« 伊藤大輔選手、DVD撮影中に事故 | トップページ | 人のせいにするな »

次は世界最速EVへのチャレンジ

Ultimate Aero TTUltimate Aero TT

2008年7月現在の世界最速市販車は、Shelby Super CarsのUltimate Aero TTという車です。
一説にはシボレーのLS6がベースと云われる6.35リッターV8にツインターボを装着して最高出力1,183bhp/6,950rpm、最大トルク1,094lb-ft(1,483Nm)/6,150rpmも出す化け物エンジンをミッドシップ搭載して後輪を駆動します。エンジン出力を見るとブガッティ・ヴェイロン(1,001ps,1,250Nm)や二○加煎餅w(900hp,1,050Nm)を遙かに上回るパワーを出しています。
それだけのパワーを誇るだけのことはあって、2007年9月13日にワシントン州のハイウェイ221に於いて速度測定を行い、1回目(往路)で257.45mph(414.31km/h)、2回目(復路)で254.92mph(410.24km/h)を出し、その平均である256.19mph(412.28km/h)がギネス公認の世界記録となりました。


ノーヘル+半袖で最高速度挑戦ってドーよ!?とは思うのだが(滝汗


それはさておき、ガソリンV8+ツインターボで世界最速市販車の座を手に入れたShelby Super Carsは新たな目標に向かって進むようです。

SSC 'Going Green' In New SuperCar DevelopmentShelby Super Cars
Shelby Supercars promises breakthrough EV, delivers a lot of hyperboleAutoblog

2009年2月に試作車をロールアウトする予定のその車の名は「Ultimate Aero EV」。
そう、彼らは市販電気自動車最速の座も狙っているのです!
370km/hを出したエリーカは市販されていないので、今の市販最速は200km/hのTesla Roadsterということになると思いますが(間違っていたら指摘お願いします)、当然それを上回る記録を狙っているものと思われます。というかUltimate Aero TTの記録すら破るつもりなんじゃ…。

ちなみに電気自動車の最高速度記録はオハイオ州大学のBuckeye Bullet (BB1)が出した314mph(約505km/h)。ボンネビル・スピードウェイを走る速度記録挑戦車なので公道は走れませんが。

|

« 伊藤大輔選手、DVD撮影中に事故 | トップページ | 人のせいにするな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/41916905

この記事へのトラックバック一覧です: 次は世界最速EVへのチャレンジ:

« 伊藤大輔選手、DVD撮影中に事故 | トップページ | 人のせいにするな »