« なんとかスキャンしてみたけど | トップページ | 2008WRC第14戦ラリー・ジャパンDAY2 »

2008WRC第14戦ラリー・ジャパンDAY1

今までの十勝から札幌に舞台を移してのラリージャパン開幕です!

img4.jpg
start_toni_03_large.jpg スズキWRCチャレンジ
日本初登場、スズキのWRカーは初心者マーク付き!AUTOSPORT WEB

スズキのトニ・ガルデマイスターのSX4WRCに初心者マークが。なんでも所持しているモナコの運転免許証が日本では承認されていないために、公道を使用するラリーでは日本の免許証が必要と言うことで、月曜日に北海道内の免許センターで試験を受け日本の運転免許を取得したのだそうだ。
もちろん免許を取得して1年どころか1週間も経過していないので、初心者マークを貼らねばならない(参考:警視庁)わけで。
…となると海外のラリーで18歳未満の選手が居たりするけど、日本だと無理なんだろうか?


エボマガ×ASCII.jp号 ラリージャパンに参戦!ASCII.jp

そういえばASCII.jpランサーエボリューションマガジンのコラボレーションで、ランエボXがラリー・ジャパンに参戦!
今のところ、ASCII.jpの方は車検まで掲載されています。
ランエボXって、今年の8月1日にFIAのホモロゲ取得していますけど、新型でどこまで活躍できますかねー。GRBインプレッサは苦戦していますけど。


ラリージャパン2008:スバルインプレッサ・ソルベルグ選手がまた好きになった[の] のまのしわざ

シェイクダウン走行の映像をUPされている方がいらっしゃいました。
ペターのファンサービスは相変わらずで何より(*^_^*)
これに対抗できるのはジジ・ガリぐらいですが、ただいま負傷欠場中。


End day one: Hirvonen leads after intermittent opening day in Japanwrc.com
2008年ジャパン:デイ1の結果WRC JAPAN
Rally Japan day one bulletinSWRT
REPORT OF DAY 1スズキWRCチャレンジ
WRC:Rd.14 日本ラリーLeg1結果(10/31)FMotorsports WRC
<DAY1>WRC第14戦 ラリージャパンCar@nifty
波乱のラリージャパンDAY1、ヒルボネンがトップを快走AUTOSPORT WEB)※要登録

なんと雪の為にSS3と7がキャンセルとなった1日目。SS1・2と連続トップタイムで飛び出したのはミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)。ドライバーズタイトルのためにはもう負けられません。
SS4でセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)がトップタイムを獲るものの、SS5以降はミッコが連続でトップタイムを獲って差を拡げようとします。

ところがSS5でヤリ-マティ・ラトバラ(ストバード-フォード)を抜いてミッコと11秒9差の2位に浮上したフランソワ・デュバル(ストバード-フォード)が、SS6をスタートして約4.8km地点でクラッシュ。

コ・ドライバーのパトリック・ピバトは病院に搬送され、骨盤と脛骨が骨折していたとのことで手術を受けたそうです。
このアクシデントによりSS6はキャンセル。また、作業による遅れのためSS8もキャンセルとなりました。
1日で4つのSSがキャンセル…(汗

1日目終了時の上位陣の順位は
1位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
2位 ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)
3位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
4位 クリス・アトキンソン(スバル)
5位 ペター・ソルベルグ(スバル)
6位 マシュー・ウイルソン(ストバード-フォード)
7位 P-G・アンダーソン(スズキ)
8位 トニ・ガルデマイスター(スズキ)

ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)は、ミッコと26秒2差の2位。
ランキングトップのセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)は、ラトバラと4秒4差の3位。
スバル勢のクリス・アトキンソンはローブと29秒7差で4位。5位のペター・ソルベルグはクリスとの差が僅かに1秒7。
スズキ勢はP-G・アンダーソンが7位、トニ・ガルデマイスターが8位と入賞圏内を走行中。
ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)はSS6でターボトラブルによりデイ撤退。
コンラッド・ローテンバッハ(シトロエン)はSS1でコースオフしてデイ撤退。


Novikov moves into the lead of the P-WRC battlewrc.com
2008年ジャパン:PWRCニュース -デイ1newWRC JAPAN
2008年FIAプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)第7戦 ラリージャパン DAY 1三菱自動車
DAY1 Report新井敏弘オフィシャルサイト
PWRCラリージャパン:トシ、ヌタを抑えて堂々トップのノビコフってダレダ?AUTOSPORT WEB)※要登録

PWRCの方はロシアからやって来たランエボIXを駆るエフゲニー・ノビコフ(18歳)が現在トップ。
GRBインプレッサを駆る新井敏弘は5秒3差で2位。
今ラリーがWRCデビューとなるランエボXを駆る田口勝彦は5位、奴田原文雄は6位。

|

« なんとかスキャンしてみたけど | トップページ | 2008WRC第14戦ラリー・ジャパンDAY2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/42971720

この記事へのトラックバック一覧です: 2008WRC第14戦ラリー・ジャパンDAY1:

« なんとかスキャンしてみたけど | トップページ | 2008WRC第14戦ラリー・ジャパンDAY2 »