« 予想された結末 | トップページ | 2009JMRC関東ジムカーナフェスティバル(その5) »

2009JMRC関東ジムカーナフェスティバル(その4)

20091121_0120091121_0220091121_03
『"痛車"と書いて"イタシャ"と読む』と実況されていた、NTBRクラスにエントリーの「Fing☆あいしあ☆MR2」。

20091121_0420091121_0520091121_06
1本目は1分15秒389、2本目は1分13秒009のタイムで22位。

しかしエントリーしていた痛車は1台だけでは無かった!

20091121_0720091121_0820091121_09
筑ビにも参戦している「須佐商会とカツオの和光スイフト」。クラスはNTB1500なので、MR2とは別クラス。

20091121_1020091121_1120091121_12
1本目は1分19秒189、2本目は1分16秒916のタイムで6位。

以下は上記とは関係ない余談。

今回撮影に使用したのはペンタックスのK-7と、DA18-250mmF3.5-6.3ED AL[IF]の組み合わせ。
超高倍率ズームレンズは便利ですわ~。車が手前に来ても広角側の画角が足りない!って事もありませんし。ズームリングを手でちゃんとホールドしていないと、下向いたときに勝手にズームするのがアレだけど(笑
カメラの方はさすがに中級機と言うことでエントリー機より性能はハッキリ上だと分かりますね~。金属ボディなので重量は少し重めですが。バッファはJPEG撮影時で約40コマ分を確保していると言うことですが、ジムカーナで次から次へと撮影しているとやっぱり途中でシャッターが降りなくなりますね。Class6のSDカードでは遅いと云うことなのか、全部を撮影しようとするからいけないのか?
使ってみると、このクラスのカメラ欲しいな~と思いますけど、予算的には無理(´;ω;`) 始めはK-mK-xを借りようと思っていたんですけどね。貸し出し中だったのでK-7借りてみたんですけどね。
ところでDSLRのエントリー機と上位機で、合焦速度が違うのは何ででしょうか?

|

« 予想された結末 | トップページ | 2009JMRC関東ジムカーナフェスティバル(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/46818285

この記事へのトラックバック一覧です: 2009JMRC関東ジムカーナフェスティバル(その4):

« 予想された結末 | トップページ | 2009JMRC関東ジムカーナフェスティバル(その5) »