« 2009WRC第10戦ラリー・オーストラリアDAY2 | トップページ | 懐かすい »

2009WRC第10戦ラリー・オーストラリアDAY3

WRC: Loeb wins Repco Rally Australia!
Hirvonen named Rally Australia winner after Citroen penaltieswrc.com
<DAY3>WRC第10戦 ラリー・オーストラリアCar@nifty
WRC第10戦オーストラリア デイ3:シトロエン勢が規則違反でペナルティー、ヒルボネンが繰り上がり優勝AUTOSPORT WEB

3番手スタートと有利な走行順を生かしたセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)が、2位のミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)に12秒5の差を付けて優勝!…と思いきや、ラリー終了後の車検でローブ、ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)、セバスチャン・オジェ(シトロエン-ジュニア)の3台のC4WRCに装着されている、フロント側アンチロールバーのリンクがホモロゲーション申請された部品と合致しないことが判明。それぞれ1分間のペナルティが加算され、繰り上げでミッコが優勝する結末となりました。

というわけで以下の結果に。
1位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
2位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
3位 ダニエル・ソルド(シトロエン-トタル)
4位 ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)
5位 セバスチャン・オジェ(シトロエン-ジュニア)
6位 マシュー・ウイルソン(ストバード-フォード)
7位 ヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)
8位 フェデリコ・ヴィラグラ(ミュンヒス-フォード)

この結果により、ランキング1位のミッコと2位ローブのポイント差が5に開いてしまいました。


Prokop the P-WRC winner in Australia but Araujo is provisional championwrc.com
SS35 リザルト情報新井敏弘オフィシャルサイト

PWRCの方は、ランエボIXを駆るマーティン・プロコップが優勝。
リチャード・メイソンは2位。APRC王者のコディ・クロッカーは3位。
新井敏弘は最終SSで駆動系のトラブルが発生しリタイア。

ランエボIXを駆るアルミンド・アラウージョが4位入賞し、5ポイントを獲得。合計42ポイントとなり、ランキング2位のナッサー・サレ・アルアティヤーに11ポイントの差を付けたことから、PWRC最終戦GBを待たずに今季のPWRC王者に決まりました。おめでとうございます!

|

« 2009WRC第10戦ラリー・オーストラリアDAY2 | トップページ | 懐かすい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/46141465

この記事へのトラックバック一覧です: 2009WRC第10戦ラリー・オーストラリアDAY3:

« 2009WRC第10戦ラリー・オーストラリアDAY2 | トップページ | 懐かすい »