« 2008WRC第11戦ラリー・ニュージーランドDAY2 | トップページ | 2008WRC第11戦ラリー・ニュージーランドDAY3 »

燃費と修理費と命の三択にならないか?

カテゴリーを「そんな餌で以下略」にするか「交通安全について考える」にするか悩んだ。

ガソリン高騰の中 燃費向上へ“特効薬” AT車レバー 切り替え装置西日本新聞
[SS] (同記事の転載:Yahoo!goo

某燃費向上スレではニュートラル走行の是非について侃々諤々だったりしますが、そんな時に福岡県の立山自動車工業が「ニュートラン」という装置を開発したとのニュースが。

> 加速後、速度を一定に保つためアクセルペダルから足を離すと、装置と変速機をつなぐワイヤが働き、シフトレバーが自動的にドライブ(D)からニュートラル(N)に入る。Nだと、エンジンと変速機が切り離され、慣性で走るため、Dのみで走行するよりも燃料の消費を抑えられるという。運転者が再加速したりブレーキを踏んだりすれば、自動的にDに切り替わる。AT車なら、すべての車種に取り付けられるとしている。

Dレンジでアクセルオフするとフューエルカットが働くけど、Nレンジだとアイドリングを維持しようとしてフューエルカットは働かないんじゃなかったっけ?
あと走行中にNレンジにするなとインプレッサの取説にも載っているけど。
走行中にNレンジにすることによる、ATその物への負荷とかもどうなんだろうね?

いや、私はMT車乗りなので、AT車でニュートラル走行するとどうなるかなんて知ったこっちゃないですが(酷
MT車でニュートラル走行なんて、そんな危険なことはしませんがね。
だってニュートラルだと
エンジンブレーキ効かないじゃん(吐血

|

« 2008WRC第11戦ラリー・ニュージーランドDAY2 | トップページ | 2008WRC第11戦ラリー・ニュージーランドDAY3 »

コメント

こんな時間まで起きているDeepSkyです(挨拶
大抵のAT車ってスロットルをニュートラルにすると、惰性で走るようになっていると思うのですが? こんな装置をわざわざつける必要性って有るのか疑問ですね。
走行中にNレンジに入れるとトルコンに負荷がかかるんじゃなかったかな?
レガシイで高速走行中にこれやってATが加熱して炎上したDQNがいたと記憶してます。
それに取り説にも「AT車の牽引は30km/h以下で行うこと」って書いてあったような?

こんな装置をつけるんだったら、スバルのNコントロール付ATの方が効果あるんじゃないですかねえ。

投稿: DeepSky | 2008/09/01 01:59

ATは確かNにするとハンドルが切れなくなるのでは。
昔マンガの読者投稿ネタで有ったような。ガソリンがもったいないからと坂道でNに切り替えたらハンドルが切れなくて、カーブが回れずに事故になって、警察から怒られたと言うネタの4コママンガを読んだような覚えが有るのですが。(Pレンジでは無いと思いますが。)
当方もMTですので詳しいことは分かりませんが。

投稿: 星屑倶楽部 | 2008/09/01 08:57

 最近のはどうか知りませんけど…AT車ってアクセル抜いてもエンジンブレーキがかかりにくい→MT車よりも惰性で走っている…というイメージがあるんですが、費用対効果…というか、命と秤にかけると…ワタシは絶対付けたくないですね…。

>DeepSkyさん
>牽引
 ウチの説明書でもありました。駆動方式により3種類…
・2WD:(条件2)走行距離30km以内、速度30km/h以下で可能。
・アクティブ4WD:(条件3)エンジンを回さない。または4WDを解除して走行距離30km以内、速度30km/h以下で可能。
 エンジンを回したり4WDを解除しないで牽引すると、調整クラッチが損傷することがあります。
・LSD付き4WD:(条件5)エンジンを回さないで走行距離30km以内、速度30km/h以下で可能。
 エンジンを回して牽引すると、LSD機構部分が損傷することがあります。

#書きながら…(条件4)の文末…「損傷すること『わ』あります」という誤植を発見してしまった…(爆)

投稿: ながみ@GF8C | 2008/09/01 22:14

>>DeepSkyさん
ニュートラル走行のメリット・デメリットを把握している人が自分の意志でやるのではなく、機械任せというのが。問題が発生した場合は責任は誰が取るんでしょうね?


>>星屑倶楽部さん
会社の車で走行中に間違ってNレンジにしたことがあるけど、ハンドルが効かないと云うことは無かったですよ。
ただ10年以上も昔に夕方のニュース番組で自称燃費の達人という人が、下り坂でエンジンOFFをやっていました。あれだとパワステ効かないし、ブレーキのブーストも効かないので大変危険な行為でした。


>>ながみ@GF8Cさん
Dレンジのままだとエンジンブレーキかかりませんね。

投稿: 奇妙な青 | 2008/09/02 01:29

Dレンジから走行中にNレンジに入れたからといってハンドルが切れなくなると言う事は聞いた事ありませんが、信号待ち等でDレンジからNレンジに繰り返し入れ替えたが為にトルコン等をダメにしてATアッセンで交換にしなきゃならないって言う事例はあるみたいですよ。

もともとMTのようにATだとエンブレが効かせる事が出来ない(マニュアルモード付きでダウンシフトを出来るなら別ですが)危険な上にエンジンの力で倍力装置を動かしているブレーキの事を考えると危険でしょうね。

投稿: ウッkey | 2008/09/02 01:40

>>ウッkeyさん
あんまりAT車でDとNを頻繁にシフトするなと言われたことがありますが、そういうことだったのですか。

投稿: 奇妙な青 | 2008/09/02 02:00

某有名自動車雑誌で、
最近のAT車は大変頭が良いので、
走行中にNレンジに入れても燃費向上が望めないとか書いてあったような・・・。

停車中もDからNに入れると、
エンジン回転数が50rpm程度高回転になるので、
停車中もNに入れても意味無いんじゃね?とか思うw

投稿: ノビチェンコ | 2008/09/02 16:45

>>ノビチェンコさん
信号待ちが長いようだったらアイドリングストップした方が燃費に良いような気がする。

投稿: 奇妙な青 | 2008/09/02 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/42337372

この記事へのトラックバック一覧です: 燃費と修理費と命の三択にならないか?:

« 2008WRC第11戦ラリー・ニュージーランドDAY2 | トップページ | 2008WRC第11戦ラリー・ニュージーランドDAY3 »