« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

走り方も重要だね

ニコニコ動画とYouTubeはけしからん!
実にけしからん!
放送されたばかりだというのにw

そういえばTipoの2008年7月号[Amazon]でエコラン対決やっていたけど、満タン法での計測とはいえ、ランボルギーニ・ムルシエラゴLP640(6.5リッターV12!)で7.74km/L出していたな~。
もっともTopGearのこれは全開走行時の燃費勝負だったりするわけだが。

プリウスの方は条件がM3に有利だったので仕方がないというか。市街地でのストップ&ゴーが多い走りだとプリウスのハイブリッドシステムが威力を発揮するけど、クローズドコースを周回し続ける走り方だとバッテリーはすぐにカラになるので、ガソリンだけで走ることになるとキツいことになる。市販ハイブリッドカーがレースで活躍できないわけもここにあるのだが。
ディーゼルエンジンの320dではなくガソリンV8のM3を持ってきたところが面白いというか。V8のM3の方が燃費悪そうだしw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今の時代にコレは無いだろう

通勤用ハイブリッド電気自動車、09年発売へ朝鮮日報
【ネタ元】
楽韓Web2008/06/28(土)の記事

韓国科学技術院(KAIST)がハイブリッドカーを開発したそうです。現在の電気自動車の欠点である航続距離の短さを補うために、屋根には太陽電池パネルを搭載し、更にガソリン発電機も搭載するのだそうだ。ソーラーカー だん吉にガソリン発電機を積んだような物と云った方が分かりやすいか?
(;´∀`)・・・

朝鮮日報の記事に載っている写真のはCT&Tのc-ZONEに太陽電池パネルとガソリン発電機を搭載した試作車のようです。各所で「ゴルフカート」呼ばわりされていますが、実際にベース車はゴルフカートとして販売されている物だから仕方がない。

市販されるのは乗用タイプのe-ZONEがベースになるそうですが。
e-ZONEの寸法
十分な大きさの太陽電池パネルが設置できるようには思えないし、72V/5.0kWのモーターを動かすのに一体どれほどの発電機を積む気なのかが判らない。

バッテリーが空になってもガソリンが有れば走れるだろうけど(太陽電池の発電量はタカがしれている)、その時の効率は非常に悪そうな気がする。


■補足
電気自動車の航続距離が短い問題を解決しようとして、普通はモーターの高効率化やバッテリーの大容量化とかをするのに、ガソリン発電機を積むというのが本人たちには「逆転の発想」なんだろうけど、私から見ると「本末転倒」としか思えないわけで。
充電済みのバッテリー電池で走行している間は、搭載したガソリン発電機と燃料のガソリンはデッドウェイトとなってモーターへの負担となり、バッテリーのみでの航続距離を減らす方向に働くしw
また太陽電池パネルもe-ZONEの屋根に貼れるサイズでは発電量が不足だろうし、かといって試作車やソーラーカー だん吉ぐらいのサイズの物を載せるとなると、空気抵抗が大きくなってモーターへの負担となり、やっぱりバッテリーのみでの航続距離を減らすし。それに横風が怖いことにもなるしw

更にツッコむ点といえば
>時速50キロから60キロほどで、70キロの距離を移動できるようにする計画
と記事に書かれていますが、同クラスの電気自動車と思われるタケオカ自動車工芸REVAの場合ですと1充電走行距離は85km(市街地走行Fモードにて)。リチウムイオンバッテリー使用のオートイーブィジャパンジラソーレの場合ですと1充電走行距離は120km。そもそもベース車のe-ZONEのカタログ値では1充電走行距離がリチウムポリマーバッテリーで100~110km、鉛バッテリーでも50~70kmと記載されているんですが。
…航続距離、延びていないよね?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ワイパーゴム交換(ODO44114km時)

STAFMAN グラファイト替えゴム1ヶ月ほど前にガラスコート(まだコレ使っています)はしておいたのですが、最近ワイパーの拭きムラが出てくるようになったので、ワイパーゴムを交換しました。
今回購入したのはSTAFMANブランドで販売されているグラファイト替えゴムです。製造元はPIAAですけどね。
運転席用は呼番G55G、巾8mmで長さ550mm。助手席用は呼番F43G、巾6mmで長さ430mm。
前回のNWBではなくコレを選んだのは、某SABにNWBの替えゴムが無かったから。PIAAやSTAFMANの替えゴムのパッケージは、NWBやガラコのと比べてゴミが増えるのが「イヤ~ン」なのだが。なんとかならんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

給油記録(2008/6/26)

レシート会社の帰りに5月23日以来の自宅から比較的近い三井(Self)に寄ってレギュラーを38.56L給油。
前回給油時からの走行距離は553.0km。
燃費は約14.3km/L。
また来月も値上げなんですかね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

