« クマー! | トップページ | 初回車検申し込んできた »

レガシィ・ディーゼル発表(その6)

スバル水平対向ディーゼルの燃費・排気ガス性能Drive On the Earth

doe136さんのブログに水平対向ディーゼルの性能について、プジョー307HDiとの比較をされています。出力はスバルの方が上、燃費は同等、しかし排ガスが…。これでは日本や米国には今すぐというわけには行きませんね。Autoblogなんかを見ると、米国でも水平対向ディーゼルを待ちわびる声があるようですが。開発がなるべく早く進むことを祈ります。


河口まなぶが水平対向ディーゼルにのった!ガソリン車とくらべて!?StartYourEngines

河口まなぶ氏の試乗記事。新しいネタは特にないです。
そういえばcarviewはどうなったんだろう?誰も書いていないけど。


‘IT’S HERE’ – WORLD’S FIRST BOXER DIESEL PASSENGER CARSUBARU UK

いつのまにかSUBARU UKにボクサー・ディーゼルのプレスリリースが掲載されました。
で、グレード構成は各3グレード。ガソリンエンジン+4ATの2.0R・2.5SE・2.5SEnに対応する形で、ディーゼルエンジン+5MTの2.0D・2.0D RE・2.0D REnとなっています。
レガシィ・スポーツツアラー(ツーリングワゴン)アウトバックの価格表を見るとほぼ同等、というかOTR価格だとガソリン車よりも少し安いのがわかります。
それにしてもレガシィおよびアウトバックの構成を見たら、ガソリンエンジンでMTを選ぼうとすると、3.0Rのセダンかスポーツツアラーしかないんですね。欧州でもATが大分普及しているんでしょうかねぇ?


【関連】
レガシィ・ディーゼル発表
レガシィ・ディーゼル発表(その2)
レガシィ・ディーゼル発表(その3)
レガシィ・ディーゼル発表(その4)
レガシィ・ディーゼル発表(その5)

|

« クマー! | トップページ | 初回車検申し込んできた »

コメント

 以前のエントリで紹介して下さってた、ヒョ(ry の評論で「半年後に発売されるフォレスターのディーゼルから新型の排気ガス処理装置が付き『平成17年規制』レベルになるらしい。」とありますが、コレが本当なら…と期待してみたいトコロですけれどねぇ…。

 最新鋭のコモンレール技術を持ってるのは、ボッシュかデンソーってハナシみたいですから、水平対向に最適化されたシステムをデンソーが開発してくれるのを待つしかないのでしょうかねぇ。

>carview
 以前のトキも、かなり遅かったような?
 今回も取り上げられるのは遅めになるのではないかと…(^-^;

投稿: ながみ@GF8C | 2008/02/20 20:37

>>ながみ@GF8Cさん
「ディーゼルは低速トルクが細い」と主張する人の話はどーでもいいですw

>carview
そもそも記事を書くのが河口氏とは限らないわけで。
清水氏や島下氏までcarviewでブログ始めてますけど、3人のうち誰が書いても不思議ではないのですが…。

投稿: 奇妙な青 | 2008/02/20 22:20

今はまだ「とりあえず完成したので出してみました」という状態でしょう。
エンジンの熟成度はまだまだではないかと。
日本・米国の規制をクリアするまでには、やはりあと2年くらいはかかるでしょうか。

国内外のディーラー関係者からも、「早く出せ」と催促されているはずです。

エンジニアさんたちが頑張ってくれると信じたいです。

投稿: tooshiba | 2008/02/21 00:24

>>tooshibaさん
開発期間3年ですからね~。
日本で販売するときには、もっともっと良いエンジンになることを祈りますよっ!

投稿: 奇妙な青 | 2008/02/21 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/40190043

この記事へのトラックバック一覧です: レガシィ・ディーゼル発表(その6):

« クマー! | トップページ | 初回車検申し込んできた »