計なのではないかと思えてならないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マグネシウムは軽いんだろうけど

リニューアルしたメインPCのソフトのインストールがまだ完了していないのに、仕事が忙しいのでなかなか進まず、部屋が散らかったままで暖房器具が設置できずに自分の部屋で凍えている奇妙な青です(挨拶

ちょくちょく見ているブログで気になることが。
今年になって軽スポーツカーを買ったある人が、新しいホイールを発注したという記事。
発注したのは某社のマグホイール。
入荷は来年になるそうなんですが。
マグネシウムホイールかぁ…。軽いことは軽いんだろうけど、素材的に耐久性は疑問符が付くよなぁ~。

ワタナベマグネシウムホイール猛烈RS

マグホイールの脆さは昔からよく聞いていたけど、こんなのを見ちゃうと自分で買う気にはなれないねぇ~。
軽量アルミホイールだって縁石とかで歪むというから気をつけないとね。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

給油記録(2007/11/26)

会社帰りに9月26日以来の、自宅の隣の市の昭和シェル(Self)でレギュラーを40.10L給油。
前回給油時からの走行距離は531.4km。
燃費は約13.3km/L。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCC投票しますた

メインPCがアレなのでサブマシンからの更新です。ゲーム用にしていたのでアレやコレやソフトが入っていないので結構メンドいです。
メインPCの不調の一端はビデオカードにあったらしく、それ以外でリニューアルで使い回せない物で買い取りしてもらえる物はソフマップで買い取りしてもらったのですが、1万円分にもならず(;´Д`) CPU・マザーボード・メモリ・ビデオカード・HDD・PC電源・DVD-Rドライブを買ったら7万円オーバー(つД`) 先日の保険更新でも7人の諭吉さんと何人かの英世が私の元から旅立ってしまったというのに!

メロンブックスで購入
(写真上段:Quarter Iceshopの「外道少女 本気狩!?なのはさん 3巻」とうつらうららかの「にょろーん☆ちゅるやさん3」)
(写真下段:近衛衆兵鉄虎第501大隊&Gewaltの「魔砲少女フェイト・テスタロッサ」・「魔砲少女リリカルなのは 「闇の書」事件のエース」・「世界の傑作魔法少女 守護騎士「ヴィータ」」とイオシスの「ごっすんとかのからおけ」)
これ買わなければもうちょっと上のCPU買えただろうと、同行の友人にツッコまれましたがw
┌(`Д´)ノ)゚∀゚ )



とまあ、このblogを見ている大部分の人を引かせる前書きはこれ位にして本題。
今年のあなたが選ぶ カー・オブ・ザ・イヤーの投票が昨日の24時をもって締め切りとなりましたが、私は締め切り前に投票しておきました。
今年は日本カー・オブ・ザ・イヤーにホンダのフィットRJCカー・オブ・ザ・イヤーにマツダのデミオ、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーにフィアット500がそれぞれ選ばれています。

私が今年投票した車は…。
トオォォン!ECOカー・オブ・ザ・イヤーに選んだのはホンダのフィット。燃費性能などを考えれば当然の帰結かと。そういう意味ではライバルはダイハツのミラでしたが。ただ何でECO部門にエントリーされているのか理解に苦しむ車種が大部分でした。
K4・オブ・ザ・イヤーに選んだのはスズキのセルボ。OEM車を除外すると他にはダイハツのミラしか選択肢がないのですが(汗 しかしミラは目新しさに乏しいと私は感じました。
コンパクトカー・オブ・ザ・イヤーはマツダのデミオ。ミニとどっちにしようかと思ったのですが、先代までとは大幅にコンセプトを変えてきたのを評価して。
セダン・オブ・ザ・イヤーに選んだのは日産のスカイライン。これ、賞のサブタイトルに「お父さんに乗せたいクルマ大賞」なんて付いていますが、実際に(死んだ)自分の父親に乗せたいのはスズキのジムニーだったりするので、いまいちピンっと来ません。
RV・オブ・ザ・イヤーに選んだのはシトロエンのC4ピカソ。マツダのCX-7とどっちにするか悩んで悩んでサイコロで決めた(コラ
スポーツカー・オブ・ザ・イヤーに選んだのは日産のGT-R。これしかないでしょ。あと賞のサブタイトルには「恋人と乗りたいクルマ大賞」ってあるけど、オネーチャンを隣に乗せるのはスポーツカーやなくてスポーティーカーやで?
インポートカー・オブ・ザ・イヤーに選んだのはダッジのチャージャーSRT8。いかにもデザインも存在もアメリカ車でしょでしょ!? プジョー207も考えたけど、TMSで実物見たけどやっぱりキツい。両方とも「オシャレ」というには疑問があるけどw
で、あなたが選ぶカー・オブ・ザ・イヤーに私が選んだのはスバルのインプレッサ
…え?何でかって?
うちのblogの名前を言ってみろ!www



