« レガシィ・ディーゼル発表(その5) | トップページ | 後輪駆動ですからー »

2008WRC第2戦スウェディッシュ・ラリーDAY1

Swedish Rally summary - Fridaywrc.com
Swedish Rally day one bulletinSWRT
REPORT OF DAY1スズキWRCチャレンジ
波乱のWRCスウェーデン、フォードのラトバラがデイ1首位。ローブはコースアウトでレグリタイアAUTOSPORT WEB)※要登録

スーパーSSであるSS1でトップタイムを獲ったのはなんとペター・ソルベルグ(スバル)!SS2以降は…お察しください(コラ
SS1でペターから0.5秒遅れでセカンドタイムだったヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)は、その後SS2からSS7まで連続してトップタイムを獲って、2位のミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)に48秒2の差を付けて堂々の首位!
3位はヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)で、ミッコとは8秒1差。

1日目終了時の上位陣の順位は
1位 ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)
2位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
3位 ヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)
4位 ジジ・ガリ(ストバード-フォード)
5位 ペター・ソルベルグ(スバル)
6位 マッズ・オストベルグ(スバル)※
7位 マシュー・ウイルソン(ストバード-フォード)※
8位 トニ・ガルデマイスター(スズキ)
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

4位のジジ・ガリ(ストバード-フォード)はスーパーSSのSS8でトップタイムを獲るなど奮闘中。ヘニングとは5秒7の差。1~4位までフォード勢で占めています。
5位のペター・ソルベルグ(スバル)はSS8でセカンドタイムを獲るなどしていますが、ジジとは既に43秒2の差が。
トニ・ガルデマイスター(スズキ)のSX4WRCは油圧系統にトラブルを抱えつつも8位。
第1戦モンテでエンジントラブルでリタイアのダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)は、エンジン交換による5分のペナルティによって総合18位。ペナルティの5分を引くと5位のペターと6位のマッズ・オストベルグの間に来るタイムなのですが…。
クリス・アトキンソン(スバル)はSS3でコースアウトした後、雪の中から脱出するのに15分かかって大幅にタイムロスし総合45位に。
第1戦モンテで優勝のセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)はSS4でコースアウトした際にマシンにダメージを受け、なんとかSS4は走りきったもののレグ撤退に。
P-G・アンダーソン(スズキ)はSS4でエンジントラブルが発生。ガスケット周りに問題があることが判ったものの、レギュレーションの関係でリタイアに。
今季、C4でWRCに10戦参戦予定のウルモ・アーヴァはSS7でストップ。


P-WRC daily summary - Fridaywrc.com
スウェディッシュラリー DAY 1三菱自動車
SS8 リザルト情報新井敏弘オフィシャルサイト

PWRC開幕となる今ラリーで1日目首位に立ったのはプジョー207S2000を駆るパトリック・サンデル。
2位は15秒9差でランエボIVを駆るユホ・ハンニネン。
3位は首位から59秒3差でインプレッサを駆るパトリック・フローディン。
新井敏弘選手は首位から2分18秒4差で8位。

|

« レガシィ・ディーゼル発表(その5) | トップページ | 後輪駆動ですからー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/40054752

この記事へのトラックバック一覧です: 2008WRC第2戦スウェディッシュ・ラリーDAY1:

« レガシィ・ディーゼル発表(その5) | トップページ | 後輪駆動ですからー »