AT車を運転していてやってしまうもの

昨日の記事と関係しているかもということで。

AT車を運転していてペダルを踏み間違えたことは無いのですが、
右足でブレーキを踏んでいる時に

左足が存在しないクラッチペダル

踏んでいる事は何度でもあるぞ!w


コメント欄で「エアクラッチ」と言うの禁止!www

| | コメント (10) | トラックバック (0)

左足ブレーキか…

両足運転で防げ-オートマ車で頻発するアクセルとブレーキの踏み違え事故JanJan

相変わらずアクセルとブレーキの踏み間違いとされる事故が多いわけですが、MT乗りの奇妙な青としましては「なんでそんなに間違うの~?」と思ってしまう。いやATでも踏み間違えたことは無いのだが。本当に踏み間違えなのかと思うくらい、その手のニュースは多い。
もちろん昨日今日で問題になったわけでも無いのだが。


ATの左足ブレーキは危険なのですか?教えて!goo

教えて!gooのこの質問は2005年12月13日。


アクセルとブレーキの踏み間違い事故と左足ブレーキ[の] のまのしわざ

こちらの記事に至っては2003年10月06日である。


左足ブレーキそのものはやった事があります。といっても公道上ではなく、レンタルカート場で。
カートはMTが無いので、ペダルはアクセルとブレーキだけ。カートの構造上、必然的に左足ブレーキになります。
かなり昔に1回だけ友人とレンタルカート場に行って乗ってみたのですが、左足ブレーキに慣れるのに精一杯で終わった記憶しか有りません。
またカートに乗ってみたい気はあるのですが、1回乗っただけだとブレーキに慣れるのにまた精一杯になるでしょうね。やっぱり何回も乗らないと(不器用なだけか?)。

現在、公道上を走行する前提で生産されている市販車の場合、AT車が大きめのブレーキペダルになっているとはいえ、右足でブレーキを踏むように配置されている以上、左足ブレーキはやや不自然な踏み方になると思うのです。(車種ごとの専用部品になるとは思いますが)ブレーキペダルをもう少し左寄りに配置する必要があると思います。
また、左足ブレーキを習得するのに公道上で練習されては困るので、クローズドな練習場所が必要になると思います。でもそうなると教習所で左足ブレーキ教習とかやらなければいけないとかなるのだろうか?
色々考えていくと「左足ブレーキ仕様のクルマには左足ブレーキ講習を受けたものだけが運転できる」とか「免許の条件欄に左足ブレーキと記載」とか考えてしまい、そうなると段々ややこしい方向になりそうなので、ここで一旦考えるのを止めてしまうヘタレな奇妙な青であった(笑


上記の「のまのしわざ」の記事中にリンクされていたものですが、ナルセペダルというのがあるのですね。アクセルの操作が違うものの、ブレーキは従来通りなので踏み間違えは確かに起こりません。
でもこれって細かいアクセル操作とかはどうなんだろう?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

F1観客がFSWを提訴

2007 F1日本GP被害者の会2007日本GPの被害者立ち上がろう。
観客が富士スピードウェイを集団提訴日刊スポーツ
「ひどい環境」F1GPで観客ついに損賠請求!イザ!

2007年FSWでのF1GPで大変な目に遭われた観客の方々が損害賠償を求め提訴したそうです。当時観客だった109人が「1人あたり20万円の慰謝料と訴訟費5万円、チケット料金返還」を求めているとの事。
また、被害者の会では参加者の募集を再開しております。被害に遭われた方で参加しようと思った方は、弁護団の基本方針も一応目を通した方がよいでしょう。また被害者の会参加にはF1観戦チケット(実券)が必要とのことです。

【参考】
http://www42.atwiki.jp/kusotoyota/ トヨタの富士スピードウェイF1グダグダ運営

| | コメント (8) | トラックバック (0)

とっくに終わっていたのか

日本市場におけるヒュンダイの未来enjoy Korea
【ネタ元】
Tentative Name2008年6月16日(月曜日)の雑記。


>・現在年間で販売台数は2000(?)台を切っている
JAIA(日本自動車輸入組合)の車名別輸入車新規登録台数を見てみると、2001年が1,113台2002年が2,423台と倍増。2003年が2,426台2004年が2,524台売っていたのに、2005年には2,295台と減少。その後も2006年は1,651台2007年には1,223台にまで落ち込んでいます。


>・ほとんど売れていないのに販売価格は原油高騰を理由に高くなっている。
ヒュンダイ メーカー希望小売価格を一部改定ヒュンダイ
今年3月に販売中止予定の車種を除いて値上げしていますね。


