« 2007年F1日本GP訴訟第一回口頭弁論 | トップページ | タイヤが来年早々また上がる? »

後ろの車が気になる

HELPpya!

これはオーストラリアとニュージーランドの自動車クラブ、およびニュージーランド政府とオーストラリアの各州政府などによって運営されているAustralasian New Car Assessment Program(ANCAP)の広告だそうです。
広告の右下に書かれているフレーズは「BEWARE OF CARS WITH LESS THAN 4 STARS. 」、日本語だと「4ツ星未満の車には注意」でしょうか?(ANCAPは5段階評価)

ちなみにスバル車の評価はすべて4ツ星以上。現行販売車種に至ってはオール5ツ星となっております。
まぁ最近発売した車は最高評価の5ツ星が当たり前だろ?という気もしないではありませんが、ダミー人形が逃げ出したくもなる車というのは未だに存在するわけで(汗
広告に出てくる車が何なのかは分かりませんが、2ツ星評価をされている現行車がクライスラー・ボイジャーフォード・クーリエ4×4ホールデン・バリーナ(大宇・カロスのOEM車)マヒンドラ・ピックアップと4車種もある(3ツ星はもっとある)。

しかし、それらを下回る1ツ星評価の車が今でも売られているのだが!

Mitsubishi Express Crash Test: 1 Star ANCAP RatingYouTube:ANCAPVIDEO

ANCAPで1ツ星評価のこのクルマ、現地名「Mitsubishi Express」、日本では「デリカ バン」という名で売られていた商用バンです(3代目)。

このバンでクラッシュしたときには

ANCAPの広告ANCAPの広告
やっぱりこうなっちゃうんですかねー(滝汗


■8月19日追記
コメント欄で指摘がありましたが、記事中に於いて「Mitsubishi Express」と現在日本国内で販売されている「デリカ バン」(4代目と現行5代目はマツダ・ボンゴのOEM)が同一車種であるかのような表記がされていました。「Mitsubishi Express」は1986年6月19日FMCの3代目デリカ バンと同一車種であり、現行のデリカ バンとは全くの別物です。
記事を訂正するとともに、紛らわしい表現を用いてしまったことをお詫びいたします。

|

« 2007年F1日本GP訴訟第一回口頭弁論 | トップページ | タイヤが来年早々また上がる? »

コメント

機体を安くする為に削った部分は、全部安全装置まわりなのか?
まあ、その分、軽くて動かしやすいのかもしれません。
翼つければ、きっと、飛べるよ。

投稿: G | 2008/08/15 11:15

>>Gさん
12試艦上戦闘機ぢゃねぇーんだからw

投稿: 奇妙な青 | 2008/08/15 11:51

はじめまして。
日本では「デリカ バン」という名で売られている商用バンです。って書いてありますが、衝突前の正面画像を見る限り 日本国内での車両とは違うような気がします。

国内でのデリカ バンは マツダからのOEMだったような気がします。

投稿: 三ツ星 | 2008/08/19 09:53

>>三ツ星さん
大変すみません!確認が不十分でした!

現在日本国内で「デリカバン」として販売されているのは、マツダのボンゴですね。Mitsubishi Expressの方は3代目デリカバンですね。20年以上も生産されているのは驚異的というか、そりゃ安全性も劣るわけで(汗

記事の方を一部訂正しておきます。
指摘していただき有り難うございます。

投稿: 奇妙な青 | 2008/08/19 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/42168368

この記事へのトラックバック一覧です: 後ろの車が気になる:

« 2007年F1日本GP訴訟第一回口頭弁論 | トップページ | タイヤが来年早々また上がる? »