※個人的な予想
本命 GT-R
対抗 フィット
穴  レクサスLS600h/LS600hL

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プラモでも

アオシマ“痛車”プラモシリーズ発売! 第1弾は「涼宮ハルヒの憂鬱」GA Graphic

RX-7(FD3S)のプラモに「涼宮ハルヒの憂鬱」のデカールを付けて「痛車」化するキットを、来年1月にアオシマが発売するそうです。
どうせFD3Sをベースにするなら「ねこねこFD」(参考:日経アキバBlog)の方がっ!(ォ


■12月15日追記
涼宮ハルヒの“痛車”:プラモデルで登場! 1月下旬に発売まんたんウェブ

まんたんウェブ」にも記事が!しかも作例の写真付きで!
でもよく考えたら、こういうのを作りたい人って、インクジェットプリンター対応のデカールとかが発売されているから、自分でデカール作って貼るんじゃなかろーか?


■2007年1月4日追記
涼宮ハルヒの憂鬱 FD3S RX-7青島文化教材社

メーカーのページに商品情報が掲載されました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気ないなぁ~

言いたいことを言ってくれ! 業界別覆面座談会 第12回 酔って暴言! 東京モーターショーコンパニオン月刊チャージャー
(ネタ元:楽韓Web2007/11/19 (月)

>コンパニオンにもヒエラルキーがあるのよね。
>一番人気は国産四輪。で外車四輪で二輪、部品って順かな。
>あ、外車でも韓国メーカーはダメだけど。

そういえば今回の東京モーターショーでのヒュンダイブースは前回よりも客少なかった気がするなぁ。
だって目を引くような物無かったし。
せめて前回のこんなのでもあれば違ったかもしれないがw

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007WRC第15戦ラリー・アイルランド第3レグ

Leg3 ReportSUBARU
Ford is champion, Loeb is leaderRALLY-LIVE.com
WRC:Rd.15 アイルランドラリー第3レグ結果(11/18)FMotorsports WRC
WRC第15戦アイルランド、シトロエンのローブが今季8勝目をマーク。4度目のタイトル獲得に王手AUTOSPORT WEB)※要登録

セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)がそのまま逃げ切って優勝。ポイントランキングトップに!マーカス・グロンホルム(BP-フォード)との差を6ポイント付け、今季のWRC王座に王手をかけました!

というわけで以下の結果に。
1位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
2位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
3位 ヤリ-マティ・ラトバラ(ストバード-フォード)
4位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
5位 ペター・ソルベルグ(スバル)
6位 ガイ・ウィルクス(スバル)※
7位 マシュー・ウイルソン(ストバード-フォード)※
8位 ガレス・マクホール(フォード)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

レグ2終了時に4位のミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)との差をレグ1終了時の26秒差から15秒6差に詰めたペター・ソルベルグ(スバル)。が、SS17・18でミッコが連続トップタイムを獲って差を拡げられます。SS20でトップタイムを獲ったものの38秒1差で逆転は出来ませんでした。
またミッコが4位入賞したことで、今季のマニュファクチャラー王座は2年連続でBP-フォードの物になりました!