>・10年10万キロ保障キャンペーンは既に終了している。
昨年の2月に大々的に発表した10年10万キロ保証ですけど、こっそり今年2月で終了していたようですが。


i30が日本のマスコミ向けに試乗車が用意されていたのに(参考:WebCG)、未だに日本市場で売られる気配がないのは、そういった事情もあるのかもね。
そういえばヒョがジェネシスの試乗を断られていたけど、関係あるかな?w

もちろん真実は分からないから憶測に過ぎないんだけど。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

MSCC東京ラリー2008の結果

OVERALL CLASSIFICATIONMazda Sports Car Club
MSCC Tokyo Rally 2008 ④勝田範彦 公式ブログ
08'全日本ラリー選手権第5戦三菱自動車

2008年JAF全日本ラリー選手権第5戦MSCC東京ラリー2008で優勝したのは、ランエボIXを駆る石田正史選手!今季2勝目です。
2位はGRBインプレッサの勝田範彦選手。
ランエボXで出走の田口幸宏選手は6位、奴田原文雄選手は9位。


今ラリーはグラベルラリーということで、「メロンブックスBRIGキャッツDLシティ」はエントリーしていません。
ところで、そのメロン号のインカー映像がYoutube及びニコニコ動画にUPされているそうです。
興味がある方はご覧になっては如何でしょうか?

あれ…、真ん中に見覚えがあるものが…(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008WRC第8戦ラリー・オブ・ターキーDAY3

Hirvonen wins Rally Turkey!wrc.com
Rally of Turkey day three bulletinSWRT
WRC:Rd.8 トルコラリー3Leg結果(6/15)FMotorsports WRC
<DAY3>WRC第8戦 ラリー・オブ・ターキーCar@nifty
WRC第8戦トルコ、ヒルボネンがリードを守りきり優勝AUTOSPORT WEB)※要登録

ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)が逃げ切って優勝!今季2勝目です。
ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)はSS19でトップタイムを獲ったものの7秒9及ばず2位。
セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)もSS18でトップタイムを獲るものの、ミッコとは25秒7差、ラトバラとは17秒8差で3位。
この結果、ミッコが再びランキングトップに。

というわけで以下の結果に。
1位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
2位 ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)
3位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
4位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
5位 ヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)
6位 ペター・ソルベルグ(スバル)
7位 マシュー・ウイルソン(ストバード-フォード)※
8位 コンラッド・ローテンバッハ(シトロエン)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)がヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)を逆転して4位に。
ペター・ソルベルグ(スバル)は6位。
クリス・アトキンソン(スバル)は総合13位。
ジジ・ガリ(ストバード-フォード)は3日目体調不良により出走せず。


Aigner takes P-WRC victory in Turkeywrc.com
2008年FIAプロダクションカー世界ラリー選手権 第4戦 ラリー・トルコ DAY 3三菱自動車

PWRCの方はランエボIXを駆るアンドレアス・アイグナーが優勝!今季3勝目です。
2位は48秒7差でプジョー207S2000を駆るパトリック・サンデル。
3位はランエボIXを駆るミルコ・バルダッチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008ルマン24時間耐久レース結果

h24.pdf
第76回ル・マン24時間の優勝者
アウディとトム・クリステンセンが「偉大な8勝」達成公式
宿敵プジョーを退けたアウディ。2年連続でワークス対決を制すAUTOSPORT WEB)※要登録

リナルド・カペロ/トム・クリステンセン/アラン・マクニッシュ組のアウディR10 2号車が381周走って優勝!アウディはルマン5連覇(通算8勝)達成です!またトム・クリステンセンもルマン8勝目です。
プジョー908の最上位はマルク・ジェネ/ニコラス・ミナシアン/ジャック・ビルニューブ組の7号車が同一周回ながらも4分31秒094差で2位。
プジョー勢は速いものの(ファステストラップはペドロ・ラミー/ステファン・サラザン/アレクサンダー・ヴルツ組の8号車が102周目に出した3分19秒394)、1スティントで走れる距離がアウディより少ないこととチーム力の差が出たと云うべきでしょうか?とは云え、3位にもクリスチャン・クリエン/フランク・モンタニー/リカルド・ゾンタ組の9号車が入るなど、昨年とは違って実力は均衡していると思っても良いでしょう。

ガソリンエンジン最上位はブノワ・トレルイエらがドライブしたペスカローロ/ジャッド17号車が7位。また、ロイック・デュバルらがドライブしたクラージュ/オレカ5号車は8位。と日本でもお馴染みのドライバーが活躍しています。

