« …疲れた~ | トップページ | 2009ルマン24時間耐久レース結果 »

2009WRC第7戦アクロポリス・ラリー

今更なアクロポリス・ラリーの話題。
…いや、書いておかないと後で分からなくなるのでね!?

End day one: Hirvonen handed Acropolis lead after Latvala mistake
End day two: Hirvonen leads after a perfect Saturday
Mikko Hirvonen wins the Acropolis Rally!wrc.com
2009年ギリシャ:デイ1の結果
2009年ギリシャ:デイ2の結果
2009年ギリシャ:ミッコ・ヒルボネンが優勝WRC JAPAN
WRC:Rd.7 アクロポリスラリー1Leg結果(6/12)
WRC:Rd.7 アクロポリスラリー2Leg結果(6/13)
WRC:Rd.7 アクロポリスラリー3Leg結果(6/14)FMotorsports WRC
<DAY1>WRC第7戦 アクロポリス・ラリー
<DAY2>WRC第7戦 アクロポリス・ラリー
<DAY3>WRC第7戦 アクロポリス・ラリーCar@nifty
WRCアクロポリス・デイ1:ラトバラのコースアウトでヒルボネンが首位に
WRC第7戦アクロポリス:デイ2もヒルボネンがリード、ローブはぐっしゃり転倒リタイア
WRCアクロポリス:波乱のラウンドを制し、ヒルボンネンが今季初優勝AUTOSPORT WEB

○1日目
やっぱりラトバラはラトバラだった!?
SS5まで首位を走っていたヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)。しかしこの日の最後のステージとなるSS6でコースオフし3分半もタイムロスし優勝戦線から脱落。
これにより首位に立ったのはミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)だが、2日目を先頭スタートで路面の掃除役となる上に、僅か3秒差の2位がダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)で3位にセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)が付けるという、マルコム・ウイルソンからしてみれば頭を抱えたくなる事態に。シトロエンからしてみれば「計画通り(AA略)」、いや、それ以上の歓迎すべき事態に。

○2日目
ところが世の中は思い通りには行かないわけで。
SS7でローブが岩にヒットし転倒リタイアに。

SS9ではソルドがサスペンションを破損してリタイアで、シトロエン-トタル勢は全滅。
これで2位に浮上したのがペター・ソルベルグ(シトロエン-PSWRT)。アップデートのおかげで旧式クサラの熱対策は出来たもののサスへの負担は相当あった様で、SS11において左フロントサスのアッパーマウントが破損するトラブルが発生し、SS12まで走行したもののリタイアに。
これにより1位ミッコ、2位セバスチャン・オジェ(シトロエン-ジュニア)、3位ラトバラという順位で2日目を終えることに。

○3日目
上位3台の順位に変動無くアクロポリス・ラリーは終了。
オジェは自身初となるWRCポディウムフィニッシュです。

というわけで以下の結果に。
1位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
2位 セバスチャン・オジェ(シトロエン-ジュニア)※
3位 ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)
4位 フェデリコ・ヴィラグラ(ミュンヒス-フォード)
5位 コンラッド・ローテンバッハ(シトロエン-ジュニア)
6位 カリッド・アルカシミ(BP-フォード)※
7位 マッズ・オストベルグ(アダプタ-スバル)※
8位 ランブロス・アサナスロス(チームグリース-シュコダ)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)


P-WRC: Emotional win for Athanassoulaswrc.com
DAY1 Report
DAY2 Report
DAY3 Report新井敏弘オフィシャルサイト

PWRCの方は地元推薦枠で出場したシュコダ・ファビアS2000を駆るランブロス・アサナスロスが優勝。
SS13まで首位だったGRBインプレッサを駆るナッサー・サレ・アルアティヤーは2位でランキングトップをキープ。
新井敏弘は4位。

|

« …疲れた~ | トップページ | 2009ルマン24時間耐久レース結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/45380211

この記事へのトラックバック一覧です: 2009WRC第7戦アクロポリス・ラリー:

« …疲れた~ | トップページ | 2009ルマン24時間耐久レース結果 »