« また靴の件 | トップページ | 給油記録(2008/7/11) »

100km/Lカー市販化!

VW One Liter Concept
VW to relaunch 'one-litre' eco carCar Magazine
フォルクスワーゲン「リッター100キロ」車発売へ、画像で紹介Wired Vision

2002年に公表された(参考:WebCG)、VWの1リッターカーが2010年にも市販化されるとの話。

タンデム2シーター、コーダトロンガにデザインされたカーボンモノコックボディを持つこのクルマは、カーボンの他にもマグネシウム・チタン・アルミを駆使し、その車両重量は300kg未満であり、また空気抵抗値は0.16を切る。
搭載されているエンジンは2002年当時は出力が8.5psの300cc単気筒ディーゼルエンジンであったが(それでも最高速は120km/h!)、市販モデルはよりパワフルな2気筒ターボディーゼルになるという話である。
他にもシーケンシャル・トランスミッションやABS/ESPも搭載し、ヘッドライト及びテールランプがLEDとなるこのクルマ、高価な素材をふんだんに使用し生産台数も限られているために、その価格は€20,000~€30,000(日本円で350~500万円)になる予想だそうである。

VW One Liter Concept

同じVWグループのブガッティ・ヴェイロンが大出力・超高速のハイパフォーマンスカーであるとするなら、この1リッターカーは超低燃費のハイパフォーマンスカーであろう。
予想価格の€20,000~€30,000は決して安くない。が、€64,500~€123,500もするVW・フェートンに乗るよりは、コッチの方がクールではないだろうか?

|

« また靴の件 | トップページ | 給油記録(2008/7/11) »

コメント

 コレはスゴイ!
 現代版のイメージリーダーカー…といった趣かも。

 パワーやスピードではなく、省燃費を本気で突き詰めた…ってのがホントにクールですねぇ。

投稿: ながみ@GF8C | 2008/07/09 20:48

>>ながみ@GF8Cさん
>現代版のイメージリーダーカー
一番初めに見たとき、「現代版メッサーシュミット」と思いましたけどね(タンデム2人乗りなので)。その割には値段が高いですがw

>省燃費を本気で突き詰めた
日本メーカーでも、これぐらいやるところが在ればいいのですがねぇ~。

投稿: 奇妙な青 | 2008/07/10 00:02

高すぎる!

まんま、ソーラーカーレースに出てくるのを、市販するような
物やねえ。

投稿: G | 2008/07/11 15:57

>>Gさん
燃料電池車よりは安いでぇ~。

投稿: 奇妙な青 | 2008/07/11 21:57

実用性はともかく、これを市販してしまうのがスゴイ。
横のフォルムは何となくインサイトっぽいですが、後方からのショットはソルトレイクの最高速チャレンジャーみたいですね。
でも、これを日本で乗ったらインパクトあるでしょうねえ。
オトナが4人乗れない中途半端な小型車を出そうとしてるどこかも、これくらいの割り切りを見習って欲しいものですw

投稿: DeepSky | 2008/07/12 00:32

>>DeepSkyさん
少量生産のスペシャルでこんなのを作るというのもスゴイですよね。これのドコが「国民車」なのかは不明ですがw

>これを日本で乗ったらインパクトあるでしょう
見た目はアレだけど、スペックと価格知ったらみんなビックリするでしょうね。

>オトナが4人乗れない中途半端な小型車
あれはスマートスキーというよりは小貴族スキーだよねぇ~w

投稿: 奇妙な青 | 2008/07/12 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/41781117

この記事へのトラックバック一覧です: 100km/Lカー市販化!:

« また靴の件 | トップページ | 給油記録(2008/7/11) »