が、日本勢を見てみると、伊藤大輔/立川祐路/片岡龍也組の童夢S102/ジャッドは辛うじて完走したといった感じの総合33位。
寺田陽次郎/高橋一穂/加藤寛規組のクラージュ/無限は224周走って完走したものの、規定周回(266周)に満たず。
黒澤治樹/影山正美/鈴木利男組の東海大学のクラージュ・オレカ/YGKは185周でリタイア。中野信治らがドライブしたイプシロン・エスカディ/ジャッドは158周でリタイア。野田英樹が予選でクラッシュしたローラ/マツダは147周でリタイア。
(´・ω・`)ショボーン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008WRC第8戦ラリー・オブ・ターキーDAY2

Rally of Turkey day two bulletinSWRT
REPORT OF DAY2スズキWRCチャレンジ
WRC:Rd.8 トルコラリー2Leg結果(6/14)FMotorsports WRC
<DAY2>WRC第8戦 ラリー・オブ・ターキーCar@nifty
WRC第8戦トルコ、ヒルボネンがデイ2トップに浮上AUTOSPORT WEB)※要登録

フォードの作戦が的中!
ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)はSS10・11・13でトップタイムを獲って首位に!16秒2差で2位にヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)!
一方、セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)はミッコと34秒3差、ラトバラと18秒1差で3位に後退。
3日目に残るは3つのSS(31.03kmのOlympos1・2と5.5kmのCamyuva1)。そこで砂掃き役となるミッコは、そのまま逃げ切れるのか!?

2日目終了時の上位陣の順位は
1位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
2位 ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)
3位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
4位 ヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)
5位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
6位 ペター・ソルベルグ(スバル)
7位 マシュー・ウイルソン(ストバード-フォード)※
8位 ジジ・ガリ(ストバード-フォード)
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

ヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)はローブと1分34秒2差の4位に後退。
ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)はヘニングと6秒6差の5位に浮上。
ペター・ソルベルグ(スバル)はフロントサスに不安を抱えながらも6位をキープ。
ジジ・ガリ(ストバード-フォード)はSS13でターボトラブル!順位を落とした上に、SS16では体調不良になったものの何とかこの日を完走して8位。
クリス・アトキンソン(スバル)は総合20位。
スズキ勢はSS11でトニ・ガルデマイスターがラジエーター破損によるオーバーヒートで、P-G・アンダーソンは電装系のトラブルによって2台ともリタイアに。


Aigner looking more comfortable in P-WRCwrc.com
2008年FIAプロダクションカー世界ラリー選手権 第4戦 ラリー・トルコ DAY 2三菱自動車
DAY2 Report新井敏弘オフィシャルサイト

PWRCの方はランエボIXを駆るアンドレアス・アイグナーが2日目もトップ。
2位はプジョー207S2000を駆るパトリック・サンデルですが、その差は1分19秒9に開きました。
新井敏弘はメカニカルトラブルでSS14走行後にリタイア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008ルマン24時間耐久レース予選結果

Race grid公式
プジョーが2年連続のポール! アウディ奮わず、童夢は8番手に終わるAUTOSPORT WEB)※要登録
DAY1374 Le Mans 24 Hours 2008 スターティング・グリッドPEUGEOT 307 HDi

プジョー908勢が圧倒的な速さを見せています!ステファン・サラザンのドライブでポールを獲った8号車のタイムは3分18秒513。2番グリッドの9号車が3分18秒682。3番グリッドの7号車が3分20秒451。
それに対するアウディR10勢は2号車が3分23秒847で4番グリッド。3号車が3分24秒287で5番グリッド。1号車は3分25秒289で7番グリッド。
ガソリンエンジン勢はCharouz Racing Systemのローラ/アストンマーチンが3分25秒158でアウディ勢に割って入る6番グリッド。童夢S102/ジャッドは3分26秒928で8番グリッド、ペスカローロやクラージュ勢より前です。
東海大学のは3分53秒143のタイムですが最後尾スタート。


それはともかくとして予選時にクラッシュが多かった気がします。
Hideki Noda Huge Le Mans 24 Hours Qualifying Crash LIVEYouTube
Peugeot 908 Le Mans 2008 Crash/AccidentYouTube

それらのこともあるのか、ディーゼルがあまりにも有利すぎるせいなのか、来年以降の規定変更についてのアナウンスがありました。

ACOが大幅なレギュレーション変更を予告。エネルギー回収システムも導入の方向にAUTOSPORT WEB)※要登録
DAY1373 2009年以後のル・マン規定の概要が明らかにPEUGEOT 307 HDi
ACO血迷った?レースとレールと、車に乗って

安全性を高める努力は必要ですし、昨今の世界情勢からエネルギー回収システムの導入を進めるのも当然のことでしょうね。
またJLMCが昨年で終了したのですが、来年は上海と富士でアジアシリーズを開催するとのことです。これをキッカケに日本のメーカーが参戦してくれればいいのですが(特にトヨタ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008WRC第8戦ラリー・オブ・ターキーDAY1

