« フィル・ミルズ引退! | トップページ | 次世代は両方ともディーゼル!? »

サウンドチューニングとは違う

ディーゼルのエンジン音・排気音があんまり好きではないという人は多いと思います。
そうした声を受けてか、BMWが搭載しているのと違うエンジン音が聞こえる技術を開発しました。

Mini's 'V8 muscle car'AUTOCAR.co.uk

搭載しているエンジンからの騒音がキャビンに入らないようにかなり遮音した上で、オーディオシステムから人工的に作られたエンジン音(セレクト可能)が流れるという仕組み。
プロトタイプとして635dとミニ・クラブマンの2台が製作されたそうですが、YouTubeにミニでV8風のものがUPされています。

V8っぽいと言われればV8っぽい音ですね。
この技術(人工エンジン音の方)って、ハイブリッドカーや電気自動車にも応用するのかしら?

|

« フィル・ミルズ引退! | トップページ | 次世代は両方ともディーゼル!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/48609461

この記事へのトラックバック一覧です: サウンドチューニングとは違う:

« フィル・ミルズ引退! | トップページ | 次世代は両方ともディーゼル!? »