« さて、どうしたものか? | トップページ | 何かの間違いであることを祈る »

2010WRC 第2戦ラリー・メキシコDAY3

Sebastien Loeb wins Rally Mexico!wrc.com
2010年メキシコ:優勝はセバスチャン・ローブ WRC JAPAN
WRC:Rd.2 メキシコラリーLeg3結果(3/7)FMotorsports WRC
<DAY3>WRC第2戦 メキシコCar@nifty
WRC第2戦ラリーメキシコ デイ3:危なげなくローブが勝利。ペター・ソルベルグは2位RALLY PLUS.NET

2日目の大量リードを守ってセバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)が優勝。
2位争いの方はセバスチャン・オジェ(シトロエン-ジュニア)がSS19でトップタイムを獲り2位に浮上するものの、SS21でペター・ソルベルグ(シトロエン-PSWRT)がトップタイムを獲り0秒6差に詰め寄る。

そしてSS21でもペターがトップタイムを獲り、僅か1秒1差で逆転の2位フィニッシュしました。

というわけで以下の結果に。
1位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
2位 ペター・ソルベルグ(シトロエン-PSWRT)※
3位 セバスチャン・オジェ(シトロエン-ジュニア)
4位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
5位 ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)
6位 ヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)
7位 フェデリコ・ヴィラグラ(ミュンヒス-フォード)
8位 チェビー・ポンス(フォード)※
9位 マーティン・クロコップ(フォード)※
10位 アルミンド・アラウージョ(三菱)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)

BP-フォード勢は「どうしてこうなった」んでしょうね?高地セッティングにミスがあったのでしょうか?
シトロエンの方もこの成績だと、オジェとダニエル・ソルドのシートを入れ替える!とかケネルが言い出さないかと。


P-WRC: Araujo cruises to Production win in Mexicowrc.com
Report新井敏弘オフィシャルサイト

PWRCの方はランエボIXを駆る2009年PWRCチャンプのアルミンド・アラウージョが優勝。
インプレッサを駆る新井敏弘は3分16秒7差の2位。


S-WRC: Pons steals class win on his Fiesta S2000 debutwrc.com

SWRCの方はフォード・フィエスタS2000を駆るチェビー・ポンスが優勝。総合でも8位。
2位はフォード・フィエスタS2000を駆るマーティン・クロコップで17秒6差。

|

« さて、どうしたものか? | トップページ | 何かの間違いであることを祈る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/47761181

この記事へのトラックバック一覧です: 2010WRC 第2戦ラリー・メキシコDAY3:

« さて、どうしたものか? | トップページ | 何かの間違いであることを祈る »