Ford team plays its tactical aces on SS9wrc.com
Rally of Turkey day one bulletinSWRT
REPORT OF DAY1スズキWRCチャレンジ
WRC:Rd.8 トルコラリー1Leg結果(6/13)FMotorsports WRC
<DAY1>WRC第8戦 ラリー・オブ・ターキーCar@nifty
WRC第8戦トルコ、デイ1はローブがリードするが……AUTOSPORT WEB)※要登録

1日目の首位はセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)!…と云うと、いつもの通りと思われるかもしれませんが、SS8までは首位がミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)でした。
ヨルダンの時(DAY2DAY3)と同じように、2日目の砂掃き役をローブに押しつける作戦で、BP-フォード勢はSS9でペースを落として順位を少し下げています。
実際、1日目はSS1のトップタイムはローブが獲っていますが(あとSS7)、SS2はシトロエンC4を駆るウルモ・アーヴァが、SS3・6はヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)が、SS4・5・8はジジ・ガリ(ストバード-フォード)が、SS9はヘニング・ソルベルグ(ミュンヒス-フォード)が獲るなど、走行順が遅い選手が有利になっています。
しかしこれによって1位から5位まで6.8秒しか差がない状態で犇めいているわけですが、ローブはこの不利な状況から抜け出すことは出来るのでしょうか?

1日目終了時の上位陣の順位は
1位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
2位 ヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)
3位 ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)
4位 ジジ・ガリ(ストバード-フォード)
5位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
6位 ペター・ソルベルグ(スバル)
7位 マシュー・ウイルソン(ストバード-フォード)※
8位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

6位のペター・ソルベルグ(スバル)は首位とは49秒1差、5位のミッコとは42秒3差。今ラリーも完走命令が出ているようです。
トニ・ガルデマイスター(スズキ)はSS2でのパンク以外、大きなトラブルもなく9位。
P-G・アンダーソン(スズキ)は午後のステージで油圧系のトラブルが出て、SS9ではサスにダメージを受けたものの11位。
今季「ワールド・ラリーチーム・エストニア」としてシトロエンC4を駆るウルモ・アーヴァはトップタイムを出したSS2の次のステージSS3で、右リアサスにダメージを受けて大幅に後退。1日目は総合37位。
クリス・アトキンソン(スバル)は右フロントサスが破損してホイールハウスを突き抜けた為にSS6走行後にデイ撤退。


P-WRC: It’s not going to plan, Aigner’s leading...wrc.com
2008年FIAプロダクションカー世界ラリー選手権 第4戦 ラリー・トルコ DAY 1三菱自動車
DAY1 Report新井敏弘オフィシャルサイト

PWRCの方はランエボIXを駆るアンドレアス・アイグナーが現在トップ。
2位はプジョー207S2000を駆るパトリック・サンデルで、その差は僅かに0.8秒!
新井敏弘はSS7でコースオフしてデイ撤退。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13日の金曜日

「13日の金曜日」というとホッケーマスクを被ったアレよりも、野沢直子が「市原悦子が~♪」と歌うコレを思い出すのである。

それとは全く関係なく、昨晩、クルマのCDデッキからCDが取り出せなくなってしまった。
何回やっても出てこないーCDを取り出すときはこの状態で、別のCDを入れたり電源OFFにすると元に戻るのだが、エンジンキーを抜いてもこのままである。
困ったなぁ…。このままだと入ったままのCDを聴くことも出来ないんですよ(ラジオは使用可)。


■6月16日追記
ペタリ取り出せなくなったCD(CD-R)ですが、少しだけ出ていたので、セロハンテープを貼って…。



ズルズル引っ張ると、無事に取り出せました。
その後、このCD-Rと他のCDやCD-Rを入れてみましたが、このCD-Rだけが取り出しがうまく行かないようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

給油記録(2008/6/12)

レシート会社の帰りに4月14日以来の会社近くのJOMO(Self)に寄ってレギュラーを44.39L給油。
前回給油時からの走行距離は580.5km。
燃費は約13.1km/L。
レギュラー満タンで7,000円以上払う日が来るとは!Σ(゚Д゚)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