Leg3 ReportSUBARU
2007年 WRC第15戦・PWRC第7戦ラリー・アイルランド第3レグ三菱自動車

PWRCの方はインプレッサを駆るナイオール・マクシェアがSS17で逆転して優勝!
レグ2終了時に1位だったランエボを駆るアルミンド・アラウージョはSS18でコースアウトしてリタイア。
ランエボを駆るガブリエル・ポッゾが2位に入賞したことでPWRC王座決定はラリーGBに持ち越しに。
奴田原文雄は6位。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劣化しすぎだろ!w

最近メインPCが不調の奇妙な青です。
今度はDVDもCDも焼けなくなりました(つД`)
光学ドライブまで買い直しなのか!?

そんななか、何処かのメーカーの市販化目前の大型セダンのSpyPhotoがネットにUPされました。
Hyundai Genesis Sedan
Spy Shots: Production Hyundai Genesis SedanAutoblog

Hyundai Concept Genesis4月のニューヨーク国際自動車ショーに出品された「Hyundai Concept Genesis」より劣化しちゃってますね。
上記のAutoblogの記事内でも「レクサスLS」や「BMW5シリーズ」に似ていることに言及していますけど。今、LAショーに出品しているクーペも生産モデルはこうなるのかな?

上記のリンク先には他にも写真があるので、興味がある方はそちらへどうぞ。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2007WRC第15戦ラリー・アイルランド第2レグ

Leg2 ReportSUBARU
The Citroën duo is far aheadRALLY-LIVE.com
WRC:Rd.15 アイルランドラリー第2レグ結果(11/17)FMotorsports WRC
WRC第15戦アイルランド、レグ2もシトロエンのローブが首位AUTOSPORT WEB)※要登録

最大のライバルも居なくなったことでシトロエン勢は好調。1-2をキープどころか、1位のセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)は2位のチームメイトであるダニエル・ソルドとの差を59秒3にまで拡げています。
3位はヤリ-マティ・ラトバラ(ストバード-フォード)。SS16でトップタイムを獲るなどしてソルドとの差を縮めていますが、それでも1分9秒5もの差が。

第2レグ終了時の上位陣の順位は
1位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
2位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
3位 ヤリ-マティ・ラトバラ(ストバード-フォード)
4位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
5位 ペター・ソルベルグ(スバル)
6位 ガイ・ウィルクス(スバル)※
7位 マシュー・ウイルソン(ストバード-フォード)※
8位 ガレス・マクホール(フォード)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

5位のペター・ソルベルグ(スバル)は4位のミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)との差をレグ1終了時の26秒差から15秒6差に縮める。一方ミッコはラトバラとの差が24秒8差から28秒8差に。
レグ1でレグ撤退したクリス・アトキンソン(スバル)はSS14でトップタイムを獲るなどして29位まで浮上。
マンフレッド・ストール(OMV-クロノス-シトロエン)はSS13で、クリス・ミークはSS9でリタイア。


Leg2 ReportSUBARU
2007年 WRC第15戦・PWRC第7戦ラリー・アイルランド第2レグ三菱自動車

レグ1に続きレグ2も首位を独走していたランエボを駆るマーク・ヒギンス。今ラリーと次戦GBで連続優勝すればPWRC王座を手にすることが出来たのですが、SS16でコースアウトしてリタイア!
レグ2終了時点での1位はランエボを駆るアルミンド・アラウージョ。2位はインプレッサを駆るナイオール・マクシェア。3位はランエボを駆るガブリエル・ポッゾ。特にポッゾはPWRC王座を手に入れるためには2位以上でフィニッシュしたいところ。2位のマクシェアとの差は20秒5と逆転も狙えます。
奴田原文雄は8位。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人気投票の結果

「人気投票」と言っても、「あなたが選ぶ カー・オブ・ザ・イヤー(CCC)」の事ではないです(投票締め切りは今月23日ですよ!)。

vote4chevrolet.comでの投票結果

4月のニューヨーク国際自動車ショーに出品された3台の小型車。その中でも一番人気だった「Chevrolet Beat」が量産化されることが発表されました。

Chevrolet Beat
Followup: GM says Chevrolet Beat Concept will see production, but Groove still possible
leftlanenews
ネット投票でダントツ人気だった「シボレー・ビート」が量産化にGOサインAUTO GALLERY NET

ん?
JAPLONIKアレはどうなったかって?
2007年11月17日に確認
相変わらずヴェガが一番人気ですよ!?

