« 第14回日本EVフェスティバル(コンバートEV編) | トップページ | 第1回痛Gふぇすたinお台場(スバル車編1) »

第14回日本EVフェスティバル(1時間耐久レース編)

やっとコンバートEV1時間ディスタンスチャレンジについてですよ。

スタート前

この1時間耐久レースは他の筑波サーキットで行われるレースと違って、ピットレーンが解放されていて一般の人が入れたりします。その代わりメインストレートの右半分がピットレーンとなっています。

メインストレートメインストレート

ピットインは5回以上を義務づけられ、その際のピットストップは30秒以上停止していなければならないというルールになっています。

減速30km/hスピード取り締まり

ストレートを通過する車両はメインストレートの左側を走行するわけですが、速度制限30km/hとなっており、オーバーすると10km/h毎に5周減算のペナルティが課せられます。

これによって速かったのに周回数減算されて下位に沈むチームが出たりします。

見ていて一番速かったのはゼッケン23番ダイハツ有志チームの「コペンEV-R」号。実際にこのレースのファステストラップである1分45秒426のタイムを22周目に出しています。2分切りしているのは他にゼッケン18番Sanoh EV チームの「Coupe EV」号が1分47秒759を出しているだけです。しかしコペンは「地球温暖化クイズ」による周回数加算がありながらも、ハンデで4周減算され、速度違反で5周減算されていたので順位としては中段に。

個人的に応援していた、ゼッケン2番「千葉県自動車総合大学校」の1995年式スバル・ヴィヴィオがベースの「Blue CATS-i」号ですが、最後にバッテリー切れしてしまい、なんとか最終コーナーまで戻ってきましたが、時既に遅くタイムオーバーで完走とはなりませんでした。

すいません。この時の脳内BGMが「盆回り」でした(汗

|

« 第14回日本EVフェスティバル(コンバートEV編) | トップページ | 第1回痛Gふぇすたinお台場(スバル車編1) »

コメント

単純に速く走ればいいと言うレースじゃないところが面白いですね。
某「鉄腕」に出ている「だんきちくん」にも、来年は是非出場してもらいたいものだ・・・。

投稿: DeepSky | 2008/11/13 22:42

>>DeepSkyさん
今、静岡県にいるんでしたっけ?
だったら来年は是非来て欲しいですね!
…筑波サーキットが大変なことになりそうな気がするけど(ォ

投稿: 奇妙な青 | 2008/11/13 23:54

千葉県自動車総合大学校の自動車車体整備科の秋元と申します。かなり時間がたってしまいましたが応援ありがとうございました。

投稿: 千葉県自動車総合大学校 | 2009/03/12 13:21

>>千葉県自動車総合大学校の自動車車体整備科の秋元さん
自動車車体整備科ブログ開設おめでとうございます。EVコンバートしたヴィヴィオの記事の続きを楽しみにしております。

投稿: 奇妙な青 | 2009/03/13 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/43086052

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回日本EVフェスティバル(1時間耐久レース編):

» CO2の排出量 [CO2の排出量]
今テレビやインターネット、新聞など色々なところで話題になっている地球の温暖化対策。 [続きを読む]

受信: 2008/11/12 19:57

« 第14回日本EVフェスティバル(コンバートEV編) | トップページ | 第1回痛Gふぇすたinお台場(スバル車編1) »