« どこかに良い靴はないものか? | トップページ | 報復?往復? »

スーパーアグリ、F1撤退

始まりもホンダの都合に見えたが
終わりもホンダの都合に見える。

スーパーアグリF1チームからの声明SUPER AGURI F1 TEAM
スーパーアグリF1チームの発表を受けてHONDA
スーパーアグリ、F1撤退F1通信
スーパーアグリF1チーム 撤退声明FMotorsports:F1ニュース
亜久里代表、「F1即時撤退」を発表
SAF1ファンはHonda本社前に集結F1-Live.com
スーパーアグリF1チーム、撤退を発表F1キンダーガーテン
スーパーアグリ、F1撤退を発表
亜久里代表「琢磨、アンソニーに関してはこれから詰めていく」
鈴木亜久里代表会見全内容(1)
鈴木亜久里代表会見全内容(2)
鈴木亜久里代表会見全内容(3)AUTOSPORT WEB)※要登録
【スーパーアグリF1】速報…撤退発表
【スーパーアグリF1撤退】即時撤退
【スーパーアグリF1撤退】迷走、時間切れ、最悪の結末
【スーパーアグリF1撤退】鈴木代表、ホンダに感謝のいっぽうフライに不快感Response
スーパーアグリが資金難でF1撤退
夢の国産チーム志半ば…SアグリF1撤退「苦渋の決断」
“鈴木亜久里の冒険”終わる 大資本なしに困難
ファンも「むなしい」…スーパーアグリF1撤退iza!

元々が急ごしらえで始めたために、アロウズの資産を引き継いだりして慌てて作ったような感のあるチームだったから、色々と無理はあったのだろう。
SSユナイテッドの債務不履行はあったが、そもそもぁゃιぃスポンサーしか付かないことが、経理上は相当の危機の連続だったのだろう。
そしてカスタマーシャシーでのF1参戦はポシャり、ヘタに昨シーズン本家より活躍したことが仇となって、この結果になったのだろうか。

スーパーアグリ存続危機問題の根は深い
スーパーアグリは琢磨のためにつくられた
ホンダの無責任さでスーパーアグリは迷走ちんぱん川喜田のF1放浪記

F1を普段見ていない人は、撤退発表までの問題について上記のコラムを参考に読んでみると良い。
FIA(国際自動車連盟)が認め推進したのにも関わらずコンコルド協定(wiki)によってF1参戦が認められなくなったカスタマーシャシー問題や、ホンダが佐藤琢磨を放出しておきながらその受け入れ先を作らざるを得なくなったのも、結局はF1の世界の政治なのだ。
カスタマーシャシー問題については参戦が不可能になったために、マクラーレンのカスタマーとして参戦するはずだったプロドライブが参戦を断念し、A1GPはフェラーリのカスタマーとして参戦する計画を持っていたが破棄になり、レッドブルの実質Bチームであるスクーデリア・トロロッソは買い手を募集中、そして独自のマシンを開発するだけの資金がなかったスーパーアグリはF1途中撤退と散々たる有様である。

ところでふと気になったのだが、参戦しているチームが減ると、
分配金の分け前ってーのは増えるのかい?

|

« どこかに良い靴はないものか? | トップページ | 報復?往復? »

コメント

次々戦のモナコでは、RA108でバトンの前を走る琢磨の勇士を見られるものと信じています!

投稿: 郷秋 | 2008/05/07 22:48

>>郷秋さん
デビクルと違ってルーベンスの賞味期限はとっくに過ぎている気がしますね…。でもホンダには3rdとしてヴルツがいるけど、その辺どうなんだろうか。

投稿: 奇妙な青 | 2008/05/07 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/41116705

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーアグリ、F1撤退:

» 記録達成のバリチェロには引退していただきましょう [郷秋の独り言]
 SAF1からのF1撤退表明が正式に出された。残念だけれど、資金がなければ参戦できないのは道理。止むを得ないだろう。 ホンダのジュニアチームとして位置づけられ2006年にF1参戦を開始したSAF1だが、カスタマーシャーシの問題や営業的にジュニアチームとして十分機能しなかったことからホンだとしてもこれ以上の投資に二の足を踏まざるを得なかったようである。  SAF1撤退を報じる論調はどれも「志半ば・・・」「苦渋の決断」とSAF1に同情的だが、郷秋はあえて「経営センスの欠如による必然的結果」と言っておき... [続きを読む]

受信: 2008/05/07 22:29

« どこかに良い靴はないものか? | トップページ | 報復?往復? »