« 第14回日本EVフェスティバルに行ってきたよ | トップページ | 保険更新しました »

ラジコンも痛車で商品化

今月9日に行われる、「痛Gふぇすた」は行くべきかどうか悩んでいる奇妙な青です。

本格的な痛車ブームがキタのか!? マクロスFとCLANNADの痛プラモ&ラジコンが痛々しく登場!ASCII.jp
「マクロスF」痛車ラジコン(ランカ インプ/シェリル ランエボ)発売! 「きゃらコン」の第1弾作品アキバ総研

アオシマから痛車のプラモがどんどん商品化されていますが、ラジコンはシー・シー・ピーから「きゃらコン」という名前で商品化されました。

マクロスF」からの商品化なのですが、

「きゃらコン」 マクロスF ランカ・リー「きゃらコン」 マクロスF シェリル・ノーム
GDBインプレッサ(涙目)がランカ・リーで、CT9AランエボVIIIがシェリル・ノームですか。
おそらくベースとなっているのは1/28ラジコンの「REALDRIVE MiNi」でしょうね。REALDRIVE MiNiの標準小売価格が2,604円に対して、きゃらコンの方は4,500円。その差額が版権込みのデカール代ということですな。

ところでAmazonを見てみたのですが、2009年1月25日発売予定で「「きゃらコン」 マクロスF クラン・クラン」が、2009年2月25日発売予定で「「きゃらコン」 マクロスF ランカ・リー Part2」と「「きゃらコン」 マクロスF シェリル・ノーム Part2」が掲載されています。
REALDRIVE MiNiで残っているのは、日産スカイライン GT-R(R34)とトヨタ スープラ、既に販売終了となっている日産スカイライン(V36)の3車種。この3車種を再利用の中からどう選ばれるのでしょうかね?

車種もそうですが、クラン・クラン大尉は大きい方なのか小さい方なのかが問だ(ry

|

« 第14回日本EVフェスティバルに行ってきたよ | トップページ | 保険更新しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/43014467

この記事へのトラックバック一覧です: ラジコンも痛車で商品化:

« 第14回日本EVフェスティバルに行ってきたよ | トップページ | 保険更新しました »