« 100km/Lカーのプロトタイプ | トップページ | 日本でもイベントやらねーべか? »

50年の差

自動車のクラッシュテストで知られるアメリカのIIHS(交通安全保険協会)が50周年という事で、1959年モデルのシボレー・ベルエアと2009年モデルのシボレー・マリブを、オフセットで衝突させるテストを行いました。


VIDEO: IIHS celebrates 50th anniversary by crashing modern Malibu into '59 Bel AirAutoblog

動画を見てもらうと一目瞭然ですが、50年という歳月の間にこれだけ自動車の安全性は向上してるわけで。もちろんボディ剛性だけではなく、シートベルトやエアバッグなどの安全装備も増えているので、見た目以上に安全性は向上していると思います。

Chevrolet MalibuIIHS

ちなみに今回使われたシボレー・マリブは第7世代にあたる現行モデルで、IIHSでのクラッシュテストでは正面衝突側面衝突共に「Good」の評価を受けています。

|

« 100km/Lカーのプロトタイプ | トップページ | 日本でもイベントやらねーべか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/46246677

この記事へのトラックバック一覧です: 50年の差:

« 100km/Lカーのプロトタイプ | トップページ | 日本でもイベントやらねーべか? »