« 仲良く沈没する気? | トップページ | 2010年からのWRカー »

電池モジュールの共通化って出来ないかな?

日本は電気自動車大国になるか:電池交換ステーション+スバルと三菱等の新計画WIRED VISION

電池に電気を充電するのには、それなりに時間がかかることが知られています。また、電気自動車を普及させるためには、街のあちらコチラに充電ステーションを設置するなどのインフラ整備が必要となります。


Project Better Place VideoYouTube

充電する時間が無い人のために車載している電池を充電済みの物と交換する「自動電池交換ステーション」というアイデアは非常に面白い物だと思います。この場合、電池はレンタルという形になると思いますが、この方式だと中継地に「自動電池交換ステーション」があれば、電気自動車の短い航続距離を気にする必要が無くなり、長距離ドライブも可能になると思います。

でもこれを実現するためには、電池モジュールの共通化が必要で、車載方法も共通化しないとダメなんじゃないかと。そうすると車種の多様化とかも制限が出る様な気がしますが、その辺は何かうまい手でもあるのでしょうか?

|

« 仲良く沈没する気? | トップページ | 2010年からのWRカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/43401936

この記事へのトラックバック一覧です: 電池モジュールの共通化って出来ないかな?:

« 仲良く沈没する気? | トップページ | 2010年からのWRカー »