【関連】
一番人気はドレ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007WRC第15戦ラリー・アイルランド第1レグ

Leg1 ReportSUBARU
Citroën drivers ahead of the packRALLY-LIVE.com
WRC:Rd.15 アイルランドラリー第1レグ結果(11/16)FMotorsports WRC
WRC第15戦アイルランド、シトロエンのローブがレグ1トップ。グロンホルムはクラッシュで病院送り!AUTOSPORT WEB)※要登録

残り2戦でポイントランキングトップのマーカス・グロンホルム(BP-フォード)と2位のセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)の差は4ポイント。今ラリーはシトロエン勢が得意とするターマックラリーです。

予想通り1-2体制で走るシトロエン勢に対してマーカスは3位を走行していましたが、SS4でコースアウトしてクラッシュ!

WRC RALLY IRELAND GRONHOLM CRASHYouTube
マシンに大ダメージを受けリタイアとなってしまいました。マーカスとティモ・ラウティアイネンの二人は一応検査のため病院送りに。体には特に問題はないとのことでホッと一安心ですが、2戦連続ノーポイント…。
このSS4ではスバル勢のクリス・アトキンソンとチェビー・ポンスもコースオフ。クリスは何とかサービスに戻れたものの、ポンスはリタイアに。
またSS8ではヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)がコースオフしてレグ撤退しています。

第1レグ終了時の上位陣の順位は
1位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
2位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
3位 ヤリ-マティ・ラトバラ(ストバード-フォード)
4位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
5位 ペター・ソルベルグ(スバル)
6位 ガイ・ウィルクス(スバル)※
7位 マンフレッド・ストール(OMV-クロノス-シトロエン)
8位 マシュー・ウイルソン(ストバード-フォード)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)


Leg1 ReportSUBARU
2007年 WRC第15戦・PWRC第7戦ラリー・アイルランド第1レグ三菱自動車

PWRCの方は1位マーク・ヒギンス、2位アルミンド・アラウージョ、3位ガブリエル・ポッゾとランエボ勢が1-2-3に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃料電池車「FCXクラリティ」

FCXクラリティ
ロスアンゼルスオートショーで新型燃料電池車「FCXクラリティ」を発表HONDA
【ロサンゼルスモーターショー07】ホンダ FCX クラリティ 発表Response
【LA07】ホンダFCXクラリティ発表、来夏にリース開始ホビダス・オート
ホンダ、LAショーで個人リース販売向け燃料電池車を発表AUTO GALLERY NET

FCXクラリティFCXクラリティ
現在開催中のLAオートショーにおいて新型燃料電池車の「FCXクラリティ」が発表されました。
新しいセル構造を採用した「V Flow FCスタック」の採用により最高出力100kWを実現。また燃費性能も従来型FCXと比較して約20%も改善し、また171Lもの大容量高圧水素タンクを搭載したこともあって、航続距離も約30%向上した270マイル(約430km)に伸びているそうです。
FCXクラリティFCXクラリティFCXクラリティFCXクラリティ
米国では2008年夏から3年リース契約で月額600ドル(日本円で約67,000円)でリース販売するとのこと。リース価格だけ見ると意外と安く思えるんですが、液体水素の値段っていくらなんでしょ??

燃料電池自動車への家庭用水素供給システム「ホーム・エネルギー・ステーションIV」の実験稼動を開始HONDA

個人向けのリースが開始されても航続距離が向上しても、こういう水素ステーションがあっちこっちにないと不便でしょうね。


【関連】
燃料電池車はやっぱり高いのね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

給油記録(2007/11/15)

レシート昼休みに前回と同じ会社近くのJOMOに行ってレギュラーを41.43L給油。
前回給油時からの走行距離は575.3km。
燃費は約13.9km/L。
先月よりリッター5円も上がってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それ数え間違ってない?

