« 誰が買ったんだろう? | トップページ | 第16回日本EVフェスティバル(コンバートEV初参加編) »

第16回日本EVフェスティバル(EC-03試乗編)

YAMAHA EC-03
ヤマハ発動機が4台の電動バイク「EC-03」を試乗用に用意していたので乗ってきました。

YAMAHA EC-03「EC-03」は今年9月に発売されたばかりの電動バイク(原付一種)。
全長は1,565mm、車両重量はバッテリー装着時でも56kgとコンパクトかつ軽量。
搭載するモーターの最高出力は1.4kW(1.9PS)最大トルクは9.6N・mで、スズキ・チョイノリよりローパワーですがトルクは昔の2ストスポーツ以上!というかアプリリアRS50に近い(汗
三洋製のリチウムイオンバッテリーを搭載して、定地30km/h走行時の一充電走行距離は43km。

YAMAHA EC-03申し込み時に書類にアンケートなどに記入した後、ヘルメットとグローブを借りて試乗です。
キーを捻ってONにすれば即走り出せる状態に。内燃機関じゃないから、キックもスターターも要らないからね。
あとは「メーター左下のスイッチがPOWERスイッチで、標準モードとPOWERモードを切り替えることが出来るので、1周目は標準で2周目はPOWERモードで走ってみてください」と言われたぐらい。


※ニコニコ動画にも同じものをUPしました。

標準モードのままでも30km/hまではスムーズに加速します。しかも静かだし。新聞配達がこれを使用してくれると静かで良いと思うんだけど。
POWERモードにするとより力強くなるんだけど、それほど凄い差は感じられない。また平地での試乗なので、上り坂だとどうなるのかは分からない。どこかの教習所とかで試乗できると良いのだが。
あと回生ブレーキを搭載していないせいか、スロットルを戻してもあんまり減速しない点が気になった。

個人的には欲しいかどうかと聞かれたら、制限速度30km/hの原付一種ということもあって、「要らない」という返答になってしまう。が、今50ccのスクーターで市街地を一日数kmしか走らないという人にはおすすめできる。価格は252,000円(税込)だが今なら補助金の給付を受けられるので、ガソリン原付スクーターとの価格差は数万円ほどしかないのだから(ジョグの価格が約15万円・ビーノが約19万円)。

|

« 誰が買ったんだろう? | トップページ | 第16回日本EVフェスティバル(コンバートEV初参加編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/49961090

この記事へのトラックバック一覧です: 第16回日本EVフェスティバル(EC-03試乗編):

« 誰が買ったんだろう? | トップページ | 第16回日本EVフェスティバル(コンバートEV初参加編) »