« どれのことだろう? | トップページ | どこにある動画だろう? »

2011WRC第2戦ラリー・メキシコDAY2


Saturday wrap: Ogier heads close battle in Mexicowrc.com
WRC:Rd.2 メキシコラリーLeg2結果(3/05)FMotorsports WRC
<DAY2>WRC 第2戦 ラリー・メキシコCar@nifty
WRC第2戦メキシコ/デイ2:オジエとローブの接戦続RALLY PLUS.NET

セバスチャン・オジェはエンジンに不安を抱え、セバスチャン・ローブはサイドブレーキにトラブルとシトロエン-トタルの2台は問題を抱えつつも1-2態勢。首位のオジェと2位のローブの差は僅かに10秒5。
3位のミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)はローブと前日と同じ1分19秒9差。
順位を大きく落としたペター・ソルベルグ(シトロエン-PSWRT)はSS12・13・15・16でトップタイムを獲ったことと、エフゲニー・ノビコフ(ストバード-フォード)やデニス・カイパース(FERM Power Tools-フォード)のリタイアもあって5位に浮上。
この2日間でフォード勢がトップタイムを獲ったのはSS17のヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)のみ。どんだけメキシコが苦手なんだか>フォード。

2日目終了時の上位陣の順位は
1位 セバスチャン・オジェ(シトロエン-トタル)
2位 セバスチャン・ローブ(シトロエン-トタル)
3位 ミッコ・ヒルボネン(BP-フォード)
4位 ヤリ-マティ・ラトバラ(BP-フォード)
5位 ペター・ソルベルグ(シトロエン-PSWRT)※
6位 マッズ・オストベルグ(ストバード-フォード)
7位 ヘニング・ソルベルグ(ストバード-フォード)
8位 ナッサー・サレ・アルアティヤー(フォード)※
(※が付いているのは非マニュファクチャラーエントリー)


Al-Attiyah maintains SWRC advantage on day twowrc.com

SWRCの方はフィエスタS2000を駆るナッサー・サレ・アルアティヤーが首位をキープ。2位のフィエスタS2000を駆るマーティン・クロコップとの差は38秒6。

|

« どれのことだろう? | トップページ | どこにある動画だろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/94769/51052529

この記事へのトラックバック一覧です: 2011WRC第2戦ラリー・メキシコDAY2 :

« どれのことだろう? | トップページ | どこにある動画だろう? »