よくトラックなどで「最大積載量:家族が食えるだけ」とかのジョークステッカーが貼られていますが。
20071113_1

そのステッカー、

3.75トンにしか見えないんだが(汗

0.5トンは何処から!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

保険更新しました

自動車保険ご契約内容確認シート先日のことですが、前回と同じ内容で更新しました。
それにしても今度はチェックシートにも記入するところが多くなってます。
面倒と言えば面倒だけど、色々トラブルを防ぐという意味では必要でしょうね。

| | コメント (16) | トラックバック (1)

水平対向ディーゼルを見た!

多忙なため、「TMS行ってきた」の続きが今日になる体たらく(;´д`)ゞ
デジカメ画像は「やってみます、やってみます、やってみまーす♪」の電器販売店で980円で売られていたマルチカードリーダライタ(AA)をサブマシンに接続して何とか転送。iswebの方にUPするのは何時になる事やら。
とりあえずiswebの方に載せるつもりが無いものをblogの方に載せようかと。

というわけで始めはスバルの水平対向ディーゼルから。

水平対向ターボディーゼル水平対向ターボディーゼル水平対向ターボディーゼル
カットモデルの展示は無し(´・ω・`)ショボーン
このDOHC16バルブ1998cc水平対向4気筒ターボディーゼルのスペックは、最高出力150ps(110kW)/3600rpm、最大トルク35.7kg-m(350Nm)/1800rpm。
説明員の方の話では、搭載車の展示は来年のジュネーブになる予定とのこと。来春からレガシィに積まれて欧州では販売されるそうですが、日米での発売予定は未定とのこと。「Euro5」はともかく、「Tier II Bin5」や「ポスト新長期規制」に適合するのには未だ時間がかかるそうです。またガソリン車との価格差についても聞いてみましたが、ハッキリした回答は得られませんでした。


東京モーターショー --- 2Drive On the Earth
doe136さんの記事によると、このままで「ポスト新長期規制」に適合させるのは難しいのでは?というお話が。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

また飛んだ

Block's massive WRX snow jumpRallySport Magazine
Ken Block on the cover of Snowboarder MagazineVermont SportsCar

Snowboarder Magazine 表紙DCシューズ共同創業者の一人にして、米国ラリー選手権で昨年2位・今年3位の成績を持つラリードライバーでもあるケン・ブロック
今年2月の記事で、インプレッサで171feetジャンプの事を書きましたが、今度はニュージーランドでDCのスノーボード・チームと共にジャンプしてきたそうです。

スキー場で!

彼にはぜひ来年のラリー・フィンランドに参戦していただいて、オウニンポウヤの最長ジャンプ記録(マルコ・マーティンが2004年に記録した57m)に挑戦していただきたいものです(コラ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TMS行ってきた

第40回東京モーターショー 2007行ってきましたよ~。
PC不調のため(USB周りがおかしい)、写真や記事をUPするのは暫く先になりそうですが。

とりあえず雑感。
1.着くのに2時間半
 県道8号線(船取線)を走っていったのですが、高柳より先を走るのが久々だったせいもあって、新鎌ヶ谷駅周辺が開発されていることを知らなくて渋滞に巻き込まれてしまいました。混んでいるの鎌ヶ谷駅辺りだけだと思ったんだけどなぁ~。高柳辺りから延々とノロノロ運転だとは思わなかったわ…。
 走行距離はスバル大感謝祭で群馬県太田市まで走った時の半分以下なのに、掛かった時間は似たようなものに。
2.駐車場
 今回はマリンスタジアム側(幕張海浜公園駐車場)に駐めようと思ったらダメだったので、千葉県精神科医療センターと花見川第二終末処理場の間に設けられた特設駐車場(西-1だったかな?)に駐めましたよ。料金は1日700円。10分も歩けば会場に着く位置。
 前回は送迎バスが出るような所に誘導されましたからねぇ。しかも辿り着くのにメッセ大橋交差点を左折してから1時間もかかったし。
3.日産ブース混みすぎ
 GT-R見えNEEEEEEEEEEE!
 ついでにPIVO2も見えNEEEEEEEEEEE!
4.KY
 みんながクルマ全体を撮影しようとしているのに、その前に立って接写したりオネーチャンに必死になっている周りが見えていないコマッタチャンが何人もいたんだが、「メガネ&前髪の生え際にチャレンジ&オッサン」比率が非常に高かったのは何故だろう?
5.カメコ
 デジ一眼+中望遠のヤツは(以下略

| | コメント (2) | トラックバック (1)

