« 購入予告? | トップページ | アメリカでは病気や怪我したらアレとは聞いていたけど »

2008WRC第11戦ラリー・ニュージーランドDAY1

End of day one - Hirvonen leads Rally New Zealandwrc.com
2008年ニュージーランド:デイ1の結果WRC JAPAN
Repco Rally New Zealand day one bulletinSWRT
REPORT OF DAY 1スズキWRCチャレンジ
WRC:Rd.11 ニュージーランドラリーLeg1結果(8/29)FMotorsports WRC
<DAY1>WRC第11戦 ラリー・ニュージーランドCar@nifty
激戦のWRCニュージーランド、ヒルボネンが初日トップAUTOSPORT WEB)※要登録

現在ドライバーズランキングトップの為に先頭スタートとなりグラベル路面の掃除役となってしまうセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)。それでもミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)との首位争いを繰り広げていたものの、スターターモーターのトラブルによりエンジンが掛からなくなってSS4-2のスタートに遅れ、30秒のペナルティを受けることに。
首位のミッコと2位のローブとの差は27秒8。ローブと3位のダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)との差は2秒2。ソルドと4位のラトバラとの差は0秒1。

1日目終了時の上位陣の順位は
1位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
2位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
3位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
4位 ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)
5位 フランソワ・デュバル(ストバード-フォード)
6位 ウルモ・アーヴァ(シトロエン)※
7位 ペター・ソルベルグ(スバル)
8位 P-G・アンダーソン(スズキ)
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

ジジ・ガリの代役として久々のグラベルラリーとなったフランソワ・デュバル(ストバード-フォード)はラトバラから57秒8差の5位。
ペター・ソルベルグ(スバル)はペースが上がらず7位。
スズキ勢は7位にP-G・アンダーソン、8位にトニ・ガルデマイスター。
クリス・アトキンソン(スバル)はSS3でコースアウトしてデイ撤退。


DAY 1終了奴田原が行く!
新井敏弘選手、ストップの状況
新井敏弘選手、リタイヤ新井敏弘オフィシャルサイト

PWRCの方はランエボIXを駆るミルコ・バルダッチが首位。同じくランエボIXを駆るマーティン・プロコップが2位、奴田原文雄が3位。
新井敏弘はSS3で木の枝がラジエーターに刺さり、それに気がつかないままSSをゴールしてエンジンにダメージを受けた為にリタイアとなってしまいました。

|

« 購入予告? | トップページ | アメリカでは病気や怪我したらアレとは聞いていたけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/42328165

この記事へのトラックバック一覧です: 2008WRC第11戦ラリー・ニュージーランドDAY1:

« 購入予告? | トップページ | アメリカでは病気や怪我したらアレとは聞いていたけど »