« まだ決まっていない(汗 | トップページ | 2009筑ビ第2戦(その2) »

「クルマはかくして作られる」届いた

左:いままでのあらすじ 中:まんがタイムきららCarat2009年6月号 右:クルマはかくして作られる今日のお買い物である。
左と真ん中は置いといて、写真の右に写っている別冊CG「クルマはかくして作られる」[Amazon]が届いたのである。


この本を読むと、自動車産業が総合産業であることが良く分かる。何しろこの本に取り上げられているのは素材や部品の会社が多いのだが、それらの会社が一定以上の品質の物を受注した数をキチンと納品できるからこそ、自動車メーカーは製品としての自動車を製造・販売することが出来るのだ。
この本に掲載されている企業は日本の自動車産業に関わる企業の極一部である。これらの企業の多くは表には余り出てこない。しかし無くなっては車を作ることは出来ないのだ。

この先、自動車産業がどうなるかは分からない。
この本に掲載された企業の将来はどうなるのだろうかと、ふと思った。

|

« まだ決まっていない(汗 | トップページ | 2009筑ビ第2戦(その2) »

コメント

様々な規格を統一し、全国どこでも均一な高品質な商品を作り出す。
かつてはアメリカでしか出来ない事だった。
大したものだよ、先人達は。
まあ、代償に環境破壊や公害病があったけど。

大量生産大量消費は、地球を食いつぶしてしまうのかも知れない。
果たして、それで良いのかって話なんだよな、結局。

その内、スペースコロニーに一般人は強制移住かな、こりゃ。

投稿: G | 2009/04/30 09:56

>>Gさん
その前に某共産国家がなぁ~(苦笑
何でもかんでもソースコード寄越せって何様だよ!w

投稿: 奇妙な青 | 2009/04/30 21:18

 「クルマを知れば世界が見えてくる」…というのはワタシの持論ですが(爆)視点を広げると、本当にクルマに関連付けて経済だろうが環境だろうが…ついでに人間の心理までも(更爆)語れちゃうなぁ…と改めて思った次第。

>何でもかんでもソースコード寄越せ
 若干縮小して、政府調達に限る…との妥協案?を提示したようですが…外観のコピーでなく、中身をコピーしたいから見せんかい!ってコトですよねぇ、「巨大市場カード」をちらつかせ…(苦笑)

 無理やりにでも「成長」しないと、内なるマグマというか火種を抱え込みまくってる国でしょうから色々な意味で必死なのかもしれませんね↓
http://ameblo.jp/disclo/entry-10243290133.html

投稿: ながみ@GF8C | 2009/05/01 21:28

>>ながみ@GF8Cさん
とは言っても今時「大躍進政策」とか「文化大革命」とかは無理だと思うけどねw

投稿: 奇妙な青 | 2009/05/02 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/44838061

この記事へのトラックバック一覧です: 「クルマはかくして作られる」届いた:

« まだ決まっていない(汗 | トップページ | 2009筑ビ第2戦(その2) »