第3回チキチキ自動運転マシン猛レース

DARPA Urban Challenge
ロボットカー市街レースDARPA Urban Challenge、優勝はCMUEngadget Japanese
ロボットカーレース、2007年の優勝チーム決定WIRED VISION
GM-powered Carnegie Mellon team take first prize at DARPAAutoblog

DARPA(米国防総省国防高等研究事業局)主催の無人ロボット自動車レースの3回目は市街地を走るその名も「DARPA Urban Challenge」として開催。
今回のレースで優勝したのは前回のGrand Challengeでは2位だったカーネギー・メロン大学の「Tartan Racing」チーム。使用したのは前回までのHMMVVやHUMMER H1から変わってシボレー・タホをベースにした「Boss」。約89kmのコースを平均約23km/hで走破したとのこと。獲得賞金は200万ドル(日本円で約2億3千万円)との事ですが、一説には有力チームの開発費用は1,000万ドルぐらいかかっているらしいです。
前回優勝したスタンフォード大学「Stanford Racing」チームのVW パサート・ヴァリアントをベースにした「Junior」は2位。
3位はバージニア工科大「Victor Tango」チームのフォード エスケープ・ハイブリッドをベースとした「Odin」。

もうこうなったら
日本でHMXシリーズが作られるのが先か
米国でK.I.T.Tが作られるのが先か
どっちだろう??
+   +
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +        
 と__)__) +


【関連】
チキチキ自動運転マシン猛レース?
「チキチキ自動運転マシン猛レース」再び

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「ゆとり」ってレベルじゃねーぞ!w

SIXSTAR Vol.14 P.86よりガソリン車に軽油「動かない」 セルフ式 トラブル多発読売新聞
「軽」だから 安いから… ガソリン車に軽油入れ「動かない」…セルフ式スタンド利用でトラブル多発痛いニュース(ノ∀`)

SIXSTAR Vol.14に掲載されていた4コマ漫画をそのままやる人がいることにびっくりだ!
ガソリンと軽油を誤給油するのは、レギュラーとハイオク間違えるのと訳が違うぞ!

>「軽乗用車だから(燃料は)軽油」
>「軽油の方が安かったから」
取扱説明書読めーっ!
つーか教習所からやり直してください、マジで。

昔「ロータリーエンジン車に灯油」って云う話を聞いたことがあるけど、こんな有り様だとマジにやってみようとする人が出てきそうで怖い(汗

| | コメント (11) | トラックバック (0)

新型インプレッサネタ2発

まずは10月24日に発売になったのに、多忙の余りスルーしてしまったGRBインプレッサから。
IMPREZA WRX STI 2008 FIA Group N Rally Car
新型インプレッサWRX STI FIA「グループN」ラリー・ベース車両を発売
IMPREZA WRX STI 2008 FIA Group N Rally Car (PDF)
プロモーションムービー配信STI
2008 IMPREZA GROUP N BASE CAR
2008 IMPREZA GROUP N BASE CAR (PDF)PRODRIVE

GDBに有ったSpec.Cに相当するモデルが今のところ存在していないので車重に関しては不利だと思われますが、トミ・マキネンのドライブによるフィンランドにおけるスムースグラベルでのテストで旧モデルよりkm当たりコンマ2秒、ロベルト・サンチェスのドライブによるアルゼンチンにおけるラフグラベルでのテストでkm当たりコンマ3秒速くなっているというのは、来季も期待できるのでしょうかねぇ?
気になるのは新型WRX STI(GRB)に標準装備されたヒルスタートアシストなんですが。S-GTではメーカーオプションとなっていたヒルスタートアシストがWRX STIでは標準装備となって、某スレの試乗した人の話ではかなりエンストする確率が高そうなんですが。もちろん1秒間だけ作用するので、それさえ頭に入っていれば日常では問題ないでしょうけど、SSのスタート時に作動したら困りますよね?w Gr.N用ECUでそれを解除できるんですかね?