驕るなかれ

東京新聞とは別に中日新聞でも「結いの心」ってやっていたんですね。

希望見えぬ「世界一」 トヨタの足元<1>
「身の丈見失うな」 トヨタの足元<2>
誰のための削減か トヨタの足元<3>
町工場の事情がある トヨタの足元<4>
努力だけじゃ勝てぬ トヨタの足元<5>
「つぶれても仕方ない」 トヨタの足元<6>
号令一下、政治まで トヨタの足元<7>
鉄くずまで削られる トヨタの足元<8>
絆の原点忘れるな カローラの魂<1>
一体感どこへいった カローラの魂<2>
職人の誇り置き去り カローラの魂<3>
裸のつき合い あるか カローラの魂<4>
映ったのは「不信」だけ カローラの魂<5>
人は合理化できない カローラの魂<6>
薄れゆく「世のために」 カローラの魂<7>
コップの手におごり カローラの魂<8>
つながり見失って 眠らぬ街<1>
これじゃ根づけない 眠らぬ街<2>
「母さんを頼んだぞ」 眠らぬ街<3>
優しい日本人 どこへ 眠らぬ街<4>
信じ合えず、悲しいネ 眠らぬ街<5>
この恩は永遠に 眠らぬ街<6>
「何のための利益ですか」 読者からの反響(上) 足元からの声
共に歩んだ日々を再び 読者からの反響(下) 絆を思う声中日新聞

ちょっと本数があるので、まだ全部読み切れていませんが。


【関連記事】
あの会社だけでは無いかもしれないけど

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱりそれでも走る

先月下旬に「それでも走る」という記事で、四川大地震の被害に遭ったシトロエンのことを紹介したわけですが、6月9日のGIGAZINEの記事によると、Telegraphには他のクルマも掲載していたそうです。

それはそうとして、ダメージを受けまくっても走る車というと、やっぱりTopGearのハイラックスでしょうか。

Top Gear: Killing a Toyota Part 1
Top Gear: Killing a Toyota Part 2 (a)
Top Gear: Killing a Toyota Part 2 (b)YouTube:BBCWorldwide

Wikipediaにすら掲載されている有名なエピソードなので説明不要でしょうけど。

いま生産されているトヨタ車で、300,000km走行後にこんなことされて走れるかどうかは知らない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あの会社だけでは無いかもしれないけど

東京新聞結いの心で、こんな連載やっていたんですね。
東京新聞とったことないから知らなかったけど。

トヨタの足元(1) 末端の犠牲で2兆円
トヨタの足元(2) 『おごるな』戒めどこへ
トヨタの足元(3) コスト削減『誰のため』
トヨタの足元(4) 数字偏重する『カイゼン』
トヨタの足元(5) 選別される『勝ち』『負け』
トヨタの足元(6) 『お互いさま』今は昔
トヨタの足元(7) 選挙応援も上意下達
トヨタの足元(8) 頼みの“親”も様変わり東京新聞

トップが奥田になってから云々というのはよく言われていることだけどねー。
大きな会社にいる人はそうなのかもねー、と思っちゃうのはある漫画家の話を読んだせいかな?
いや、発注元とか元請けとかが実際に行われていることを理解していない事例が身近にもチラホラ見られるので何とも(汗

| | コメント (6) | トラックバック (0)

SX4WRCレプリカ(その2)

先月、オーストリアでSX4WRCレプリカ発売の記事を書きましたが、今度はドイツから発売されるそうです。

ドイツ専売WRCレプリカドイツ専売WRCレプリカ
Suzuki SX4 WRC Special Edition (De)WorldCarFans.com
Suzuki SX4 WRC Special EditionNihon Car

オーストリアのモデルは1.9LディーゼルエンジンのFFがベースでしたが、ドイツの方は1.6LガソリンエンジンのFFがベース。出力は79kW(107ps)のまま。
外装はWRCっぽくステッカーなどが貼られ、16インチアルミホイールに205/60R16のタイヤを装着、カーボンチックな内装や専用シフトノブが装備されています。
が、カラーリングがツートーンじゃないので、見た目はオーストリアの方に軍配を上げます。

WRウィングあと、オーストリアにしてもドイツにしても、リアウイングにはコレを付けるべきだと思うんだが。
無いと何となくリアが寂しくないですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靴の件

上:フェラドゥーラLC 下:リュウ・スリップオン上:フェラドゥーラLC 下:リュウ・スリップオン
先日買ったPUMA、2足である。
いつも履いている他メーカーのスニーカーより1cm大きめの物を購入である。
スリムなのでペダルに引っかからないし、意外と履き心地も思ったよりも悪くなかったりする。一日歩き回るのには向かないが、運転するのには支障がないだろうと思っていましたが…。

フェラドゥーラLCの方は特に問題なかったのですが。

リュウ・スリップオンクラッチペダルに左足を乗せた状態で撮影
リュウ・スリップオンの方は、写真の青丸の部分がクラッチを踏むときに足首に当たって痛いのである。いや、当たるというか刺さる感覚である。
右足の方はアクセル操作してもブレーキ操作しても、特に何ともないのであるが。
スリップオンタイプのスニーカーって買うのは実は初めてだったりするのですが、靴屋で試し履きしたときに違和感を感じなかったのでそのまま買ったのですが、試し履きしたのは右足だけだったりする(汗

という訳でリュウ・スリップオンは「AT車なら大丈夫かもしれないがMT車には向かない」との結論に。
ただ単に私のクラッチペダルの踏み方に相性が出ただけかもしれないけど。

排水性は無さそうださて困った。
フェラドゥーラLCはアッパーがパンチングレザー&スエードな上に、ソールの形状が写真の通りなので、雨の日に履いていく気がしない。
早い内に別の靴を買わなくてはならなくなった。
再び靴屋巡りの日々が再開されるのであった…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スバル・トヨタ共同開発FRスポーツカー

Toyota Subaru joint RWD coupeCAMARO5

現在スバル・トヨタが共同開発中のFRスポーツカーのSpyShotがCAMARO5のフォーラムに掲載されました。
また、同じ写真がAutoblogJAPLONIKCARSCOOPWinding Roadにも掲載されています。
現行レガシィっぽく擬装されていますが、あきらかに後席やホイールベースが短いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔のクルマでも燃費良いのは有る

「新型プリウス」よりもエコな「中古車」、米国で人気Wired Vision

そういえば、うちの父が乗っていたEG7シビックフェリオ。
搭載しているD13Bはパワーが85psしかないのに、ギア比がVTEC-EのETiとMTのギア比が一緒(さすがにファイナルは違うけど)で、加速がやたらと遅い(でもエンジンはよく回る)ので街中では1~3速しか使わないのに、燃費が20km/Lなんて平気で出していた。
車両重量が1トン以下というのもあるかもしれない。

今だと安全対策とかで車重が増えているから、メーカー側での燃費を良くする努力というのは相当大変なのだろう。今の時代に、例えばバラードスポーツCR-XやGAシティを当時のまま出すことは無理だろうし。

それはそれとして、なんだコレ
さすがは口先だけ「エコ」と叫ぶ会社だけのことはあるとは思った。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

これは…なんだろう?

昼食を買いにコンビニに行ったら
GF8がベースだろうか?
こんなGFインプレッサが駐まっていた。
曇天の下、ケータイで撮影したので写りが悪いのだが(汗
何に使うインプレッサなんだろう?
撮影用か何かかしら??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひむかラリー'08in美郷の結果

リザルトひむかラリー in 美郷
ひむかラリー '08 in 美郷③勝田範彦 公式ブログ
【JRCA】全日本ラリー選手権第4戦「ひむかラリー'08in美郷」 インプレッサの勝田範彦が優勝AUTOSPORT WEB)※要登録

2008年JAF全日本ラリー選手権第4戦ひむかラリー'08in美郷で総合優勝したのは、インプレッサを駆る勝田範彦選手!今季2勝目で再びランキングトップに。
2位はランエボIXを駆る田口幸宏選手。
3位はインプレッサを駆る北村和浩選手。

今ラリーはグラベルラリーということで、「メロンブックスBRIGキャッツDLシティ」はエントリーしていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008WRC第7戦アクロポリス・ラリーDAY3

Loeb celebrates Acropolis winwrc.com
Acropolis Rally day three bulletinSWRT
REPORT OF DAY3スズキWRCチャレンジ
WRC:Rd.7 アクロポリスラリー3日目結果(6/01)FMotorsports WRC
<DAY3>WRC第7戦 アクロポリス・ラリーCar@nifty
WRCアクロポリス:ローブが今季5勝目。スバルのソルベルグはニューマシンを2位に導くAUTOSPORT WEB)※要登録

セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)がそのまま逃げ切って優勝!今季5勝目。
ペター・ソルベルグ(スバル)は久々のポディウムフィニッシュとなる2位。新型インプレッサのデビューとしては合格点を付ける事が出来ますね!
3位をヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)とミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)で争っていたものの、ヘニングがSS16から電気系のトラブルでペースダウン。3位はミッコとなり、ヘニングは8位に。兄弟でポディウムとは行きませんでした。

というわけで以下の結果に。
1位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
2位 ペター・ソルベルグ(スバル)
3位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
4位 ウルモ・アーヴァ(シトロエン)※
5位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
6位 マシュー・ウイルソン(ストバード-フォード)※
7位 ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)
8位 ヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

ローブ優勝、ミッコ3位ということで、ポイントランキングトップは1ポイント差でローブに。
C4を駆るウルモ・アーヴァは4位入賞。
SS15・18・19でトップタイムを出したヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)は前日より1つ上げた7位。
スズキ勢はトニ・ガルデマイスターが9位、P-G・アンダーソンが11位で、2台ともマニュファクチャラー・ポイントを獲得。
スーパーラリーで再出走のジジ・ガリ(ストバード-フォード)はSS16・17でトップタイムを獲ったものの、SS18でサスを破損しリタイア。
同じく再出走のクリス・アトキンソン(スバル)はSS14でトップタイムを獲ったものの、SS15でサスにダメージを受けてSSフィニッシュ後にリタイア。


Aigner takes epic P-WRC victory in Greecewrc.com
2008年FIAプロダクションカー世界ラリー選手権 第3戦 アクロポリスラリー DAY 3三菱自動車

PWRCの方はランエボIXを駆るアンドレアス・アイグナーが優勝。PWRC2連勝です。
奴田原文雄は4位入賞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008WRC第7戦アクロポリス・ラリーDAY2

Loeb leads Acropolis after day twowrc.com
Acropolis Rally day two bulletinSWRT
REPORT OF DAY2スズキWRCチャレンジ
WRC:Rd.7 アクロポリスラリー2日目結果(5/31)FMotorsports WRC
<DAY2>WRC第7戦 アクロポリス・ラリーCar@nifty
WRCアクロポリス、デイ2もローブの首位は変わらずも2位にはペターが浮上AUTOSPORT WEB)※要登録

SS9でセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)がパンクしてしまい、首位はダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)に。が、そのソルドが午後のステージSS11・12でパンクを喫し、さらにSS13でもパンクしてホイールからタイヤが外れたまま走行して7位にまで後退。レギュレーションでリエゾン区間を4本のタイヤが付いていない状態で走るのを禁じているので、パンクしたタイヤを装着して走る羽目に。
ソルドが後退したことでペター・ソルベルグ(スバル)が2位に浮上。全開アタックをしていないものの、ローブのペースが上がらないので、その差は28秒7。
3位はヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)が浮上。ペターとの差は36秒6。

2日目終了時の上位陣の順位は
1位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
2位 ペター・ソルベルグ(スバル)
3位 ヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)
4位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
5位 ウルモ・アーヴァ(シトロエン)※
6位 マシュー・ウイルソン(ストバード-フォード)※
7位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
8位 ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)はSS8でトップタイムを採るものの、SS9で右後輪にダメージを受けてペースダウン。SS10では後ろから来たペターに追いつかれてしまうほどで8位まで後退。サービスで修復後、SS11でトップタイムを出すなどして4位。
ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)は午後のステージでターボのブースト圧が上がらないトラブルで8位に後退。
クリス・アトキンソン(スバル)は電気系のトラブルでデイ撤退。
ジジ・ガリ(ストバード-フォード)はSS9・10でトップタイムを獲るなど健闘したものの、SS11で油圧系のトラブルによりデイ撤退。
スズキ勢はトニ・ガルデマイスターが10位、P-G・アンダーソンが13位。


2008年FIAプロダクションカー世界ラリー選手権 第3戦 アクロポリスラリー DAY 2三菱自動車
速報 ~新井敏弘選手、デイ2から撤退新井敏弘オフィシャルサイト
DAY 2 終了奴田原が行く!

PWRCの方はランエボIXを駆るアンドレアス・アイグナーが現在トップ。総合でも12位。
そして日本勢は奴田原文雄が5位。
インプレッサ勢の新井敏弘とナッサー・サレ・アルアティヤー(ともにGRBで参戦)がリタイアしたために、PWRCの1~10位までをランエボが占めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道路交通法の改正

改正された道路交通法が今日6月1日から施行された訳ですが、リンク先の条文を読んでも判りにくいので、わかりやすく解説しているところを紹介しますね。

法令・制度 / 道路交通法改正 / 平成20年6月1日施行のもの千葉県警
平成20年の施行内容道路交通法の改正ポイント

ポイントとなるのは
○後部座席シートベルトの着用義務化
○高齢運転者標識(もみじマーク)の表示の義務化
○聴覚障害者標識の表示の義務化
○普通自転車が歩道を通行することができる要件の明確化
でしょうか。
後席シートベルトがまだ義務化していなかったというのはビックリでした。てっきりもう義務化されているものとばかり。

「面倒」の声も 後部座席シートベルト義務化でイザ!

「面倒」とか言わずに装着してください。たとえ後席でもシートベルトをしていないせいで大怪我したり死亡したりする例はありますよ。
という訳で、衝突実験映像を貼っておきますね。


衝撃映像「後席シートベルト衝突テスト」JAFYouTube
衝撃映像「後席シートベルト衝突テスト」JAFStart Your Engines


交通事故を再現 後部シートベルト安全性訴えYouTube
交通事故を再現 後部シートベルト安全性訴えTOKYO MX NEWS

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »