« ジムカーナ2.1 | トップページ | 2009WRC第10戦ラリー・オーストラリアDAY3 »

2009WRC第10戦ラリー・オーストラリアDAY2

WRC: It’s tight at the top but Citroen pair holds the advantage wrc.com
WRC:Rd.10 オーストラリアラリー2Leg結果(9/05)FMotorsports WRC
<DAY2>WRC第10戦 ラリー・オーストラリアCar@nifty
WRC第10戦オーストラリア デイ2:ソルドが首位浮上も上位は緊迫戦AUTOSPORT WEB

1日目首位だったヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)、2日目は当然先頭ランナーと言うことでルーズグラベルな路面の掃除役となりペースが上がらず、そのうえSS23でパンクを喫し4位へ後退。
首位争いは追い上げてきたセバスチャン・ローブとダニエル・ソルドのシトロエン-トタル勢にミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)の3台。SS23終了時、首位がミッコ2位ソルド3位ローブとなるが、これがシトロエンの戦略で順位調整した結果。この後のスーパーSSを2本走行して2日目が終了なのですが、そのスーパーSS走行前の順位で3日目の走行順が決まる事になっていたそうで(初めて知った)。2日目終了時の首位はソルドで、0.1秒差の2位がローブとミッコという事に。
アドバンテージが全くないのに3日目先頭スタートのミッコは不利な状況に。

2日目終了時の上位陣の順位は
1位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
2位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
3位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
4位 ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)
5位 セバスチャン・オジェ(シトロエン-ジュニア)
6位 ヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)
7位 マシュー・ウイルソン(ストバード-フォード)
8位 フェデリコ・ヴィラグラ(ミュンヒス-フォード)


P-WRC: Martin Prokop leads into last day Down Underwrc.com
DAY2 Report新井敏弘オフィシャルサイト

PWRCの方は、ランエボIXを駆るランキング5位でラリー・フィンランドで今季のJWRC王者になったばかりのマーティン・プロコップが首位に。
リチャード・メイソンは16秒3差の2位に後退。
APRC王者のコディ・クロッカーは3位、新井敏弘は4位に浮上。

|

« ジムカーナ2.1 | トップページ | 2009WRC第10戦ラリー・オーストラリアDAY3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/46131350

この記事へのトラックバック一覧です: 2009WRC第10戦ラリー・オーストラリアDAY2:

« ジムカーナ2.1 | トップページ | 2009WRC第10戦ラリー・オーストラリアDAY3 »