2つめはGH8の話。

SEMA 2007 Spotlight: Cusco tunes the WRX, develops easy-adjust LSDAutoblog
アメリカの SEMAショー開催中でCUSCO

CUSCOSEMAショーにGH8インプレッサを出品。もちろん自社製のLSDなどを搭載しているわけですが、目を引くのはインタークーラー前置きやタービンをギャレットGT35Rに交換するに伴って、樹脂製のインマニをAFI製のアルミインマニに交換していることでしょうか。
一番気になるのはコレ。USAなのにS-GTエンブレムが貼られているのはともかく、テールランプがスモークになっていて標準のキラキラしたのとはイメージがかなり変わって見えます。Vivid Racingで取り扱っているLamin-xのProtective Film Taillight Coverでも貼っているのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スバル大感謝祭2007(ビジターセンター編)

もたもたしている間に月が変わってしまいました(;´д`)ゞ

ビジターセンターには過去の様々なスバル車が展示されているのですが、一番見たかったのはコレ。
IMPREZA P2000インプレッサWRC2000です。クリスチャン・ロリオーがデザインしたこのマシンは、リチャード・バーンズのドライブで2000年のラリーGBで優勝した車両そのものだそうですが、なぜかグラベル仕様ではなくターマック仕様に。


P2000とP-1インプレッサWRC2000の隣には、幻のスバル第一号車であるP-1(スバル1500)が。




SUBARU BRATビジターセンター1Fには懐かしいスバル車が何台も展示されていましたが、異色の存在と言えば国内販売されなかったブラットでしょう。
国内販売されなかったと言っても逆輸入された物もあって、今でもブラットミーティングが開催されるほどの台数が日本国内には現存しています。

2Fに上がると置いてあったのは、

インプレッサWRX NBのカットモデルインプレッサWRX NBのカットモデル
なんと丸目インプレッサWRX NBのカットモデル!
こういうのを見るのって面白いです。
エンジンの周りを見て「フロントオーバーハングの長さはどうしようも無いな~」とか思ってみたり。

で、その奥に進むと

ラビットスクーター(S402型)スバル360 石膏原寸モデルスバル1000
スバルの礎を築いたクルマたち。
中央のスバル360石膏原寸モデルは感慨深いですね。違う建物でインプレッサのデザインについての展示(及びクレイモデル制作体験)をしていたのですが、そういうのが無い中でやっていた(もちろんCAD/CAEなんて無い!)なかで、色々と試行錯誤していたんだろうなと思うと。


【関連記事】
今週末もいろいろイベントが
先週の答え
スバル大感謝祭2007
スバル大感謝祭2007(新井選手ガンバレ編)
スバル大感謝祭2007(Gr.N インプレッサ編)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクにも駐車スペースを!

NMCA(日本二輪車協会)では、10月26日からバイク駐車場の増設を要望するオンライン署名を開始しました。


二輪車の駐車場所の確保・拡充について(要望)

多くの場合、駐輪場が有っても自転車を前提として作られている事が多く、原付はまだしも自動二輪車となると駐めるのが難しかったり断られることがあります。そういう所だと駐車場に駐めるしかないわけですが、その辺の事情を理解していない四輪車乗りの方からは冷たい目で見られることもしばしば。もちろん路駐禁止の道路では二輪車も路上駐車はイケナイ事であります。

今回、NMCA(日本二輪車協会)は平成20年3月頃に政府および地方自冶体に対して二輪車の駐車スペース確保・拡充を求める要望書を提出するとのことで、賛同する方の署名を募集しております。
上記リンク先の下の方に氏名(フルネームで)・住所(番地省略可)を入力するだけとなっています。
二輪車に乗っておられ駐車スペースの少なさに不満を抱いている方で、上記リンク先の主旨・注意事項を読まれて賛同できる方は署名してはいかがでしょうか?

なお、私が署名した段階での署名数は「7665 名」となっておりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »